-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第994号--2018.03.10------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(47)」「〔このみちの醸すがごとく〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「〔あちこちあをじろく接骨木が咲いて〕」「〔Largoや青い雲翁
やながれ〕」
------------------------------------------------------------

 今回は1925年5月25日、31日の二篇です。

 共に最終的には題名を欠いていますが、「〔あちこちあをじろく
接骨木が咲いて〕」は最初の題を「瓔珞節」となっています。

 「〔Largoや青い雲翁やながれ〕」の方は「陸中国挿秧之図」で
す。

 いずれも陸中国の五月を描いた作品です。

 「〔あちこちあをじろく接骨木が咲いて〕」の方では、本文が変
に行あけされていますが、「4行アキ」の指定があります。その前
段階では「5行アキ」にしていますが、賢治の詩では珍しいと思い
ます。

 「陸中国挿秧之図」の最初の形では

大正十四、北斎描く陸中国の見取図である

 という詩句が最後に置かれています。

 北斎が浮世絵史上最高の画家であることは賢治も承知の上でしょ
うから、賢治の自作に対する自信がうかがえます。

 はっきりと田植えとは書かれていませんが、田植えの情景です。
5月も末になれば東北では田植えの季節だったのでしょう。西日本
だと裏作がありますので、このころの田植えは6月、梅雨の季節に
なってからでした。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

玉髄(カルセドニー)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~toki/koubutu/gyokuzui/gyokuzui.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 「玉髄」(ぎょくずい)という語は、賢治の作品にしばしば登場
します。もくもくした雲を玉髄に見立てた表現がほとんどですが、
中でも童話「蛙のゴム靴」は玉髄の形状を最も印象的にとらえた作
品です。

(略)

 このように、賢治は入道雲を玉髄に見立てています。

 玉髄は石英の微細結晶が無数に集まってできている多結晶集合体
です。縞が入ると瑪瑙(めのう)・(アゲート)と呼ばれ、縞がな
いものを玉髄(カルセドニー)と呼びます。

 結晶のしかたにより、鍾乳石状や腎臓状や仏頭状など、様々な形
をしています。そのでこぼこした形の玉髄を入道雲にたとえている
のは、さすが石好きの賢治です。

(略)

「陸中国挿秧之図」ではその表現を冒頭に持ってきて、

  ラルゴや青い雲翁やながれ
  玉髄焦げて盛りあがり
  風は苗代の緑の氈と
  はんの木の葉を輝やかし
  桐の花も咲き
  まるめろやりんごの鴇いろも燃える野原
   (「陸中国挿秧之図」より)

  と表現しています。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------


-〔春と修羅第二集(047)〕----------------------------------

「〔あちこちあをじろく接骨木が咲いて〕」「〔Largoや青い雲翁
やながれ〕」

------------------------------------------------------------
■「〔あちこちあをじろく接骨木が咲いて〕」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

三四〇
     〔あちこちあをじろく接骨木にはとこが咲いて〕
                    一九二五、五、二五、

あちこちあをじろく接骨木にはとこが咲いて
鬼ぐるみにもさはぐるみにも
青だの緑金だの
まばゆい巨きな房がかかった




そらでは春の爆鳴銀が
甘ったるいアルカリイオンを放散し
鷺やいろいろな鳥の紐が
ぎゅっぎゅっ乱れて通ってゆく




ぼんやりけぶる紫雲英の花簇と
茂らうとして
まづ赭く灼けた芽を出す桂の木

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

三四〇
                    一九二五、五、二五、

あちこちあをじろく接骨木にはとこが咲いて
鬼ぐるみにもさはぐるみにも
青だの緑金だの
まばゆい巨きな房がかかった





そらでは春の爆鳴銀が
甘ったるいアルカリイオンを放散し
鷺やいろいろな鳥の紐が
ぎゅっぎゅっ乱れて通ってゆく





ぼんやりけぶる紫雲英の花簇と
茂らうとして
まづ赭く灼けた芽を出す桂の木

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

三四〇
                    一九二五、五、二五、

あちこちあをじろく接骨木にはとこが咲いて
鬼ぐるみにもさはぐるみにも
青だの緑金だの
まばゆい巨きな房がかかった
    (あくたを燃やすと蹄も焼けば 老いたる耕者の
      はるかに忿る)
そらでは春の爆鳴銀が
甘ったるいアルカリイオンを放散し
鷺やいろいろな鳥の紐が
ぎゅっぎゅっ乱れて通ってゆく
    (塵を燃やすと蹄も焼けば 老いたる耕者のしづかに忿
     る)
ぼんやりけぶる紫雲英の花簇と
茂らうとして
まづ赭く灼けた芽を出す桂の木

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

                    一九二五、五、二五、

あちこちあをじろくにはとこが咲いて
さはぐるみにも
青だの緑金だの
まばゆい巨きな房がかかった

そらでは春の爆鳴銀が
甘ったるいアルカリイオンを放散し
鷺やいろいろな鳥の紐が
ぎゅっぎゅっ乱れて通って行く、

ぼんやりけぶる紫雲英の花簇と
茂らうとして
まづ赭く灼けた芽を出すかつらの木

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

三四〇
     瓔珞節
                    一九二五、五、二五、

にはとこが
月光いろに咲いたので
鬼ぐるみにも
まばゆい青や緑金や
瓔珞がみなかけられる

草を焼かうとして
馬か山羊かの蹄も焼けば 名誉村長わらってすぎる

そらでは春の爆鳴銀が
甘ったるいアルカリイオンを放散し
鷺やいろいろな鳥の紐が
ぎゅっぎゅっ乱れて通って行く

ぼんやりけぶる紫雲英の花簇と
茂らうとして
まづ赭く灼けた芽を出すかつらの木

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三四〇
     瓔珞節
                    一九二五、五、二五、

崖の上ではにはとこが
月光いろに咲き出すし
くるみの木には
まばゆい青や緑金や
瓔珞がみなかけられる

(悲しさが
 そのきゃらの樹の、
 尖った塔を刈り上げたり
 泉をきれいに畳んだりしたのだ)

そらでは春の爆鳴銀が
甘ったるいアルカリイオンを放散し
鷺やいろいろな鳥の紐が
ぎゅっぎゅっ乱れて通って行く

ぼんやりけぶる紫雲英の花簇と
茂らうとして、まづ赭く灼けた芽を出すかつらの樹

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三四〇
     瓔珞節
                    一九二五、五、二五、

にはとこが月光いろにさいたので、
鬼ぐるみにも瓔珞がかけられる

(悲しさが
 そのきゃらの樹の、
 尖った塔を刈り上げたのだ)

そらでは春の爆鳴銀が
甘ったるいアルカリイオンを放散し
鷺やいろいろな鳥の紐が
ぎゅっぎゅっ乱れて通って行く

ぼんやりけぶる紫雲英の花簇と
茂らうとしてまづ赭く灼けた芽を出すかつらの樹

------------------------------------------------------------
■「〔Largoや青い雲翁やながれ〕」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

三四五
     〔Largoや青い雲かげやながれ〕
                    一九二五、五、三一、

Largoや青い雲かげやながれ
くわりんの花もぼそぼそ暗く燃えたつころ
  延びあがるものあやしく曲り惑むもの
  あるひは青い蘿をまとふもの
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉にささやけば
馬は水けむりをひからかせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがる
   ……あまずっぱい風の脚
     あまずっぱいかぜの呪言……
かくこうひとつ啼きやめば
遠くではまたべつのかくこう
   ……畦はたびらこきむぽうげ
     また田植花くすんで赭いすいばの穂……
つかれ切って泥を一種の飴ともおもひ
水をぬるんだ汁ともおもひ
またたくさんの銅のラムプが
畔で燃えるとかんがへながら
またひとまはりひとまはり
鉛のいろの代を掻く
   ……たてがみを
     白い夕陽にみだす馬
     その親に肖たうなじを垂れて
     しばらく畦の草食ふ馬……
檜葉かげろへば
赤楊の木鋼のかゞみを吊し
こどもはこんどは悟空を気取り
黒い衣裳の両手をひろげ
またひとしきり燐酸をまく
   ……ひらめくひらめく水けむり
     はるかに遷る風の裾……
湿って桐の花が咲き
そらの玉髄しづかに焦げて盛りあがる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

三四五
                    一九二五、五、三一、

Largoや青い雲かげやながれ
くわりんの花もぼそぼそ暗く燃えたつころ、
  延びあがるものあやしく曲り惑むもの
  あるひは青い蘿をまとふもの
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉にさゝやけば
馬は水けむりをひからかせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがる
   ……あまずっぱい風の脚
     あまずっぱいかぜの呪言……
かくこうひとつ啼きやめば
遠くではまたべつのかくこう
   ……畦はたびらこきむぽうげ
     また田植花くすんで赭いすいばの穂……
つかれて切っては泥を一種の飴ともおもひ
水をぬるんだ汁ともおもひ
またたくさんの銅のラムプが
畔で燃えるとかんがへながら
もうひとまはり代を掻く
   ……たてがみを
     白い夕陽にみだす馬
     うなじを垂れて
     しばらく畦の草を食ふ馬……
檜葉かげろへば
赤楊の木鋼のかゞみを吊し
こどもはこんどは悟空気取りで
黒い衣裳の手をひろげ
またひとしきり燐酸をまく
   ……さっとひらめく水けむり
     はるかに遷る風の脚……
湿って桐の花が咲き
そらの玉髄しづかに焦げて盛りあがる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

三四五
     陸中国挿秧之図
                    一九二五、五、三一、

Largoや青い雲かげもながれ
鉛の水は稲田をわたり
くわりんの花もぼそぼそ暗く燃えあがるなかを
馬もゆききし
ひともうつつにうごいてゐる
  並木は松の黒緑の列
  延びあがるものあやしく曲り惑ふもの
  あるひは青い蘿をまとふもの
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉にさゝやけば
馬は水けむりをひからせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがる
   ……あまずっぱい風の脚
     あまずっぱいかぜの呪言……
小鳥は楢の林のなかにいて
豆やガラスがあらゆる穀粒をまきちらし
まんじゅう笠の集配人は
こゝろせはしく小径をかへる
   ……畦はたびらこきむぽうげ
     また田植花くすんで赭いすいばの穂……
東の山の襞ごとに
霧の火むらが燃えあがり
しばらく鳥も鳴きやめば
ひとはつかれて泥を一種の飴ともおもひ
水をぬるんだスープとおもひ
またたくさんの銅のラムプが
(一字不明)で燃えるとかんがへながら
もうひとまはり代を掻く
   ……たてがみを
     白い夕陽にみだす馬
     うなじを垂れて
     しばらく畦の草を食ふ馬……
檜葉かげろへば
赤楊の木鋼のかゞみを吊し
人はメフェストフェレス気取りで
黒い衣裳の手をひろげ
またひとしきり燐酸をまく
   ……さっとひらめく水けむり
     (一行不明)
     残りの夕陽をみだす馬……
湿って桐の花が咲き
そらの玉髄しづかに焦げて盛りあがる

------------------------------------------------------------
(「無名作家」掲載形 1927年12月1日)
------------------------------------------------------------

     陸中国挿秧之図
                         宮澤賢治

ラルゴや青い雲翁やながれ
玉髄焦げて盛りあがり
風は苗代の緑の氈と
はんの木の葉を輝やかし
桐の花も咲き
まるめろやりんごの鴇いろも燃える野原
馬もゆききし
ひともうつつにうごいてゐる
  つらなるもの
  あやしく踊り惑むもの
  あるいは青い蘿をまとうもの
馬は水けむりをひからかせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがる
   ……あまづつぽい風の脚
     あまづつぽいかぜの呪言……
鳥は林で銀やガラスやあらゆる穀粒を撒きちらし
畦畔はかびらこの花きむぽうげ
また田植花くすんで赭いすいばの穂
   ……山脈のいちいちの襞と縞とに
     まつ白な霧の火むらが燃えあがる
かくこうもしばらくうたひやみ
ひともつかれはゼラチンの菓子とかんがへ
水をぬるんだスープとおもひ
たくさんの黄金のラムプが
畔で光を発射するとおもひながら
もうひとまはり代を掻く
    ……たてがみを残りの夕陽に乱す馬
      こっちはやすみの
      うなじをたれて草を食ふ馬……
ろ葉かげろへば
赤楊の樹 銅のかがみを吊し
人はメフェストフェレス気取で
黒い衣裳の手をひろげ
夕陽の中に燐酸をまく
   ……影とコムパス
     せはしく光るゼラチン盤……
雲の羊毛にたちまち縮れて日をかくし
また行きすぎれば青々くらむ松並木

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三四五
     陸中の五月
                    一九二五、五、三一、

くわりんの花もぼそぼそ暗く燃えたてば
水は稲田をわたり
Largoや青い雲かげやながれ
玉髄焦げて盛りあがり
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉をうごかせば
桐の花が咲き(数文字不明)燃え(以下不明)
(数文字不明)ごの鴇(以下不明)
馬もゆききし
ひともうつつにうごいてゐる
  並木の松の黒緑の列
  あやしく曲り惑むもの
  あるひは青い蘿をまとふもの
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉にさゝやけば
馬は水けむりをひからせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがる
   ……あまずっぱい風の脚
     あまずっぱいかぜの呪言……
小鳥は楢の林のなかで
豆やガラスやあらゆる穀粒を撒きちらし
郵便の集配人は
所在なく小みちをかへる
畦はたびらこ きむぽうげ
また田植花くすんで赭いすいばの穂
  ……いま山脉の襞ごとに
    まっ白な霧があがって……
かくこうもしばらくうたひやみ
ひともつかれて泥を一種の飴とかんがへ
水をぬるんだスープとおもひ
またたくさんの銅のラムプが、
畦で燃えるとかんがへながら
もうひとまはり代を掻く
   ……たてがみを白い夕陽にみだす馬
     しばし畦の草を食ふ馬……
檜葉かげろへば
赤楊の木鋼のかゞみを吊し
人はメフェストフェレス気取りで
黒い衣裳の手をひろげ
またひとしきり燐酸をまく
   ……さっとひらめく水けむり
     たてがみを残りの夕陽をみだす馬……
湿って桐の花が咲き
そらの玉髄しづかに焦げて盛りあがる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三四五
     陸中国挿秧之図
                    一九二五、五、三一、

Largoや青い雲かげやながれ
玉髄焦げて盛りあがり
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉をうごかせば
桐の花が咲き(数文字不明)燃え(以下不明)
(数文字不明)ごの鴇(以下不明)
馬もゆききし
ひともうつつにうごいてゐる
  つらなるもの
  あやしく踊りり惑むもの
  あるひは青い蘿をまとふもの
馬は水けむりをひからせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがり
   ……あまずっぱい風の脚
     あまずっぱいかぜの呪言……
鳥は林で
銀やガラスやあらゆる穀粒を撒きちらし
畦畔はたびらこの花 きむぽうげ
また田植花くすんで赭いすかんぽの穂
  ……暗む山脉のいちいちの襞と縞とに
    純白な霧の火むらが燃えあがる……
かくこうもしばらくうたひやみ
ひともつかれては泥をゼラチンの菓子とかんがへ
水をぬるんだスープと感じ
たくさんの黄金のラムプが、
畦で光を発射するとおもひながら
もうひとまはり代を掻く
   ……たてがみを、残りの夕陽にみだす馬
     (約十五字不明)草を食む馬……
檜葉か(二字不明)へば
赤楊の木鋼のかゞみを吊し
人はメフェストフェレス気取りで
黒い衣裳の手をひろげ
夕陽に過燐酸をまけば
   ……影とコムパス(数文字不明)ゼラチン盤……
雲の羊毛たちまち縮れて日輪をかくし
また行きすぎては青々くらむ松並木

大正十四、北斎描く陸中国の見取図である

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(074)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「〔このみちの醸すがごとく〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

     〔このみちの醸すがごとく〕

このみちの醸すがごとく
栗葉などひかりいでしは
ひがしなる山彙の上に
黄なる月いざよへるなり

夏の草山とになひて
やうやくに人ら帰るを
なにをかもわがかなしまん
すゝきの葉露をおとせり

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

このみちの醸すがごとく
すゝきなどひかりいでしは
ひがしなる山彙の上に
黄なる月いざよへるなり

なにをかもわがかなしまん
すゝきの葉露をおとせり

夏の草山とになひて
いましひと帰りきたるを

------------------------------------------------------------
(下書稿2断片)
------------------------------------------------------------

草を山と負ひて帰りくる
みちあかるく月出づ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

このみちのいつともしらね
ほのあかりかもしいでしは
たゞなづく高原の上に
黄なる月いざよへるなり

露吐けるすゝきのむらと
絶え絶えの虫のすだきに
いまをかも人らいこはん
をちこちの夕げのけむり。

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

南なる黒野の上に
蝎の座おほらかに這ひ
きみが居るうしろの峯は
いま西の山なみのなか

まことなる誓ひをなして
重きせめ負ふわれなれば
ひとづまとなるらんきみを
おもはんははや道ならず

このみちのほのにあかるく
すゝきいまうちひらめくは
東なる山地の上に
銅いろの月ぞ出でたる

をちこちの家のむねより
青じろくけぶりたてるは
ひとびとの野良をかへりて
いまをかも飯かしぐらし

すゝきみな露をうち吐き
なきいづる虫の音もあり

--〔後記〕--------------------------------------------------

 今週は寒かったようですが、このところずっと家の中なので、あ
まり影響はないと思っていたら、ちょっと冷えて体調が悪くなって
しまいました。

 でも、来週からは暖かくなりそうで、桜の花も咲き出しそうです。
そういえばネフローゼで入院した年も、昨年の手術前後の入院も、
ちょうど桜の季節でした。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--994号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/