目次へ  縦書き

田園迷信 先駆形B

果樹のまはりは直角の
水銀の池めぐらかし
十の蜂舎の成りしころ
よき園成さば必ずや
鬼ぞうかがふといましめし
かしらかむろのひとありき
山はかすみてめくるめき
桐むらさきに燃ゆるころ
その農園の扉をば
おとづれて来しをとめあり
そのひとひるはひねもすを
風にガラスの点を播き
夜はなやましき歌よもすがら
かくて稲羽をつけしころ
人は全身うち敗れ
をとめは遠く去りにてけり