目次へ  縦書き

七四三

白菜畑

一九二六、一〇、一三

ここの柱のならびから
膨らみある(エンタシス)水いろを
誰か二っつはづして行った
つめたい風が吹いて吹いて
わたくしの耳もとで鳴るけれども
風は光ってすべって
はやくも弱いわたくしは
風が永久の観点から
ほのかにわらひながら
わたくしをなぐさめてゐると考へ
ひたひに接吻して
気持ちを直せとさう云へば
きらゝかにわらってさうもすると
じぶんでじぶんを迎へやうとするけれども
そんならまっすぐに強く進めと云って
かういふふうにその人をさせた
社会の組織や人の不徳を憎んで見ても
結局やっぱり畑を掘ってゐるより仕方ない
そこで断じてわたしの風よ
つめたい接吻をわたしに与へ
川よあかるいおまへの針で
おれの不快を運んで行けだ
ではわたくしは
はっは 馬鹿野郎
その残された推古時代の礎に
萱穂を二つ飾って置かう
それが当分
東洋思想の勝利といふやうに
どろぼうがこゝを通るたびに
秋の風になびき日にひかって
それを嘲ろうする
畑がみんな萱の穂になれば
ふん
そのころは
向ふもおしまひこっちもおしまひだ