目次へ  縦書き

[120](1919年1月20日)宮澤政次郎あて 葉書

(表)巌手県花巻川口町豊沢町 宮澤政次郎様
   二十日朝東京市小石川区雑司ヶ谷町一三〇 雲台館内 宮沢賢治

昨夜は体温少しく上りて三十七度七分余之は多分灌腸の為に暫らく床の上に起き上り居たる為かと存ぜられ候。

本日は勘定日に御座候。

昨日はカステラ、少量(2箇)の飴菓子、及午食に奈良漬の皮を去りたるもの二切等を食し申し候。 私は変り無之図書館にては希望の事項、予期よりも多く備はり居り誠に面白く御座候。