目次へ  縦書き

一七九

谷の昧爽に関する童話風の構想

一九二四、八、一七、

草の穂やおほばこの葉が
みんなくっきり影を落す
この清澄な月の昧爽近くを
楢の木立の白いゴシック廻廊や
降るやうな虫のジロフォンに送られて
みちはまもなく原始の暗い椈林
つめたい谿にはいらうとする