目次へ  縦書き

種馬検査日

ひかって華奢なサラーブレッド
息濃く熱いアングロアラヴ
カンデラブルのかたちした
白樺の木をとめくる水に
かげらふも燃え湯気も燃え
蟇の卵の弾薬帯や
まて水芋の青じろい花
ひとひら青い雲かげは
かげらふを織り残雪を織り
なだらの草をすべって来ては
かたくりの花もその葉のまだらも燃やす
白い頭巾でいばえたり
水いろの羅紗を着たりして
馬はつぎつぎ遡ってくる
風の透明な楔形文字は
ごつごつ暗いくるみの枝に来て鳴らし
またいぬがやや笹をゆすれば
ふさふさ白い尾をひらめかす重輓馬
あるひは巨きなとかげのやうに
日を航海するハックニー
こんどはまるで熊そっくりの
ゼラチンをかけたやうなもの
また山鳥の眼付して
膝に球ある雑種など
孔雀のいしのそらのした
雪融の流れをのぼって行く