目次へ  縦書き

三三〇

柏林のピクニック

一九二四、一〇、二六、

(いゝか、周天は連亘す浄命の幡)
(無韻!)
(十万無韻蒼亦蒼)
(堕す!)
(遊人誤て堕す炎樹林)
(妄!)
(妄りに霜葉を踏んで帰路を忘る)
(よし、こんどはおれが出すぞ
 天朗れて影明なり霜葉林)
(月並!)
(月並なんて漢詩へ入れられるか)
(参ったか)
(何が参るもんか きさまの方が悪いんだ)
(さうかそれでは譲歩して 俗!)
(俗塵洗ひ尽す水精の風)
(水精の風、わっはっはっは)
(故無くして人は笑ふ枯草の上)
(枯草の上、わっはっはっは)
(更に一嘲を加へて空更に寂)
(全編よろよろ!)
(おい、水精の風といふのは何がおかしい)
(おかしいな)
(枯草の上といふのは何がおかしい)
(とにかく、おかしいな)
(よし、それならこんどは天狗問答で行かう)
(何でも来いだ)
(諸宝の天蓋燃えなんとして如何)
(爪哇の潜王胡瓜を啖ふ)
(風の王位に即くものは誰ぞ)
(Adagioは弦にはじまる)
(風に石油の二色性あり)
(冠毛燈!ドラモンド光)

(「〔うとうとするとひやりとくる〕」下書稿〔一〕)