目次へ  縦書き

<祭日〔二〕先駆形>

祭日

アナロナビクナビ 木の芽は膨らみて
   柳の絮はとびひかり
   をちこち山の畑には
   睡たく桐咲けり

ナビクナビアリナリ 児らをせなに負ひ
   赤とうこんの幡もちて
   草の峠や水無し谷
   越えぞわづらふ母の群

ナリトナリアナロ 御堂のうすあかり
   毘沙門像のおんすねに
   味噌塗りまつりおん手形
   みうちさすりてをろがみぬ

アナロナビクナビ ふまるゝ天の邪鬼
   金のめだまのやるせなみ
   堂をいづれば風ぬるみ
   つゝどり四方にどよみけり