目次へ  縦書き

[220](1926年12月4日)宮澤政次郎あて 封緘葉書

(表)岩手県花巻川口町 宮沢政次郎様
(裏)神田錦町三丁目十九番地 上州屋内 宮沢賢治

お蔭で出京もいたし覚えたいものの手筈も整へました。表記二階の六畳に間借りして当分はまづ図書館と講習へ通ひます。小林様へも夕刻参り香水のこと粉石鹸のこといろいろ伺ひました。夕食をご馳走になり明日布団も届けて貸して下さるとのことまことにいろいろお世話になりました。

じつにお蔭で生き生きと語から風物から往来や新らしい本を読むやうに吸収いたして居ります。