目次へ  縦書き

[115] 1919年1月17日 宮澤政次郎および家族あて 葉書

(表)巌手県花巻川口町 宮澤政次郎様 皆々様
   八年一月十七日朝 東京市小石川区雑司ヶ谷町一三○ 雲台館内 宮沢賢治拝

昨夜は体温三十七度四分今朝は三十七度食慾も有之明日は粥を食するに至るべく候。今度の病室は伝染室の如く出入にも不便なく、且つ他の軽症の患者三名と共に御座候へども室も決して噪がしき事もなく、余り考へ込む様の事なくて却て結構の様子に御座候。当人も又左様申し居り候。さしみは矢張尚両三日は許されざるべく、食し候時は充分注意して無菌の様に致すべく候。

先は右申し上げ候。