目次へ  縦書き

[119] 1919年1月19日 宮澤政次郎あて 葉書

(表)巌手県花巻川口町 宮澤政次郎様
   一月十九日 東京市小石川区雑司ヶ谷町一三〇 雲台館 宮沢賢治

昨夜は体温三十七度八分今朝は三十七度〇分にて夜は少し上り候様に見え候へども之は大体として下りつゝある平均附近の葛籐に過ぎずと存じ候間御安心奉願候。今朝は飴菓子及未だ二三日、間は有之べく候へども奈良漬(皮を去りて、病院より来る大根漬の代りに食する積りにて)を持参致し候。気分は昨日より遙に宜しき由に御座候。