目次へ  縦書き

一三九

渓流の夏

一九二四、五、二三、

木の芽が油緑や喪神青にほころび
重たく桐の花が咲き
風のぬるみと紫紺の雲に
柳の絮も羽虫も遠くひかってとべば
みんなは毘沙門天を祀る赤い幡をたづさへ
たゞれたやうに鳥のなく
いくつもの草の峠を越える