-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第995号--2018.03.17------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(48)」「駅長」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「図案下書」「渇水と座禅」
------------------------------------------------------------

 今回は1925年6月8日と12日の二篇です。

 「図案下書」の方は最初は「蟻」という題で、服についた蟻を落
そうと苦労しているところなのですが、だんだんと蟻は背景の方に
移って、何かの図案のような描写になっています。

 何となく雨の少なそうな風景だという印象です。やはりこの年も
旱魃のようで、次の「渇水と座禅」では旱魃に苦しむ農民の姿が出
てきます。

 当時も用水などの灌漑設備は不足ながらもありました。したがっ
て、単に「雨が降らない」→「農作物が成育しない」という単純な
関係ではありません。

 用水路を流れてくる水の量と、田畑で必要な水の量が合わない、
ということです。誰かが水路の水を独り占めすれば、その人の田の
み、豊作になります。

 当然、他の人たちが黙っていませんし、大体地区ごとの「水争い」
になるのです。

 この水争いを防ぐための取り決めなどがあって、それに従って用
水路から水をとるのに、じっと待っている農民の姿が、「座禅」と
表現されています。

 この詩が書かれた場所は当時の花巻農学校の近くだそうで、今も
花巻市内から豊沢川上流の温泉地に向う道路沿いに詩碑が立ってい
ます。

 戦後、豊沢川の上流に豊沢ダムができて、このような水の心配は
なくなり、旱魃の被害もなくなりました。

 しかしそれはこの詩の書かれた当時から35年ほど後、1960
年代に入ってからのことでした。

 それまではヒデリの度に、このような悩める農民の姿があったの
です。

 詩の中に「出羽三山の碑」が出てきます。花巻あたりでは非常に
よく見かける碑なんですが、そういえば賢治自身は出羽三山に詣で
たという記録がありません。家の宗派が浄土真宗であることも関係
しているのでしょうか。

 私は一度、出羽三山に詣でたことがあります。まず湯殿山に行き、
それから羽黒山神社に参りましたが、月山は省略しました。

 このときの旅行では、山寺立石寺と「語られぬ」湯殿山がとても
印象に残っています。ちょうど20年ほど前のことで、若いうちに
行っておいてよかったです。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

豊沢川流域の水利開発(水利紛争の歴史)
http://www.maff.go.jp/tohoku/nouson/kokuei/toyosawagawa/toyosawa_rekisi.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 豊沢川流域の水利開発は食糧確保のために、今から三百年余り前
旧南部藩士による新田堰の築堤、開削に始まり、その後、逐次開田
が進められました。

 この地域の水田は、豊沢川、瀬川その他の小渓流を水源とし、大
小24ヶ所の取水堰による取水の他、数多くの小ため池によりかんが
いを行っていました。どの河川も流域が狭いため、水田が増加する
にしたがい用水不足となり、度々発生する干ばつ被害に見舞われ、
水利紛争が頻発するようになりました。

●宮沢賢治も嘆いた流域の水不足

 宮沢賢治(明治29年〜昭和8年)が大正14年の記録的な渇水「ヒデ
リ」を詩に刻んでいます。

 花巻農学校の教師時代に夜水引きの体験を描いた詩と言われてお
り、何日も徹夜で水を守ろうとした農民の苦労が偲ばれます。

●ダム建設への道を切り拓く

 こうした中、安定的な水源を確保するため、豊沢川上流にダムの
設置が必要だとして、昭和十三年に稗和西部耕地整理組合(現在の
豊沢川土地改良区の前身)が組織され、その初代組合長が平賀千代
吉氏(明治25年〜昭和51年)です。

 氏はダム建設運動に奔走し、言わば豊沢ダム建設の立役者です。

●「豊沢平和郷」

 豊沢ダム建設に当たっては、建設促進に邁進された先人たちの苦
悩と献身的な努力がありました。

 一方で、住み慣れた土地から移転を余儀なくされた豊沢集落の人
々の苦渋の選択の協力が必要でした。さらには、難工事と闘った工
事関係者の苦労を我々は忘れてはなりません。

●前歴事業の概要(国営豊沢川土地改良事業)

 昭和16年に岩手県営稗和西部用水改良事業として工事に着手しま
したが、途中戦争により中断となりました。

 その後、昭和24年に国営土地改良事業として豊沢ダムの建設を継
承、昭和36年に豊沢ダムが完成しました。その後関連する事業等と
も相まって、地域は県内有数の農業地帯へと変貌をとげました。

1 関係市  花巻市、北上市 建設中
2 受益面積 5,316ha
3 事業期間 昭和24〜36年度
4 事業費  18億円
5 主要工事 豊沢ダム 1箇所

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(048)〕----------------------------------

「図案下書」「渇水と座禅」

------------------------------------------------------------
■「図案下書」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿4)
------------------------------------------------------------

三五〇
     図案下書
                     一九二五、六、八、

高原はらの上から地平線まで
あをあをとそらはぬぐはれ
ごりごり黒い樹の骨傘は
そこいっぱいに
藍燈と瓔珞を吊る

  Ich bin der juni,der jungste.

小さな億千のアネモネの旌は
野原いちめん
つやつやひかって風に流れ
葡萄酒いろのつりがねは
かすかにりんりんふるえてゐる

漆づくりの熊蟻どもは
黒いポールをかざしたり
キチンの斧を鳴らしたり
せわしく夏の演習をやる

白い二疋の磁製の鳥が
ごくぎこちなく飛んできて
いきなり宙にならんで停り
がちんと嘴をぶっつけて
またべつべつに飛んで行く

ひとすじつめたい南の風が
なにかあやしいかほりを運び
その高原の雲のかげ
青いベールの向ふでは
もうつゝどりもうぐひすも
ごろごろごろごろ鳴いてゐる

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

三五〇
     図案
                     一九二五、六、八、

高原はらの上から地平線まで
あをあをとそらはぬぐはれ
ごりごり黒い樹の骨傘は
そこいっぱいに
藍燈と瓔珞を吊る

小さな億千のアネモネの旌は
野原いちめん
つやつやひかって風に流れ
葡萄酒いろのやさしい花のつりがねは
かすかにりんりんふるえるなかを

漆づくりの熊蟻どもは
黒いポールをかざしたり
キチンの斧を鳴らしたり
せわしく夏の演習をする

白い二疋の磁製の鳥が
ごくぎこちなく飛んできて
いきなり宙にならんで停り
がちんと嘴をぶっつけて
またべつべつに飛んで行く

ひとすじつめたい東の風が
なにかあやしい灌木から
強いかほりを運んでくると
その高原の雲のかげでは
もうつゝどりやうぐひすや
ごろごろごろごろ鳴いてゐる

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

三五〇
     図案
                     一九二五、六、八、

原の上から地平線まで
あをあをとそらはぬぐはれ
ごりごり黒い樹の骨傘は
そこいっぱいに
藍燈と瓔珞を吊る

小さな億千のアネモネの旌は
野原いちめん
つやつやひかって風に流れ
葡萄酒いろのやさしい花のつりがねは
かすかにりんりん鳴ってゐる

白い二疋の磁製の鳥が
ごくぎこちなく飛んできて
いきなり宙にならんで停り
がちんと嘴をぶっつけて
またべつべつに飛んで行く

漆づくりの熊蟻は
黒いポールをかざしたり
キチンの斧を鳴らしたり
せわしくそこをゆききする

ひとすじつめたい東の風が
なにかあやしい灌木から
強いかほりを運んでくると
その高原の雲のかげでは
もうつゝどりやうぐひすや
ごろごろごろごろ鳴いてゐる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

三五〇
     蟻
                     一九二五、六、八、

このおにぐるみの木の下に座ると
そらは一つの巨きな孔雀石の椀で
ごりごり黒い骨傘は
たくさんの藍燈と瓔珞を吊る
白い磁製の二疋の鳥が
ごくぎこちなく飛んで来て
いきなり
向き合って宙に停り
片脚をうしろへあげて
がちんと嘴をぶっつけて
またべつべつに飛んで行く
小さな億千のアネモネの旌は
つやつやひかって風にながれ
葡萄酒いろの小さな花のつりがねは
かすかにりんりん鳴ってゐて
高原の雲の影では
漆づくりの熊蟻が
キチンの斧を噛み合せたり
黒いボールを頭の上でふりまはしたり
行ったりきたりしてゐる
もうほととぎすやうぐひすや
ごろごろごろごろ啼いてゐる
ひとつの風がいきなり毒瓦斯のやうに
清冽なかほりを送ってくる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

三五〇
     蟻
                     一九二五、六、八、

このおにぐるみの木の下に座ると
そらは一つの巨きな孔雀石の椀で
ごりごり黒い骨傘には
たくさんの藍燈と瓔珞が吊られる
まっ白な磁製の二疋の鳥が
ごくぎこちなく飛んで来て
片脚をうしろへあげて
いきなり
向き合って宙に停り
がちんと嘴をぶっつけます
またべつべつに飛んで行く
小さな億千のアネモネの旌は
つやつやひかって風にながれ
ほたるかつらのやさしい花は
細胞液の反応を示す
山の方では
もうほととぎすやうぐひすや
ごろごろごろごろ啼いてゐる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三五〇
     蟻
                     一九二五、六、八、

おれのいまのやすみのあひだに
Chytinの硬い棒を頭でふりまはしたり
口器の斧を鳴らしたりおれの古びた春着のひだや
しゃっぽにのぼった漆づくりの昆虫ども
山のひなたの熊蟻どもはみなおりろ
下りないともう途方もないひどいところへ連れてくぞ
  ……落ちろ!……
もちろんどこまで行ったって
つやつやひかるアネモネの旌は
青ぞらに白くながれやうし
葡萄酒いろした巨きな花の密槽も
すずらんのにほひをはこぶつめたい風もあるにはあらう
それでも何かそこらあたりのでこぼこや
しめり工合がちがってゐて
おまけに巣もなく知り合ひもない
その恐ろしい広い世界の遠くの方へ
行きたくないものはみな落ちろ
  ……落ちろ
    そんな細い黒い脚を折るまいと
    どんなにおれは苦労をすることか
    ひとりで落ちろ……
どいつもこいつも
馬の尾っぽみたいに赤茶けたやつらだ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三五〇
     蟻
                     一九二五、六、八、

おれのいまのやすみのあひだに
Chytinの硬い棒を頭でふりまはしたり
口器の斧を鳴らしたりおれの古びた春着のひだや
しゃっぽにのぼった漆づくりの昆虫ども
山地のひなたの熊蟻どもはみなおりろ
下りないともう途方もなくひどいところへ連れてくぞ
  ……落ちろ!……
もちろんどこまで行ったって
つやつやひかるアネモネの旌は
青ぞらに白くながれやうし
すずらんのにほひをはこぶつめたい風もあるにはあらう
葡萄酒いろした巨きな花の密槽も
それでも何かそこらあたりのでこぼこや
しめり工合がちがってゐて
おまけに巣もなく知り合ひもない
その恐ろしい広い世界の遠くの方へ
行きたくないものはみな落ちろ
  ……落ちろ
    そんな細い黒い脚を折るまいと
    どんなにおれは苦労をすることか
    ひとりで落ちろ……
どいつもこいつも
馬の尾っぽみたいに赤茶けたやつらだ

------------------------------------------------------------
■「渇水と座禅」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

二五八
     渇水と座禅
                    一九二五、六、一二、

にごって泡だつ苗代の水に
一ぴきのぶりき色した鷺の影が
ぼんやりとして移行しながら
夜どほしの蛙の声のまゝ
ねむくわびしい朝間になった
さうして今日も雨はふらず
みんなはあっちにもこっちにも
植えたばかりの田のくろを
じっとうごかず座ってゐて
めいめい同じ公案を
ここで二昼夜商量する……
栗の木の下の青いくらがり
ころころ鳴らすドヒの上に
出羽三山の碑をしょって
水下ひと目に見渡しながら
遅れた稲の活着の日数
分蘖の日数出穂の時期を
二たび三たび計算すれば
石はつめたく
わづかな雲の縞が冴えて
西の岩鐘一列くもる

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

二五八
     渇水と座禅
                    一九二五、六、一二、

にごって泡だつ苗代の水に
一ぴきのぶりき色した鷺の影が
ぼんやりとして移行しながら
夜どほしの蛙の声のまゝ
ねむくわびしい朝間になった
さうして今日も雨はふらず
みんなはあっちにもこっちにも
植えたばかりの田のくろを
じっとうごかず座ってゐて
めいめい同じ公案を
ここで二昼夜商量する
   ころころ鳴らすドヒの上に
   出羽三山の碑をしょって
   水下ひと目に見渡しながら、
   遅れた稲の活着の日数、分蘖の日数
   出穂の時期を
   二たび三たび計算すれば
   石はつめたく
わづかな雲の縞が冴えて
西の岩鐘一列くもる

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

二五八
     渇水と座禅
                    一九二五、六、一二、

にごって泡だつ苗代の水に
一ぴきのぶりき色した鷺の影が
ぼんやりとして移行しながら
夜どほしの蛙の声のまゝ
ねむくわびしい朝間になった
さうして今日も雨はふらず
みんなはあっちにもこっちにも
植えたばかりの田のくろを
じっとうごかず座ってゐて
めいめい同じ公案を
ここで二昼夜商量する
   青くらがりの樺の下
   出羽三山の碑をしょって
   水下ひと目に見渡しながら
   いたづめどひをまもるのは
   自働車ポムプの堅田の臼
わづかな雲の縞が冴え
一列西の岩鐘の青

------------------------------------------------------------
(下書稿2断片)
------------------------------------------------------------

※一部が切り取られ下書稿3に貼り込まれている

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

二五八
     樋番
                    一九二五、六、一二、

にごって泡だつ苗代の水に
一ぴきのぶりき色した鷺の影が
ぼんやりとして移行しながら
夜どほしの蛙の声のまま
ねむくわびしい朝間になった
さうして今日も雨はふらず
みんなはあっちにもこっちにも
座禅みたいに座ってゐる。
  ……六月は残り十八、
    七月は残り十四日まで……
つばめやよしきりや
もう入りみだれて飛びまはる
わづかな雲の縞は冴え
みだれる燕と
一列の青い岩鐘

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

二五八
     樋番
                    一九二五、六、一二、

にごって泡だつ苗代の水に
一ぴきのぶりき色した鷺の影が
ぼんやりとして移行しながら
夜どほしの蛙の声のまま
ねむくわびしい朝間になった
    ……けふもまた雨は降らない……
眼をあげれば わづかにひかる
雲の縞の冴えと
岩鐘の青いたたずみと
      (六月は廿日を
       七月はなほわがために
       三十日をたもちたり)
溝うめ畦はなちを罪と数へる
わたくしは古くからの日本の農民である
    ……つばめやよしきりや
      もう入りみだれて飛んでゐる……

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(075)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「駅長」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿)
------------------------------------------------------------

     駅長

ことことと行く汽車のはて
温石いしの萱山の
上にひとつの松ありて
あるいは雷にうたれしか
三角標にまがへりと
大上段に 真鍮の
棒をかざしてさまよへり

ごみのごとくにあきつとぶ
高圧線のま下にて
秋をさびしき白服の
酒くせあしき土木技手
いましも汽車を避け了へて
こなたへ来るといまははた
急ぎガラスを入りにけり

------------------------------------------------------------

※下書稿は一種類のみで、書き上がり後の推敲は特になし。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 桜の開花が話題になる季節になりました。私としては昨年の大腸
ガンの手術から約一年でまた花の季節になるわけです。

 一年間、入院などしなくてもよかったので、細かいことはいろい
ろあっても、何とか順調ということにしています。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--995号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/