目次へ  縦書き

一八一

早池峰山巓

一九二四、八、一七、

 ……うるうる木の生えたなまこ山……
モス瑪瑙アゲートの小田越あたりに雲が湧き
薬師は朧な青い寒天アガーにかはってしまふ
 ……風はきれぎれ叫んで過ぎる……
南には早くも翔ける龍巻の尾もあれば
西山稜の巨きな逞しいカーヴに沿って
乱積雲の大行進曲グランドマーチも北へそゝぐ
露はひかってこぼれ
blue bellのいちいちの鐘もふるえる
 ……はるかにひかり積雲のいちれつ……
みんなは新しい白いきものをつけて
遠野口の青いはひ松のなだらや
黒くごりごりした露岩をわたり
また門馬口のまばゆく旋る雲のなかから
草穂やいはかがみの花のあひだを
ちぎらすやうなつめたい風に
眼もうるうるしてふるえながら
先祖たちのたどったその一一の石をよぢ
白堊紀からの方尖碑オベリスク
青白い虚空の淵に
ぎざきざ刻みのこされて
さけ目には石絨の神経が通り
裂罅には赤い鉄さびをうかべ
奇怪な灰いろの苔にいろどられ
ひきちぎられたその恐ろしい捕虜岩ゼノリスをたもつ
この蛇紋岩のけはしい山巓にのぼってくる
挿秧どきのせわしくゆらぐ焦燥や
九旬にあまるその旱天の忍従や
はげしいま夏の辛苦を終へて
よろこびと寒さに泣くやうにしながら
どしどしいっしんにのぼってくる
  ……向ふではあたらしいぼそぼその雲が
    まっしろな火になって燃えあがる……
ここはこけももと花さくうめばちさう
かすかな岩の輻射もあれば
雲のレモンのにほひもする