目次へ  縦書き

[204] 1925年4月12日 森佐一あて 封書

(表)盛岡市新穀町十四 森佐一様
(裏)四月十二日 花巻農学校 宮沢賢治(封印)〆

暗くおそろしい春の虚像がぼくをとり、あらゆる企画はみんな無効を示します。

そしてまたそのことが何といふしづかな慰めでせう。

雲が風よりも濃く水は雲よりも稠密なつめたい四月のひるまです。

準平原の雪が消えたら外山へ行きませう。