目次へ  縦書き

[167](1920年7月末〜8月初め)保阪嘉内あて 封書(封筒ナシ)

オ手紙トオ写真トヲアリガタウ存ジマス 殊二後者ハアナタノ面目ガ躍如トシテ何遍私ヲ引キ入レテ笑ハセタカ知レマセン 私モ差シ上ゲタイノデガ盛岡以来一枚モ撮ッタノガアリマセンシ又アノ時ト変リモアリマセンカラ暫ラクオ許シ下サイ

ケレドモ来春ハ久々デオ目ニカカッテ大二悦ビノ声ヲアゲマセウ。ソレマデハ私ハヤッパリ陰気ナ古着店二布団綿ヤ質物ノ間二埋モレテ私ノ祖父ノ業、父ノ業ヲ続ケマス。

色々書キタイノデスガ今日ハ変二気ガ急イテイケマセン。ヤメマス。オ大切二。