目次へ  縦書き

[12](1915年12月27日)高橋秀松あて 葉書

宮城県名取郡増田町 高橋秀松様
頓首再拝

「これは又愕いた牧師の命令で。」

如何にも君の云ふ通り私の霊はたしかに遥々宮城県の小さな教会ま でも旅行して行ける位この暗い店さきにふらふらとして居りまする。 忘れて居りましたが先日は停車場迄何ともありがたう。「優しき兄 弟に幸あらことを アーメン」