目次へ  縦書き

[118] 1919年1月18日 宮澤政次郎あて 葉書

(表)巌手県花巻川口町豊沢町 宮澤政次郎様
   一月十八日 東京雑司ケ谷町一三〇 宮沢賢治

本日午後は熱三十七度七分にて便通乏しき為に多少昇り候様に御座候。

水飴を食したき由に候間明日は差し入れ申すべく候。粥菜となりてより牛乳は入らず相成り候間これは別にとりて用ふる様致すべく候。

何も御心配の事は無くなり候間何卒充分御安心奉願候。この上は只日数さへ経てば全快仕るべく候。 先は

盛岡よりの御葉書正に拝見難有了承仕り候。