目次へ  縦書き

[110] 1919年1月11日 宮澤政次郎あて 葉書

(表)岩手県花巻川口町豊沢町 宮澤政次郎様
   一月十一日 東京市小石川区雑司ケ谷町一三〇 雲台館内 宮澤賢治

昨夜九日発御葉書拝見仕り候 当地よりは毎日必ず御便り差上げ置候へども郵便局の都合にて二便同日に到着様の事と相成るかと存じ候。御心配に御座候間今後は可成一日二便と致すべく候。

扨て昨日は始めて粥の薄きものを食し候にも係らず気分に変りなく体温も低下して
  昨夜三十八度四分 今朝三十七度四分と相成り
又 呼吸は十八 脉膊九〇−一〇〇に御座候。

当地は本日も雨天に御座候へども暖くて却って結構に有之但し道路は花巻より遙に悪く相成り候。

敬具