目次へ  縦書き

田園迷信 先駆形A

九百二十六年の
桃の花よりやゝ過ぎて
そのはん岩の渓谷に
化の鳥一羽渡り来ぬ
鳥は黄いろの膨らみて
膠朧質のピンクの春に
かゞやくこせうさてはまた
ガラスの点をふりまきて
夜ごとに訴へかなしめる
なやましき声をあげわたし
ひるも林や丘丘や
スカイラインの紺にうたひて
ひとびとの粗暴なる力を盗みあつめ
あたかも太陽に熟したる棘の成れるころ
東の青くけぶれる海へ飛び去りにけり
かくてたばこの燃えて立ち
稲がちひさき鳥の羽をつけしとき
人々全身 赤き斑点に冒された
胸やせなかに大なる穴を空けられて
死したるもありそのまゝに
息のみをつくミイラとなれるもありにけり