目次へ  縦書き

七五

浮世絵 北上山地の春

(「北上山地の春」下書稿一)

一九二四、四、二〇、

    一、

かれくさもかげらふもぐらぐらに燃え
雲おうがつぎつぎ青く稜を織るなかを
女たちは黄や橙のかつぎによそひ
しめって黒い厩肥をになって
たのしくめぐるくいちれつ丘をのぼります
 
かたくりの花もその葉の班もゆらゆら
いま女たちは黄金のゴールを梢につけた
年経た栗のそのコバルトの陰影にあつまり
消え残りの鈴木春信の銀の雪から
燃える頬やうなじをひやしてゐます

    二、

風の透明な楔形文字は
暗く巨きなくるみの枝に来て鳴らし
また鳥も来て軋ってゐますと
わかものたちは華奢に息熱い純血種サラーブレッド
水いろや紺の羅紗を着せ
やなぎは蜜の花を噴き
笹やいぬがやのかゞやく中を
泥炭岩の稜を噛むおぼろな雪融の流れを遡り
にぎやかな光の市場
その上流の種馬検査所へ連れて行きます

    三、

いそがしい四十雀のむれや
ま裸木の蒼い条影
水ばせうの青じろい花
ぬるんだ湯気の泥の上には
ひきがえるがつるんだまゝで這ひ
風は青ぞらで鳴り
自然にカンデラーブルになった白樺があって
その梢には二人のこどもが山刀を鳴らして
巨きな枝を切らうとします
小さなこどもらは黄の芝原に円陣をつくり
日のなかに烏を見やうとすれば
ステップ住民の春のまなざしをして
赤いかつぎの少女も枯草に座ってゐます