目次へ  縦書き

[233](1928年春頃)高橋慶吾あて 封書

 花巻町桜 高橋慶吾様

お手紙拝見いたしました。

お仕事の方はまたわたくしなぞで手に負へるかどうかはわかりませんが、できるだけさがします。いろいろお気に障った点はあなたにだけ限ったことではありません。もうわたくしもすっかり世間を狭くしてしまひました。弱いこと不具なことはお互ひです。

けれどもわたくしはどこまでも一人です。またお目にかかって心にもないことをくどくど申しあげるやうなことは絶対いたしたくありません。高喜が蓄音器をよこすと言ってゐますがどうかお取次ぎくださらぬやうねがひます。島さんからレコードのお礼と弟を教へて貰ひたいとかで油粕をよこしました。

野菜でまた返しますから御安心ください。まづは。