目次へ  縦書き

[224] 1926年12月23日 宮澤政次郎あて 封緘葉書

(表)岩手県花巻川口町 宮沢政次郎様
(裏)十二月廿三日 東京市神田区錦町三丁目十九番地 上州屋内宮沢賢治(封印)〆

皆様お変りもなく大慶に存じます

わたくしもお蔭で無事勉強を続けて居ります

調べもだんだん片附いてやうやう重荷も下りたやう手足も自由になったやうな気がいたします。

小林様から一昨日内二十円だけいたゞきました。

次一年の仕度をすっかりして二十九日の晩にこちらを発って帰って参ります。

そちらは今年は大へんな雪とのことですがどうか皆様お大切にねがひあげます。