目次へ  縦書き

[18](1916年8月5日)高橋秀松あて 葉書

岩手県盛岡市 盛岡高等農林学校寄宿舎内 高橋秀松様
五日。 東京市麹町区麹町三丁目北辰館内 宮澤賢治

只今御葉書が廻って参りました。私は三十日の夜に出郷致しまして 表記の所に居ります。今まで黙って居りましたて何とも済みません でした。一日から神田の小さな二階でつまらない事をはじめて居り ます。今までさっぱり御便りをせんで失礼いたしました。後で少し 八月の半にでもなつて涼しくなつたら可成長い手紙を書く事に致し ませう。御待ち下さい。

前ニ書イタノト一諸ニ送リマス。
私ハ(不思議な文字?がこの後に書かれている)