目次へ  縦書き

一〇五六

〔秘事念仏の大元締が〕(下書稿)

一九二七、五、七、

ロシヤ帝政派の大将株が
今日は息子と妻を使って陸稲(おかぼ)播きだ
  ……日が照って風と影……
ロシヤ帝政派の大将株が
麦稈帽子をあみだにかぶり
黒いずぼんにわらじをはいて
庇の下のつめたい影を
大股にあるいて鳥を追ふ
  ……飛んで砕けるきららかな雲……
ロシヤ帝政派の大将株が
むすこがしばらく播く手をやめて
ぼんやり楊の梢をながめ
口をあくのを情けながって
どなって石をなげつける