-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第991号--2018.02.17------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(44)」「製炭小屋」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「〔風が吹き風が吹き〕」「清明どきの駅長」
------------------------------------------------------------

 今回は1925年4月20日、21日の日付を持つ二篇です。

 「〔風が吹き風が吹き〕」の方は花巻地方独特の西風が吹いてい
る情景と思います。

 以前、花巻空港で強風のため着陸に失敗した事故がありましたが、
私も一度、なかなか着陸できずに怖い思いをしたことがあります。

 二度、「タッチアンドゴー」を繰り返し、三度目にようやく着陸
しましたが、なかなか怖かったです。

 冬の季節風は東北では西風になるのですが、花巻は地形の関係で
より強く西風が吹くらしいです。

 この詩は元の題名を「風と木」としており、風に煽られるはんの
木を見ています。

塩をたくさんたべ
水をたくさん呑み

 というリフレインが出てきますが、これはどうも農民の生活を考
えていたように思います。

 ちょうどこの頃、こんな手紙を書いているのです。
 
--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

[205] 1925年4月13日 杉山芳松あて 封書

(表)樺太真岡郡清水村逢坂 王子事業所内 杉山芳松様
(裏)四月十三日 岩手県花巻農学校 宮沢賢治(封印)〆

お手紙寔にうれしく拝誦いたしました。いつもご無沙汰ばかりでほ
んたうに済みません。樺太は今年は未曽有の風雪であるなど新聞で
見たりしていろいろ心配して居りました。こゝらも今年は春が遅く
今日あたりやっと野原の雪が消えたばかりです。内地はいま非常な
不景気です。今年の卒業生はもちろん古い人たちや大学あたりの人
たちまでずゐぶん困る人も多いやうです。仕事もずゐぶん辛いでせ
うが、どうかお身体を大切に若いうちにしっかりした一生の基礎を
つくって下さい。わたくしもいつまでも中ぶらりんの教師など生温
いことをしてゐるわけに行きませんから多分は来春はやめてもう本
統の百姓になります。そして小さな農民劇団を利害なしに創ったり
したいと思ふのです。

もしあなたがほんたうに成功ができるなら、それはあなたの誠意と
人を信ずる正しい性質、あなたの巨きな努力によるのです。これか
らはもうわたくしが手紙を二通書いたとか、友だちに頼んだとかそ
んな安っぽいことを恩に着てゐるやうには考へずに、明るく気持ち
よく友だち付合ひをして下さい。

いつかお話だったお守りを亦二通お送りいたします。どうかどなた
かほんたうにそれのなければならない人へあげて下さい。

   四月十三日

杉山芳松様

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

「来春はやめてもう本統の百姓になります。」

 この言葉どおり、翌年には農学校を退職し、農耕生活に入ります。

 「清明どきの駅長」の方は汽車の駅で書いていますが、いつもの
ように岩手軽便鉄道の花巻駅なのでしょうか。

 「六列展く電柱列に」とあって、電柱がたくさんあるようなので、
東北本線花巻駅なのかもしれません。双方隣接していますしね。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

季語:慈悲心鳥
http://kigosai.sub.jp/kigo500b/288.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

慈悲心鳥/じひしんちょう/じひしんてう

十一

 ホトトギス科の十一の古名。自身では巣を作らず、コルリ、オオ
ルリ、ルリビタキ等に託卵する。

 慈悲心鳥、十一、の名は鳴声が「ジヒシン」「ジュウイチ」と聞
こえる事に由来する。        

蚊も喰はで慈悲心鳥の鳴く音かな 闌更   「半化坊発句集」
慈悲心鳥おのが木魂に隠れけり  前田普羅 「新訂普羅句集」
慈悲心鳥鳴く天領の夜明かな   吉田冬葉 「霧笛」

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(044)〕----------------------------------

「〔風が吹き風が吹き〕」「清明どきの駅長」

------------------------------------------------------------
■「〔風が吹き風が吹き〕」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

三二六
     〔風が吹き風が吹き〕
                    一九二五、四、二〇、

風が吹き風が吹き
残りの雪にも風が吹き
猫の眼をした神学士にも風が吹き
吹き吹き西の風が吹き
はんの木の房踊る踊る
偏光! 斜方錐! トランペット!
はんの木の花ゆれるゆれる
吹き吹き西の風が吹き
青い鉛筆にも風が吹き
かへりみられず棄てられた
頌歌訳詞のその憤懣にも風が吹き
はんの木の花おどるおどる
     (塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み
      塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み)
  東は青い銅のけむりと
  いちれつひかる雪の乱弾
吹き吹き西の風が吹き
レンズ! ヂーワン! グレープショット!
はんの雄花はこんどはしばらく振子になる

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

三二六
     風と木
                    一九二五、四、二〇、

風が吹き風が吹き
残りの雪にも風が吹き
猫の眼をした神学士にも風が吹き
吹き吹き西の風が吹き
はんの木の房踊る踊る
偏光! 斜方錐! トランペット!
はんの木の花ゆれるゆれる
吹いて吹いて、風が吹いて吹いて
青い鉛筆にも風が吹き
かへりみられず置き棄てられた、
頌歌訳詞のその憤懣にも風が吹いて
はんの木の花おどるおどる
     (塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み
      塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み……)
東は青い銅のけむりと、
たちまち巻雲日を過ぎて
貝の型した雲の乱弾
また風が吹き風が吹き、……ゆすぶるゆすぶる褐の房……
吹き吹き西の風が吹き
レンズ! ヂーワン! グレープショット!
はんの雄花はこんどはしばらく振子になる

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

三二六
     風と木
                    一九二五、四、二〇、

風が吹き風が吹き
残りの雪にも風が吹き
猫の眼をした神学士にも風が吹き
風が吹き風が吹き
吹き吹き西の風が吹き
はんの木の房踊る踊る
偏光! 斜方錐! トランペット!
はんの木の花ゆれるゆれる
風が吹き風が吹き
青い鉛筆にも風が吹き
かへりみられず棄てられた
頌歌訳詞のその憤懣にも風が吹き
はんの木の花おどるおどる
     (塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み
      塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み……)
東は青い山地のけむり
いちれつのぼるのろしの雲や、
また風が吹き風が吹き、……ゆすぶるゆすぶる褐の房……
吹き吹き西の風が吹き
レンズ! ヂーワン! グレープショット!
はんの雄花はこんどはしばらく振子になる

------------------------------------------------------------
(下書稿2)
------------------------------------------------------------

※元の用紙から切り取られて、下書稿3に組み込まれている。(略)

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三二六
     風と木
                    一九二五、四、二〇、

風が吹き風が吹き
残りの雪にも風が吹き
猫の眼をした神学士にも風が吹き
かへりみられず棄てられた戯曲の憤懣にも風が吹き
風が吹き風が吹き
吹き吹き西の風が吹き
はんの木の房踊る踊る
偏光! 斜方錐! トランペット!
はんの木の花踊る踊る
風が吹き風が吹き
青い鉛筆にも風が吹き
かへりみられず棄てられた
詩の憤懣にも風が吹き
はんの木の花おどるおどる
     (塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み
      塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み……)
日はいま天の焦点を過ぎ
東は青いシガーのけむり
いちれつのぼるのろしの雲や
土耳古玉いろの天末を
またそろそろと風が吹き
風が吹き風が吹き
吹き吹き西の風が吹き
はんの毬果はゆれるゆれる
レンズ、ヂーワン、グレープショット!
はんの雄花はこんどはしばらく振子になる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三二六
     風と木
                    一九二五、四、二〇、

西風が吹き西風が吹き
青い鉛筆にも風が吹き
かへりみられず棄てられた戯曲の憤懣にも風が吹き
風が吹き風が吹き
はんの木の房踊る踊る
偏光! 斜方錐! トランペット!
はんの木の花踊る踊る
西風が吹き西風が吹き
残りの雪にも風が吹き
猫の眼をした
おとなしい 神学士にも風が吹き
はんの木の花おどるおどる
     (塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み
      塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み……)
東は青いシガーのけむり
つづけてのぼるのろしの雲や
また風が吹き風が吹き
えだいちめんにゆすぶるゆすぶる褐の房
巻雲は天の焦点を過ぎ
三つ残った黒い毬果を
また風が吹き西風が吹き出し
西風が吹き
はんの雄花はこんどはしばらく振子になる

------------------------------------------------------------
■「清明どきの駅長」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

三二七
     清明どきの駅長
                    一九二五、四、二一、

こごりになった古いひばだの
盛りあがった松ばやしだの
いちどにさあっと青くかはる
かういふ清明どきはです
線路の砂利から紅い煉瓦のラムプ小屋から
いぢけてひくい防雪林の杉並あたり
かげらふがもうたゞぎらぎらと湧きまして
沼気や酸を洗ふのです
  ……手袋はやぶけ
    肺臓はロヂウムから代填される……
また紺青の地平線から
六列展く電柱列に
碍子がごろごろ鳴りますと
汽車は触媒の白金を噴いて
線路に沿った黄いろな草地のカーペットを
ぶすぶす青く焼き込みながら
なかを走ってくるのです

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

三二七
     清明どきの駅長
                    一九二五、四、二一、

こごりになった古いひばだの
盛りあがった松ばやしだの
いちどにさあっと青くかはる
かういふ清明どきはです
線路の砂利から紅い煉瓦のラムプ小屋から
いぢけて矮い防雪林の杉並あたり
ぎらぎらひかるかげらふが
沼気や酸を洗ふのです
  ……手袋はやぶけ
    肺臓はロヂウムから代填される……
また紺青の地平線から
六列展く電柱列に
碍子がごろごろ鳴りますと
踏切を行く厩肥つけ馬は
峰かとおもってたいへん急ぎ
汽車は触媒の白金を噴いて
線路に沿った黄いろな草地のカーペットを
ぶすぶす青く(数文字不明)込みまして
ことしの禾草に加里と燐とをやりながら
なかを走ってくるのです

------------------------------------------------------------
(下書稿2)
------------------------------------------------------------

※元の用紙から切り取られて、下書稿3に組み込まれている。(略)

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三二七
     清明どきの駅長
                    一九二五、四、二一、

こごりになった古いひばだの
盛りあがった松ばやしだの
いちどにさあっと青くかはる
かういふ清明どきはです
線路の砂利から紅い煉瓦のラムプ小屋から
いぢけてひくい防雪林の杉並あたり
ぎらぎらひかるかげらふが
雪でたまった沼気や酸を
せはしくせはしく掃くのです
  ……手袋はやぶけ
    肺臓はロヂウムから代填される……
また紺青の地平線から
六列展く春のグランド電柱に
青くわななく金属線が渡されて
碍子もみんなごろごろ鳴れば
馬はそいつを蜂かと思ひ
汽車は触媒の白金を噴いて
線路に沿った黄いろな草地のリボンを燃やし
ことしの禾草に加里と燐とをやりながら
なかを走ってくるのです

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三二七
     清明どきの停車場
                    一九二五、四、二一、

古いひばだの
盛りあがった松ばやしだの
いちどにさあっと青くかはる
かういふ清明どきにです
線路の砂利から紅い煉瓦のラムプ小屋から
黝くいぢけた防雪林の杉並あたり
ぎらぎらひかる(数文字不明)
せはしくせはしくめぐるのです
  ……手袋はやぶけ
    肺臓はロヂウムから代填される……
六列展く春のグランド電柱に
(三字不明)わななく(二字不明)線が張り渡されて
オランダ風の浮絵をつくり
汽車が触媒の白金を噴いて
黄いろな沿線の草地を燃やし
ことしの禾草に加里と燐とをやりながら
なかを走ってくるのです

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(071)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「製炭小屋」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

     製炭小屋

もろの崖より たゆみなく
朽ち石まろぶ 黒夜谷
鳴きどよもせば 慈悲心鳥じふいち
われにはつらき 睡りかな

榾組み直し ものおもひ
ものうちおもひ 榾組みて
はやくも東 谷のはて
雲にも朱の 色立ちぬ

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

     製炭小屋

もろの崖より たゆみなく
朽ち石まろぶ それだにも
鳴きどよもせば 慈悲心鳥じふいち
呼子鳥とも すさまじく
崖は夜すがら 朽ち石の
まろがる音ぞ すさまじき

痛きうちみを いくたびぞ
榾組み直し 鳥負ひて
はやくも東 谷のはて
雲にあしたの 色立ちぬ

------------------------------------------------------------
(下書稿2)
------------------------------------------------------------

「よべはかの慈悲心鳥じふいちの族
 よもすがらけたゝましきに
 このひごろ痛むうちみの
 いかにともなれとおもひし」

ぜんまいの茂みは黒く
花咲ける藪はほのかに
焼石の峯をかすむる
いくひらのしろがねの雲

「立ちいでて鳥をおどかし
 からくまたねむるとすれば
 崖よりぞ朽ちし石かけ
 ひまもなくまろび落ちしか」



瞳赤くうちすかしつゝ
老のそまかなしく云ひぬ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

木炭窯の火をうちけしみ
花白き藪をめぐりて
面痩せしその老のそま
たそがれを帰り来りぬ

ぜんまいの茂みの群も
いま黒くうち昏れにつゝ
焼石の峯をかすむる
いくひらのしろがねの雲

「よべはかの慈悲心鳥じふいちの族
よもすがら火をめぐり鳴き
崖よりは朽ちし石かけ
ひまもなくまろび落ちにき」

とろとろと赤き火を燃し
まくろなる樺の梢に
まみ赤くうち仰ぎつゝ
老のそま かなしく云ひぬ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

木炭窯の火をうちけしみ
花白き藪をめぐりて
面痩せしその老のそま
たそがれを帰り来りぬ

「よべはかの慈悲心鳥じふいちの族
よもすがら火をめぐり鳴き
崖よりは朽ちし石かけ
ひまもなくまろび落ちにき」

ぜんまいの茂みの群も
いま黒くうち昏れにつゝ
焼石の峯をかすむる
いくひらのしろがねの雲

「いま妻も子もかれがれに
サガレンや 夷ぞにさまよひ
われはかも この谷にして
いたつきと 死を待つのみ」

とろとろと赤き火を燃し
まくろなる樺や柏に
まみ赤くうち仰ぎつゝ
老のそま かなしく云ひぬ

--〔後記〕--------------------------------------------------

 「製炭小屋」に出てくる「慈悲心鳥」というのは知りませんでし
た。「じふいち」という不思議なルビがふられていますが、「十一」
とも書くそうで、今なら「じゅういち」になるそうです。

 この詩を最初に入力したのはもう20年近く前のことですが、自
分で入力しながら、不思議に思わなかったのか、それとも当時は調
べたが忘れてしまっていたのか?

 こういうあたり、「年齢」のことも考えてしまいます。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--991号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/