目次へ  縦書き

一八

人首町(下書稿二)

一九二四、三、二五、

丘のはざまのいっぽん町にあさひがふり
雪や雑木があさましいまで光ってゐる
  ……丘には杉の林もあれば
    黝い小さな鳥居もある……
広田湾から十八里
水沢へ七里の道が
けさうつくしく凍ってゐて
藻類の行商人や
税務署の濁密係り
みな藍靛の影を引いて
つぎつぎ町を出てくれば
遠い馬橇の鈴もふるえる
  ……金龍館の昔のテナー
    菊井小兵衛は酒を売り
    わづかに砂金を産する川は
    くるみと桑に覆はれる……
まっ白な五輪峠のいたゞきで
鉛の雲が湧きまた翔け
南につゞく種山ヶ原のなだらは
渦巻くひかりの霧でいっぱい
  ……あゝ朝の紺外套のかなしさ……
つめたい風の合間から
ひばりの声も聞えてくるし
やどり木のまりには艸いろのもあって
その梢から落ちるやうに飛ぶ鳥もある