-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第998号--2018.04.07------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(51)」「〔霜枯れのトマトの気根〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「〔朝のうちから〕」「渓にて」
------------------------------------------------------------

 夏休み中なのでしょうか、1925年8月10日から11日にかけて、宮
沢賢治は早池峰山に登っています。

 今回はこのうち、10日の日付を持つ、二篇を掲載します。

 「〔朝のうちから〕」は出発前の、岩手軽便鉄道の花巻駅付近で
のものです。初期の題名は「電軌工事」になっていますが、走って
くるのは機関車です。

 東北本線の工事と、電化されていない岩手軽便鉄道の機関車では
ないかと思います。

 また、この時は雨が降っているようで、雷も鳴り、登山にはあま
りよい気候ではなかったようです。

 次の「渓にて」では、早池峰山を目指して、谷を溯っているとこ
ろです。

 「いたや」という木の名前が出てきますが、「イタヤカエデ」と
いうカエデのようです。

 この後、河原坊にて野宿して、翌朝に早池峰山に登る計画です。

 次回に掲載する11日の二篇はとても有名なものですが、今回のも
のはあまり有名ではなくて、この日が早池峰山を目指しての行軍中
ということを知らないと、何だかよくわからないところが多いです。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

イタヤカエデ Acer mono
http://www.rinya.maff.go.jp/tohoku/sidou/jumoku/shubetu/itaya.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 落葉高木。北海道・本州・四国・九州に分布。

 和名は葉がよく繁り板でふいた屋根のように雨をさえぎるの意味。

 秋に葉が黄色に色づく。

 かつてはこの樹液からカエデ糖を採取した。

●別名:ツタモミジ・トキワカエデ

本種には以下の変種等が知られている。

●エンコウカエデ:葉は5角形で中裂する。別名:アサヒカエデ。

●オニイタヤ:葉は5〜7裂し、裏面全体に短い毛がある。別名:ケ
イタヤ。

●エゾイタヤ:当年枝が有毛。葉裏面脈および葉柄上半分に細毛が
ある。別名:オオエゾイタヤ。

●ウラジロイタヤ:葉は3〜5中裂し、葉裏面が粉白色をおびる。別
名:コハイタヤ。

●ベニイタヤ:1,2年枝が暗紅紫色で葉柄が紅い。別名:アカカエ
デ・アカイタヤ。

●サトウカエデ(砂糖楓)は北米産。カナダの国樹で葉を国旗に表
している。

 雌雄同株。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(051)〕----------------------------------

「〔朝のうちから〕」「渓にて」

------------------------------------------------------------
■「〔朝のうちから〕」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿推敲後)
------------------------------------------------------------

三七〇
     〔朝のうちから〕
                    一九二五、八、一〇、

   ……朝のうちから
     稲田いちめん雨の脚……
駅の出口のカーヴのへんは
X形の信号標や
はしごのついた電柱で
まづは巨きな風の廊下といったふう
ひどく明るくこしらえあげた
   ……せいせいとした穂孕みごろ
     稲にはかゝる水けむり……
親方は
信号標のま下に立って
びしゃびしゃ雨を浴びながら
ぢっと向ふを見つめてゐる
   ……√雨やら雲やら向ふは暗いよと……
そのこっちでは工夫が二人
つるはしをもちしょんぼりとして
三べん四へん稲びかりから漂白される
   ……√くらい山根に滝だのあるよと……
そのまたこっちのプラットホーム
駅長室のはしらには
夜のつづきの黄いろなあかり
   ……√雨やら雲やら向ふは……
雨の中から
黒いけむりがもくもく湧いて
機関車だけが走ってくる
ずゐぶん長い煙突だけれども
まっ正直に稲妻も浴び
浅黄服着た火夫もわらって顔を出し
雨だの稲だのさっと二つに分けながら
地響きさせて走ってくれば
親方もにんがり笑ひ
工夫も二人腕を組む
   ……√雨やら雲やら……

------------------------------------------------------------
(定稿推敲前)
------------------------------------------------------------

三七〇
                    一九二五、八、一〇、

   ……朝のうちから
     稲田いちめん雨の脚……
駅の出口のカーヴのへんは
X形の信号標や
はしごのついた電柱で
まづは巨きな風の廊下といったふう
ひどく明るくこしらえあげた
   ……せいせいとした穂孕みごろ
     稲にはかゝる水けむり……
親方は
信号標のま下に立って
びしゃびしゃ雨を浴びながら
ぢっと向ふを見詰めてゐる
   ……√雨やら雲やら向ふは暗いよと……
そのこっちでは工夫が二人
つるはしをもちしょんぼりとして
三べん四へん稲びかりから漂白される
   ……√くらい山根に湯宿ができたよと……
そのまたこっちのプラットホーム
駅長室のはしらには
夜のつゞきの黄いろなあかり
   ……√雨やら雲やら向ふは……
いきなり向ふの線路のはなに
黒いけむりがもくもく湧いて
機関車だけが走ってくる
ずゐぶん長い煙突なので
安奉線の絵のやうだけれども
まっ正直に稲妻も浴び
雨だの稲だのさっと二つに分けながら
地響きさせて走ってくれば
親方もにんがり笑ひ
浅葱服着た火夫ものぞいて
こくっとひとつ会釈する
   ……√くらい山根にお客が行くよと……

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

三七〇
     電軌工事
                    一九二五、八、一〇、

   ……朝のうちから
     稲田いちめん雨の脚……
駅の出口のカーヴのとこは
X形の信号標や
はしごのついた電柱で
まづは巨きな風の廊下といったふう
ひどく明るくこしらえあげた
   ……せいせいとした穂孕みごろで
     稲にはかゝる水けむり……
親方は
信号標のま下に立って
びしゃびしゃ雨を浴びながら
ぢっと向ふを見詰めてゐる
   ふし√……雨やら雲やら向ふは暗いよと……
そのこっちでは工夫が二人
つるはしをもちしょんぼりとして
三べん四へん稲びかりから漂白される
   ふし√……くらい山根に湯宿ができたよと……
そのまたこっちのプラットホーム
駅長室のはしらには
夜のつゞきの黄いろなあかり
    √雲やら雨やら向ふは……
いきなり向ふの線路のはなに
黒いけむりがもくもく湧いて
機関車だけが走ってくる
ずゐぶん長い煙突なので
安奉線の絵のやうだけれども
まっ正直に稲妻も浴び
黒いけむりももくもく吐いて
雨だの稲だのさっと二つに分けながら
地響きさせて走ってくれば
親方もにんがり笑ひ
浅葱服きた火夫もこくっと会釈する

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

三七〇
     電軌工事
                    一九二五、八、一〇、

   ……朝のうちから
     稲田いちめん雨の脚……
駅の出口のカーヴのとこは
X形の信号標や
はしごのついた電柱で
まづは巨きな風の廊下といったふう
ひどく明るくこしらえあげた
(数文字不明)遊園地より
   ……(数文字不明)は(数文字不明)のだ
親方は
信号標のま下に立って
びしゃびしゃ雨を浴びながら
ぢっと向ふを見詰めてゐる
   ふし√……雨やら雲やら向ふは暗いよと……
そのこっちでは工夫が二人
つるはしをもちしょんぼりとして
三べん四へん稲びかりから漂白される
   ふし√……くらいところにお湯屋ができたよと……
そのまたこっちのプラットホーム
駅長室のはしらには
夜のつゞきの黄いろなあかり
    √雨やら雲やら向ふは……
やってくるのは機関車だ
ずゐぶん長い煙突だ
安奉線のやうだけれども
まっ正直に稲妻も浴び
黒いけむりももくもく吐いて
雨だの稲だのさっと二つに分けながら
地響きさせて走ってくる

------------------------------------------------------------
(下書稿2断片)
------------------------------------------------------------

※切り抜かれ、下書稿3に貼り込まれている。

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三七〇
     電軌工事
                    一九二五、八、一〇、

   ……朝のうちから稲田いちめん雨の脚……
カーヴのところは
X形の信号標や はしごのついた電柱や
風の廊下というふうにできあがった
   ……青く平らな稲田のなかのはなしだよ……
親方は、信号標のま下に立って
びしゃびしゃ雨を浴びながら
ぢっと向ふを見詰めてゐる
   ……雨だか雲だか向ふは暗いよと……
そのこっちでは工夫が二人、
つるはしをもちしょんぼりとして、稲びかりから漂白される
   ……どなたかお待ちの電燈あかりが一つよと……
やあ 汽缶車がやってくる
日露戦争のときのワリヤーク号みたいに
黒いけむりをもくもく吐いて
雨を二つに分けながら
そこらの盛られたぬるい砂利だの稲田だの
地響きさせて走ってくる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三七〇
     電軌工事
                    一九二五、八、一〇、

   ……稲田いちめん雨の脚……
カーヴのところは
X形の信号標や はしごのついた電柱や
風の廊下というふうにできあがった
   ……青く平らな稲田のなかのはなしだよ……
山の上はつめたい雲のラムネ
どうだ親方 こくっとるか
   ……プラットホームのはしらには
     ともりのこりの鬱金のダリア……
恍惚として雨にあらはれ
しょんぼりとして稲びかりから漂白される
   ……どうだ親方いっぱいるか……
やあ 汽缶車がやってくる
日露戦争のときのワリヤーク号みたいに
黒いけむりをもくもく吐いて
雨を二つに分けてひどい勢で走ってくる

------------------------------------------------------------
■「渓にて」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿4推敲後)
------------------------------------------------------------

三七二
     渓にて
                    一九二五、八、一〇、

うしろでは滝が黄いろになって
どんどん弧度を増してゐるし
むじな色の雲は
谷いっぱいのいたやの脚をもう半分まで降りてゐる
しかもこゝだけ
ちゃうど直径一米
雲から堀り下げた石油井戸ともいふ風に
ひどく明るく玲瓏として
雫にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろの葉が青びかりして
風にぶるぶるふるえてゐる
早くもびしゃっといなびかり
立派に青じろい大静脈のかたちである
さあ鳴りだした
そこらの蛇紋岩橄欖岩みんなぴりぴりやりだした
よくまあこゝらのいたやの木が
こんなにがりがり鳴るなかで
ぽたりと雫を落としたり
じっと立ったりしてゐるもんだ
早く走って下りないと
下流でわたっていけなくなってしまひさう
けれどもさういふいたやの下は
みな黒緑のいぬがやで
それに谷中申し分ないいゝ石ばかり
何たるうつくしい漢画的装景であるか
もっとこゝらでかんかんとして
山気なり嵐気なり吸ってゐるには
なかなか精神的修養などではだめであって
まづ肺炎とか漆かぶれとかにプルーフな
頑健な身体が要るのである
それにしても
うすむらさきにべにいろなのを
こんなにまっかうから叩きつけて
素人をおどすといふのは
誰の仕事にしてもいゝ事でないな

------------------------------------------------------------
(下書稿4推敲前)
------------------------------------------------------------

三七二
     渓にて
                    一九二五、八、一〇、

谷を覆ったいたやの脚を
煤けた雲がひどくのぼってきまするし
うしろの方では
滝がどんどん弧を増して
この奥山の奥(一字不明)の
ごみや粘土で変に濁って居りまする
ところがこゝは
ちゃうど直径一米
ひどく明るくて石油のやうで
雫にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろの葉が青びかりして
風にぶるぶるふるえてゐるといふことは
こゝだけ雲が切れてるためかと考へまして
そらをすかして見ましても
枝の間の雲脚は
なかなかもってむじないろです
こゝだけ枝がすいてるためかと考へまして
もいちど上を見ましても
楢の梢は三寸とすいて居りません
そんなら人はぬれてがたがたふるえるときに
何かかういふ発光をすることでもあるかとしますれば
いよいよあとがあぶないわけ
やあもうどうして
そらの電気がひとつぱちっとやりました
まもなくそこらの蛇紋岩だの橄欖岩が
ごろごろうなりだすでせう
それではどうも早く走って下りないと
谷もわたって行けなくなってしまひます
それでは神さま
ひとつはしるといたします
けれどもこゝらのいたやの下は
みな黒緑のいぬがやで
それに谷中申し分ないいゝ石ばかり
もっとこゝらでかんかんとして
山気なり嵐気なり吸ってゐたいのでありますが
いやあなたさまこんどは
どういふわけでまたもやそんな
うすむらさきにべにいろなのを
まっかうわたくしに照らしつけて
おおどしなさるでありますか

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

三七二
     渓
                    一九二五、八、一〇、

谷を覆ったいたやの脚を
煤けた雲ものぼってくるし
滝がどんどん弧を増して
色も濁れば形もじつに悪化した
こゝでぐづぐづしてゐると
谷をわたって行けなくなる
こゝは明るくて石油のやうで
雫にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろの葉が青びかりして
風にぶるぶる顫えてゐる
木立がすいてゐるでもなし
雲がここだけ切れてもゐない
それではこっちがあんまりぬれて
がたがたふるえてゐるために
何かさういふ発光をしてゐるとでもする
そいつはとても物騒だ
それではかけろ 犬榧犬榧
谷中みんな、申し分ないいゝ石だがな

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

三七二
     渓
                    一九二五、八、一〇、

谷を覆ったいたやの脚を
煤けた雲がのぼってくるし
滝がどんどん弧を増して
色も濁れば形も悪い
ところがこゝはちゃうど直径一米
ひどく明るくて石油のやうで
雫にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろの葉が青びかりして
風にぶるぶる顫えてゐる
こゝだけ木立がすいてゐるのかさうでもない
こゝだけ雲が切れたのか さうでもない
それではこっちがあんまりぬれて
がたがたふるえてゐるために
何かさういふ発光をしてゐるのだらうか
結局これは一目散にみちへ出るのが本当らしい
それではかけろ 犬榧犬榧
みんな申し分ないいゝ石だがな

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

もう字の通りの煤けた雲は
谷を埋めていたやの脚をのぼってくるし
雨がどしゃどしゃしぶきをたてて
山ぢゅうまるでつなみのやうに鳴ってるし
滝は見る見る色も濁れば弧もまして
例のはねかへりの水などは
あんまり太くてだんだん気味が悪くなる
ところがこゝは丁度直径一米だけあかるくて石油のやうで、
雫にひどくぬれたしらねあふひやぜんまいや、
いろいろの葉が青びかりして、
風にぶるぶるふるえてゐる
こゝだけ雲が切れたのかさうでもない
ここだけ木立が隙いてゐるのかさうでもない
下の谷から
それではこっちが
あんまりぬれてがたがたふるえてゐるために
何か蛍光をだしたものか
決してそんなことはない
それでは結局わからない
とにかく早く遁げることだ

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

こゝは明るくて石油のやうで、
雨にぬれたしらねあふひやぜんまいや、
いろいろの葉が青びかりして、
風にぶるぶるふるえてゐる
それはたまたま雲が切れたのと
ここの木立が隙いてゐるためで
滝はあんなにどんどん弧を増すし
下の谷から
いたやの黒い脚の間を
煤けた雲はのぼってくるし
もう一目散にかけ下りるより仕方ない

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三七二
     渓
                    一九二五、八、一〇、

ここは明るくて石油のやうで
どの葉もみんな咲いてゐる
急げ 葉が咲くといふことはない
なんてでたらめだ
さうだあすこは雲の切れ目の下で
雨にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろ葉が青びかりして
風にふるえて図案になってゐただけなのだ
 急げ、……水は弧を増し向ふは雲でまっくらだ
いや雲が切れてではない
あすこは木立が隙いてゐたのだ
さうでもないかむしろこっちが
ぬれてぶるぶる顫えたために
さういふふうに見えたのだらう
急げ急げいたやの木のひょろ長い脚を
あんなに雲がのぼってくる……

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三七二
     渓
                    一九二五、八、一〇、

ほう
ここは明るくて石油のやうで
葉がもうみんな咲いてゐる
急げ 葉が咲くといふことはない
あれはひととこ雲が切れたので
雨にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろ葉が青びかりして
風にふるえて図案になってゐただけなのだ
 水は弧を増し向ふは雲でまっくらだ
雲が切れたのではなくて
あすこの木立が隙いてゐたのだ
ぜんたいむしろこっちが
ぬれてぶるぶる顫えたために
さういふふうに蛍光を出して見えたのだらう
いたやの木のひょろ長い脚を
あんなに雲がのぼってくる……

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(078)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「〔霜枯れのトマトの気根〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     〔霜枯れのトマトの気根〕

霜枯れのトマトの気根
その熟れぬ青き実をとり
手に裂かばさびしきにほひ
ほのぼのとそらにのぼりて
翔け行くは二価アルコホール
落ちくるは黒雲のひら

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

風さむきはたけのなかに
霜枯れのトマトの気根
をぞましくならべるものか

熟れぬ実を二つに裂けば
あゝなんぞさびしきにほひ
ほのぼのとそらにのぼるを

なべてみなたゞプログラム
プログラムふみてやすけき
かの群のいきどほろしさ

翔け行くは二価アルコホール
落ちくるは黒雲のひら
盛岡にかくて冬来る

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

とりのかたみに呼びて
まるめろの葉は散りそめぬ

霜枯れしトマトの気根
実をとりて二つに裂けば
あゝなんぞさびしきかほり

なべてみなたゞプログラム
プログラムふみてやすけき
かの群のいきどほろしさ

落ちくるは黒雲のひら
翔け行くは二価アルコール
盛岡にかくて冬来る

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

ひとびとのいきどほろしく
はだししてはたけに来れば
霜枯れしトマトの気根
しみじみとうち並びたり

うち酸えし青きトマトの
実をとりて二つに裂けば
あゝなんぞさびしきにほひ
ほのぼのとそらにのぼれる

今日はこの畑に人なく
崖の上の農舎もひそみ
まるめろの葉もゆらがねば
水禽のむれももだせり

落ちくるは黒雲のひら
さだめなくうかび立てるは
ほのじろき二価アルコール
十月のそらのさびしさ

------------------------------------------------------------
(先駆形短歌「歌稿B401〜404)
------------------------------------------------------------

401  霜枯れし
   トマトの気根
   しみじみと
   うちならびつゝ
   冬きたるらし。

     ※

402  青腐れし
   トマトたわわのかれ枝と
   ひでりあめとのなかなるいのり。

     ※

403  霜腐れ
   青きトマトの実を裂けば
   さびしきにほひ
   空に行きたり。

     ※

404  はだしにて
   雲落ちきたる十月の
   トマトばたけに立ちてありけり。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 文語詩の方で、「翔け行くは二価アルコール」という言葉が出て
きます。唐突に化学用語が出てくるのはいかにも賢治らしいですが、
「二価アルコール」は一分子中にアルコール基を二つ持っていて、
分子の両端にあることが多いため、アルコール基を翼に見立ててい
るのだと思います。あるいは飛ぶ鳥の姿が二価アルコールの分子模
型に似ていたのかも。

 また、当時はまだトマトは一般的な野菜とは言い難く、トマトな
ど作って失敗している賢治は農民とししは変わり者あるいは本当の
農民ではない、という感じはあったのでしょうね。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--998号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/