目次へ  縦書き

大島紀行

一九二八、六、一三

煙のなかで
うすい夏の雲の下で
鉄の弧をした永代橋が
にぶい色した一つの電車を
通すのを
わたくしは見て
もうこの船はうごきだす
しゅんせつ船の黒い腕
赤く巨きな二つの煙突
あちこちに吹く石油のけむり
またなまめかしい岸の緑の草の氈
 またけぶりくすぶるその東京に
 一すじあがる白金ののろし
 東は明し 東は明し
浜の離宮のあたりでは
幾箇の水平な鉄の腕
うづまくけむりと雲のした
浜の離宮の黒い松の梢には
鶴もむれまた鵝もむれて
  きらきら光って流れて落ちる黒炭の屑
ほのほも見えずたかれる火
ヽヽヽ西はいま黒鉛のそら
幾すじひかる水脉のうね
Gasの会社のタンクとやぐら
しづかに降りる起重機の腕
  そこでぼくには相談がある
  このけむりのあんまりひどいときには
  木も普段より強度を強くしてくれないか
中の台場に立てるもの
低き燈台四本のポール
三角板に楊とくるみ
緑の氈はさりながら
南西はひかる草穂なみ
その石垣の下ちかく
川もて町が棄てさりし
ヽヽヽの骸などならびたり
その下をいまひかりくる
相沢小市船長の小きモーター
ひきづなにつゞくは九隻の汽船なり
次の台場草はななめに
ほかの設備はあらぬなり
次の台場は草はげて
黄土あらはにやなぎも見えず
うしろはけぶる東京市
ことにもしるきヽヽヽの
灰いろなせる建物を
白き煙突けむりなく
そのましたよりまくろなる
けむりまがりてそらにのぼれり
はやくも船は
海にたちたる鉄さくと
鉄の門をば通り来て
砒素鏡などをつくりそめけり
  品川の海
  甘ずっぱい雲の向に
  船うちくらむ
  品川の海
  あゝ海気
  ………
甘ずっぱい雲の下の
なまめかしく青い水平線に配列されて
日に蔭るほ船の列が
夢のやうにさゝやいている
  ……南の海の 南の海の
    はげしい熱気とけむりのなかに
    ひらかぬまゝにさえざえ芳り
    つひにひらかずしぼんで行く
    巨きな花の蕾がある……
東京と横浜市とをつらねるものは
一列参差の木立であって
そのなかごろに巨きな川崎ドックがあり
幾箇の奇怪な鉄橋と
白くひかったビルデング
その前をいまつらなり過ぎる転馬船
たとへば二色の条をもったなめくじなどのやうに
実に奇怪な黒灰色と白とのほをあげた船が
中世代の爬虫のくらゐ群れてゐる
さの本牧の沖の九時半
  海光 海光
そのたゞなかを
きみの船は月光いろの泡をたて
アクチノライトの水脉を引いて
まっすぐに截って行くであらう
このとき港外の青い波の上に
四隻の小さな駆逐艦が碇舶てゐて
忙しく一つ或は四つまでの信号旗を
あげて光らせまたおろしたりやってゐた
軽気軽はるかにのぼり
半島を覆へる雲は積雲となる