目次へ  縦書き

青柳教授を送る・先駆形

秋雨にしとゞにぬれて
きよらかに頬痩せ青み
師はいましこの草原を
たゞひとりおくれ来ませり

羊さへけふは群れゐず
玉蜀黍つけし車も来ねば
このみちの一すぢ遠く
雨はたゞ草をあらへり

友なさは高くわらひそ
愛しませるかのひとを捨て
おもはざる軍に行かん
師のきみののうれふるを

南なる雨のけぶりに
うす赤きシレージの塔
かすかにもうかび出づるは
この原もはやなかばなれ