目次へ  縦書き

[341] 1931年5月11日 鈴木東藏あて 葉書

(表)岩手県東磐井郡 陸中松川駅前 鈴木藤三様
   五月十一日午后 岩沼駅ニテ 宮沢賢治

今朝関口氏及長谷川氏に会見仙南一処仙北三処の肥料店に売込方承認を得候次に微粒価格の点も略々承諾を得たるも尚明日確定的にお答へ致す由に有之多分大丈夫と存候 後斉藤報恩会及宮城郡農会に廻り候 宮城郡農会よりは大に今回の日限に間に合はせたる労を工場に対して謝され候 新叺四銭にて引取らずやとのこと帰場后返事致すべく申し参り候 次に先刻電報にて申上候長町宛十屯は若し御発送后ならば至急岩沼へ廻送候様御電報願上候 当地鈴文商店は県にて仙南取扱を指定され只今交渉致し候処六月末の十屯を皮切りとして充分引取るべしとの事故○通に保管を頼み置くべく候。