目次へ  縦書き

[340] 1931年5月10日 鈴木東蔵あて 封緘葉書

(表)岩手県東磐井郡 陸中松川駅前 鈴木藤三様
(裏)十日夕 コゴタ 宮沢(封印)〆

 今朝宮城県下肥料店巡りに出発せんとする間際御回送の小午田 工藤技師よりの書簡を接手被見候処斎藤報恩会の方にて石灰引取見込ありとのことに就き取るものも取りあえず正午当地着三度農業館を訪ひ約三時間に亘りて館長と懇談を遂げ候処先づ今月十八日栗原郡に知事及び斎藤氏等出向紫雲英開花状況視察あるべきを以てその際大講演会を開き席上極力その使用を勧むべしとのことにて小生には明日及び明后日中歴訪の段取を与へられ候間明後日迄には可否大体御報致すべく大抵は約二十車は得らるべくと存居候間製品御充分ストック置願上候 取急ぎ先は