目次へ  縦書き

[141](1919年2月6日)宮澤政次郎あて 葉書

(表)巌手県花巻川口町 宮澤政次郎様
   六日 東京市小石川区雑司ヶ谷町一三〇 雲台館 宮澤賢治

拝啓 とし子は昨夜は安眠仕り侯 同室の患者へも附添の看護婦参り侯間最早一昨夜の様に喧しき事も無かるべく侯。但し今度はこちらの方の附添急にその宅より呼び返され侯間代りの参る造は又私が病院に居り申すべく侯。病院にては多分今夜迄には都合し呉るゝかと存じ侯。私は変りなく御安心被成下度侯、

敬具