目次へ  縦書き

[252](1929年12月)あて先不明 下書

鉛筆でまことに恐れ入りますが虔んで申しあげます。

昨日は美しい絵葉書並に厚いお言葉をいたゞきまして辱けなく存じます。私ことお蔭さまでまづは全快の形でございますがどうもまだ寒さに弱く室外へは出兼ねるやうの次第でございます。但し夏以来床中ながらかれこれ仕事はできまして憂