目次へ  縦書き

六九

路傍

一九二四、四、一九

四本のくらいからまつの梢に
かがやかに春の月がかかり
やなぎのはなや雲さびが
しづかにそこをわたってゆく
  ……赤く塗られた鳥の卵と
    その影と……
さはしぎももうひっこんだのに
庭では鈴がかすかに鳴ってゐる
  ……この枯れ芝生なら
    暗さややはらかさや
    すっかり鳥のこころもちだ……
鈴がかすかにまたひびくのは
ねむってゐる馬の胸に吊るされ
呼吸につれてふるえるのか
きっと馬は足を折って
褥草の上にかんばしくねむってゐる
わたくしもまたねむりたい
  ……誰かが馬盗人とまちがへられて
    胸にピストルを射込まれた……
どこかで鈴とおんなじに鳴く鳥がある
たとへばそれは青くおぼろな保護色だ
むかふの丘の陰影のなかでもないてゐる
それからいくつもの月夜の峯を越えた遠くでは
風のやうに峡流も鳴ってゐる