目次へ  縦書き

三一四

業の花びら(下書稿二)

一九二四、十、五、

夜の湿気が風とさびしくいりまじり
松ややなぎの林はくろく
そらには暗い業の花びらがいっぱいで
わたくしは神々の名を録したことから
はげしく寒くふるえてゐる
   ……遠くで鷺が啼いてゐる
     夜どほし赤い眼を燃して
     つめたい沼に立ってゐるのか……
松並木から雫がふり
わづかばかりの星群が
西で雲から洗はれて
その偶然な二っつが
黄いろな芒で結んだり
残りの巨きな草穂の影が
ぼんやり白くうつったりする