目次へ  縦書き

[20](1916年8月28日)高橋秀松あて 葉書

  (表)宮城県名取郡増田町 高橋秀松様
     東京 K

御葉書拝見致しました。

こちらに御出の間は色々御迷惑を掛けまして御申し訳なく存じます。殊に御帰りの時は非常に急がせ申して済みませんでした。一般に見送りして行く者の方が見送られる人よりもつらい様でございます。あれから私は銀座を晩くまで歩きました。もう前の様に灯も私を動かしません。即ち東京に飽きたのでございます。