目次へ  縦書き

[11](1915年10月21日)宮澤トシあて 封書

御手紙ヲ見マシタ。変リ無クテ何ヨリト思ヒマス

扨御話シノ事ハ大体賛成ニ思ヒマス 今ノ所デハ未ダドウシテモ今度ノヤウナ希望ハ修養ノ場所ノ向上ヲ求メルモノト看做サナケレバナリマセンカラ決シテ悪イ事トハ思ヒマセン

又仝ジ事ナラソノ方ガ得デハアリマセウ タゞヨク後々ヲ考ヘテ無徒ニ努力ヲセヌヤウニ

勿論競争等ニ就テハ大丈夫ト思ヒマスガ何分アンナ事ハ全クノ運ナモノダカラドウナラヌモノデモ無イ ソンナ時ニ落胆シタリ為ヌヤウニヨク気ヲ落チツケテ居ル様望ミマス

但シ又周囲ノ事情ガアマリツマラナ過ギル事ハドコニ行ツテモ仝ジデ高等学校等デモ全ク自習等ハ出来ナイサウダシ又私等ニシテモ色々ノツマラヌ用事ヲ大仰ニ騒イデ実際ガツカリスル事モアル 又教授トカ事務官ト云フヤウナ比較的重サウニ見エル人達デモソノ職業ノ半分ガ交際デ費サレル様ナモノデ例ヘバ茅山ニ登ツテソノ余リ剛イ草ノ多イ事ニガツカリシタ時四辺ノ丘ノ非常ニ好マシク明ルク柔カサウニ見エルヤウナモノデハ無イデセウカ、

ケレドヨク考ヘタ事ナラバソレモ好イデセウ

是カラモ決シテドンナ事デモ私ハ強ヘル様ナ事ハシナイシ又家デ若シアツテモ出来ルダケ反対スルカラ就レ自分デ一番好イト思フ方向ニ向ツテ行ツテ大低大丈夫ダラウト考ヘマス

ソレデ今度ノ事モスグ私カラモ宅へ話シタイト思ヒマスケレド今ハ未ダ御父様モミンナモ銀行一件デ忙シイ事ダラウカラ当分控ヘテ置イテ静ニ冬ノ休ミ迄ニ云ヒ出シマスカラソレマデハ見テ置テモ後デ損ニナラナイ様ナ科目ヲ仕度シテ置イテ好イデセウ

勿論私ニハコンナヤウナ事ヲ云フ資格ハアリマセンガ先ヅ口ダケデ云ツテ置キマス

ソレカラ色々利己的ダノト自分デ辯解シテ居ラレル様デスガソンナ気兼ネハアマリセンデ好イデセウ 兎ニ角ニ何ト云ツテモ結局ハ今ニミンナ一人前ニ成ル事ダカラツマラヌ心配ハ要ラヌ事ト思ヒマス

     以上

   大正四年拾月廿一日