-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第988号--2018.01.27------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(41)」「祭日〔二〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「〔硫黄いろした天球を〕」「〔そのとき嫁いだ妹に云ふ〕」
------------------------------------------------------------

 今回は1925年4月2日の二篇です。この日付の詩は全部で四つあ
り、残りの二篇は次回に掲載します。

 この日は木曜日ですが、春休み中ということで、賢治は岩手軽便
鉄道に乗って出掛けたようです。

 最初の詩「〔硫黄いろした天球を〕」では、「おもちゃのやうな
小さな汽車は」「東の青い古生山地に出発する」とあります。まさ
に軽便鉄道の汽車が出発するところです。

 花巻市内には「電車」が走っていましたが、郊外を走る軽便鉄道
は「汽車」だったのですね。

 また、出発というと早朝のことのようですが、このときは「日は
群青の山に落ち」と夕暮れ時から出掛けたようです。他の乗客は仕
事を終えて帰宅する人たちのようです。

 この詩は元の題は「天球図」というもので、「琥珀いろした天球」
を意識しています。昨年の賢治学会で発表された、「銀河鉄道は天
球儀上の仮想地平を走る」という命題も想起されるところです。

 次の「〔そのとき嫁いだ妹に云ふ〕」の「妹」は結婚してはいる
が宮沢家に同居していた妹シゲのことです。(最近彼女の書いた本
が出版されました。)

 この詩の元の題は「農民劇団」となっていて、このときの旅の目
的と関係があるのかもしれません。

 また詩の中に「達曾部川の鉄橋」が出てきます。今は岩根橋と呼
ばれて、コンクリート作りの橋になっていますが、昔の鉄橋をその
まま残して、コンクリートで包んだものだそうです。

 何かの用で夜の遠野方面に出掛け、このあたりの風景を見て帰っ
たことは、「銀河鉄道の夜」と関係がありそうで、今もこの岩根橋
や近くの宮守川にかかる「めがね橋」を見に来る人がたくさんいま
す。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

プレアデス星団(すばる)
http://www.gregorius.jp/presentation/page_75.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■プレアデス星団の位置

 プレアデス星団(M45)は、おうし座の「雄牛の首」のあたりに
位置する散開星団です。地球からの距離は約400光年、実直径は約
12光年、視直径は約110分(満月の約3.7倍)とされます。

 漢名では「昴(ぼう)」、和名では「すばる」と呼ばれます。比
較的近距離にある散開星団であるため、肉眼でも輝く五個から七個
の星の集まりを見ることができます。狭い範囲に小さな星が密集し
た特異な景観を呈しており、このため昔から多くの記録に登場し、
各民族で星座神話が作られてきました。

 なお、おうし座の「雄牛の顔」のあたりにはもう一つの散開星団
であるヒアデス星団が位置しています。ギリシア神話では、ヒアデ
スは巨人アトラスとアエトラの間に生まれた七人姉妹とされており、
プレアデスの七人姉妹とは異母姉妹の関係にあります。

■プレアデス星団の景観

 画像は、プレアデス星団の着色合成画像です。プレアデス星団は、
約6000万〜1億歳とされる年齢の若い青白い高温の星の集団です。
核融合の速度が速いため、寿命は比較的短いと予想されています。

 星団を構成する星の周囲には青白く輝くガスが広がっています。
これは、星々とはもともと関係のない星間ガスが、星団の光を反射
しているためです。

■ギリシア神話のプレアデス(一)

 ギリシア神話においてプレアデス(プレイアデス)は、ティタン
族のアトラスと、海のニュムペであるプレイオネとの間に生まれた
七人姉妹です。

マイア:七姉妹の長女。ゼウスの子ヘルメスの母

エレクトラ:ゼウスの子ダルダノスとイアシオンの母

タイゲタ:ゼウスの子ラケダイモンの母

アルキオネ:ポセイドンの子ヒュリエウスの母

ケラエノ:ポセイドンの子リュコスとエウリュピュロスの母

アステローペ:アレスの子オイノマオスの母

メローペ:七姉妹の末妹。人間であるシシュポスと結婚して不死性
を喪失

 プレアデス星団で特に明るく輝いているのは、六つの星だけだと
されます。七つ目の輝きの鈍い星は、人間と交わったことを恥じる
メローペであるとも、ダルダノスの死を悼むエレクトラであるとも、
また、アステローペであるともいわれます。

■ギリシア神話のプレアデス(二)

 姉妹の父であるアトラスが天を背負う役目を負わされた後、オリ
オンがプレアデス全員を追いかけ回すようになります。ゼウスは彼
女らを、初めはハトに、ついでその父を慰められるよう星に変えま
す。オリオン座はいまだプレアデス星団を追って夜空を回っている
とされます。

 プレアデスは主に冬の星であり、古代の農業暦において非常に大
きな役割を果たしていました。古代ギリシアの詩人ヘシオドスは叙
事詩『仕事と日』の中で「そして、もし嵐の海を渡ろうという望み
がおまえを捕らえたとしても、プレアデスが強大なオリオンを避け
て深い霧の奥に潜り、激しい風が荒れ狂うなら、おまえの船を暗紅
色の海に出してはならない。そうではなく、私の言葉のとおり、忘
れずに地を耕すのだ」と語っています。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

毘沙門天王護世者、陀羅尼を説かん 【陀羅尼品第二十六】
https://jouan167.jimdo.com/buddha0526/

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 爾の時に毘沙門天王護世者、佛に白して言さく、世尊、我亦衆生
を愍念し、此の法師を擁護せんが爲の故に、是の陀羅尼を説かん。
即ち呪を説いて曰さく

阿梨 那梨 莵那梨 阿那盧 那履 狗那履

 世尊、是の神呪を以て法師を擁護せん。我亦自ら當に是の經を持
たん者を擁護して、百由旬の内に諸の衰患なからしむべし。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------


-〔春と修羅第二集(041)〕----------------------------------

「〔硫黄いろした天球を〕」「〔そのとき嫁いだ妹に云ふ〕」

------------------------------------------------------------
■「〔硫黄いろした天球を〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿3)
------------------------------------------------------------

五〇四
     〔硫黄いろした天球を〕
                     一九二五、四、二、

硫黄いろした天球を
煤けた雲がいくきれか翔け
肥料倉庫の亜鉛の屋根で
鳥がするどくひるがへる
最后に湿った真鍮を
二きれ投げて日は沈み
おもちゃのやうな小さな汽車は
教師や技手を四五人乗せて
東の青い古生山地に出発する
  ……大豆まめの玉負ふその人に
    希臘古聖のすがたあり……
積まれて酸える枕木や
けむりのなかの赤いシグナル

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

五〇四
     天球図
                     一九二五、四、二、

琥珀いろした天球を
煤けた雲がいくきれか翔け
肥料倉庫の亜鉛の屋根で
鳥がするどくひるがへる
  ……風と羽とのそのほのじろいラヴバイト……
最后に湿った真鍮を
二きれ投げて日は群青の山に落ち
おもちゃのやうな小さな汽車は
その一一の峡谷の つましい妻に帰って行く
教師や技手を四五人乗せて、
東の青い古生山地に出発する
  ……木炭をになへるその人に
    希臘古聖のすがたあり……
積まれて酸える枕木や
けむりのなかの赤いシグナル

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

五〇四
     天球図
                     一九二五、四、二、

ビールいろの天球を
煤けた雲がいくきれか翔け
肥料倉庫の亜鉛の屋根を
鳥が矢形にひるがへる
  ……風と羽とのそのほのじろいラヴバイト……
最后に湿った真鍮を
二きれ投げて日は群青の山に落ち
おもちゃのやうな小さな汽車は
わづかな青いけむりを吐いて
その一一の峡谷の つましい妻をかんがへてゐる
幾人かの教師や技手を乗せて、
東の青い古生山地に出発する
  ……木炭をになへるその人に
    希臘古聖のすがたあり……
積まれて酸える枕木や
けむりのなかの赤いシグナル

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

五〇四
     天球図
                     一九二五、四、二、

黄いろに澱む春の天球を
幾流の黒雲が乱れてながれ
積まれて酸える枕木や
あわただしい植民小屋の屋根の上に
鳥は矢羽根のかたちをなしてひるがへり
  ……風と羽とのそのほのじろい 戯噛ラヴバイト……
おしまひのしめった古金の二きれを残して
陽は山脉の上のつめたい巻層雲に陥ち
その一一の峡谷のつつましい妻を考へてゐる、
数人の教師や役人をのせて
小さな汽車はいま暮れかゝる古生山地に出発する
  ……村農希臘古聖のごとく面皺み……
いよよ潜まるアラゴナイトの天椀を
いくむらよぎる黒雲の列

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

五〇四
     天球図
                     一九二五、四、二、

黄いろに澱む春の天球を
幾流の黒雲が乱れてながれ
積まれて酸える枕木や
あわただしい植民小屋の屋根の上に
鳥は矢羽根のかたちをなしてひるがへり
  ……風と羽とのそのほのじろい Love-bite……
おしまひのしめった古金の二きれを残して
陽は山脉の上のつめたい巻層雲に陥ち
そのつつましい恋びとのことを考へながら
小さな汽車は暮れかゝる古生山地に出発する
  ……村農ソークラテースのごとくに面皺み……
いよよ潜まるアラゴナイトの天椀を
いくむらよぎる黒雲の列

------------------------------------------------------------
■「〔そのとき嫁いだ妹に云ふ〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

五〇六
     〔そのとき嫁いだ妹に云ふ〕
                     一九二五、四、二、

そのとき嫁いだ妹に云ふ
十三もある昴の星を
汗に眼を蝕まれ
あるひは五つや七つと数へ
或ひは一つの雲と見る
老いた野原の師父たちのため
老いと病ひになげいては
その子と孫にあざけられ
死にの床では誰ひとり
たゞ安らかにその道を
行けと云はれぬ嫗のために
  ……水音とホップのかほり
    青ぐらい峡の月光……
おまへのいまだに頑是なく
赤い毛糸のはっぴを着せた
まなこつぶらな童子をば
舞台の雪と青いあかりにしばらく借せと
  ……ほのかにしろい並列は
    達曾部川の鉄橋の脚……
そこではしづかにこの国の
古い和讃の海が鳴り
地蔵菩薩はそのかみの、
母の死による発心を、
眉やはらかに物がたり
孝子は誨へられたるやうに
無心に両手を合すであらう
     (菩薩威霊を仮したまへ)
ぎざぎざの黒い崖から
雪融の水が崩れ落ち
種山あたり雲の蛍光
雪か風かの変質が
その高原のしづかな頂部で行はれる
  ……まなこつぶらな童子をば
    しばらくわれに借せといふ……
いまシグナルの暗い青燈

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

五〇六
                     一九二五、四、二、

そのとき嫁いだ妹に云ふ
十三もある昴の星を
汗に眼を蝕まれ
あるひは五つや七つと数へ
或ひは一つの雲と見る
老いた野原の師父たちのため
  ……水音とホップのかほり
    青ぐらい峡の月光……
おまへのいまだに頑是なく
赤い毛糸のはっぴを着せた
まなこつぶらな童子をば
舞台の雪と青いあかりにしばらく借せと
  ……ほのかにしろい並列は
    達曾部川の鉄橋の脚……
そこではしづかにこの国の
古い和讃の海が鳴り
孝子は誨へられたるやうに
無心に両手を合すであらう
     (菩薩威霊を仮したまへ)
ぎざぎざの黒い崖から
雪融の水が崩れ落ち
種山あたり雲の蛍光
雪か風かの変質が
その高原のしづかな頂部で行はれる
  ……まなこつぶらな童子をば
    しばらくわれに借せといふ……
いまシグナルの暗い青燈

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

五〇六
     農民劇団
                     一九二五、四、二、

そのときわたくしは嫁いだ妹に云ふ
十三もある昴の星を
あるひは五つか七つと数へ 或ひはひとつの雲と見る
老いた野原の師父たちのため
      ……水音とホップのかほり
        青ぐらい峡の月光……
おまへのいまだに頑是なく
赤い毛糸のはっぴを着せたまなこつぶらな童子をば
わたしの素朴な舞台の雪と青いあかりのなかに借せ
      ……あのほのじろい並列は
        達曾部川の鉄橋の脚……
そこではしづかにこの国の
古い和讃の海が鳴り
孝子は誨へられたるやうに
無心に両手を合すであらう
さしわたくしは妹に云ふ
      ……菩薩威霊を借したまへ……
ぎざぎざの黒い崖から
雪解の水が崩れ落ち
種山あたり雲の蛍光
雪か風かの変質が その高原のしづかな頂部で行はれる
      ……まなこつぶらな童子をば
        しばらくわれに貸せといふ……
いまシグナルの暗い青燈

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

五〇六
     農民劇団
                     一九二五、四、二、

そのときわたくしは嫁いだ妹に云ふ
十三もある昴の星を
汗に眼を蝕まれ 風にこゝろを労らしためか
わづか五つと七つとに見る
この国の老いた野原の人たちのために
      ……水音とホップのかほり
        青ぐらい峡の月光……
おまへのいまだに頑是なく
赤い毛糸のはっぴを着せた童子をば
舞台の雪の照明のなかに借せ
      ……谷の窪みのそのほのじろい並列は
        達曾部川の鉄橋の脚……
そこではしづかにこの国の
古い和讃の海が鳴り
孝子は誨へられたるごとく
無心に両手を合すであらう
      ……菩薩威霊を借したまへ……
ぎざぎざの黒いきりぎしから
雪解の泉が崩れ落ち
種山あたり雲の蛍光
雪か風かの変質が その高原のしづかな頂部で行はれる
      ……まなこつぶらな童子をば
        しばらくわれに貸せといふ……
いまシグナルの暗い青燈

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(068)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「祭日〔二〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     祭日〔二〕

アナロナビクナビ 睡たく桐咲きて
峡に瘧のやまひつたはる

ナビクナビアリナリ 赤き幡もちて
草の峠を越ゆる母たち

ナリトナリアナロ 御堂のうすあかり
毘沙門像に味噌たてまつる

アナロナビクナビ 踏まるゝ天の邪鬼
四方につゝどり鳴きどよむなり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

     祭日

アナロナビクナビ 木の芽はほころびて
楊の絮は ひかり飛ぶ
をちこち 山の畑には
睡たく桐の 花咲けり

ナビクナビアリナリ 児らをせなに負ひ
赤とうこんの 幡もちて
草の峠や 水無し谷
越えぞわづらふ 母の群

ナリトナリアナロ 御堂のうすあかり
毘沙門像のおんすねに
味噌塗りまつりおん手形
いたゞきさすりおろがみぬ

アナロナビクナビ 踏まるゝ天の邪鬼
黄金の目玉をやるせなみ
堂を出づれば 風ぬるみ
つゝどり四方に 鳴けりけり

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

     祭日

アナロナビ、クナビ 木の芽は膨らみて
    楊の絮はとびひかり
    をちこち山の畑には
    睡たく桐の花咲けり

ナビクナビアリナリ 児らをせなに負ひ
    赤とうこんのはたもちて
    草の峠や水無し谷
    越えぞわづらふ母の群

ナリトナリアナロ 御堂のうすあかり
 毘沙門像のおんすねに
 味噌塗りまつりおん手形
 みうちさすりておろがみぬ

アナロナビクナビ ふまるゝ天の邪鬼
 金の目玉のやるせなみ
 堂をいづれば風ぬるみ
 つゝどり四方にどよみけり

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

     祭日

アナロナビ、クナビ 木の芽は膨らみて
    楊の絮はとびひかり
    をちこち山の畑には
    睡たく桐の花咲けり

ナビクナビアリナリ 児らをせなにして
    赤とうこんのはたもちて
    草の峠や水無し谷
    越えもて行くや母の群

ナリトナリアナロ 御堂のうすあかり
 毘沙門像のおんすねに
 味噌塗りまつりおん手形
 みうちさすりておろがみぬ

アナロナビクナビ ふまるゝ天の邪鬼
 金の目玉のやるせなみ
 堂をいづれば風ぬるみ
 つゝどり四方にどよもせり

--〔後記〕--------------------------------------------------

 今回の文語詩「祭日〔二〕」は、題としては「祭日」なのですが、
もう一つ同じ題名の作品があるため、全集ではこう表記されていま
す。

 法華経に出てくる毘沙門天の陀羅尼は上でも引用しましたが、こ
んなものです。

阿梨 那梨 莵那梨 阿那盧 那履 狗那履
アリ ナリ トナリ アナロ ナビ クナビ

 この陀羅尼をぐるぐる回して読んでいます。坂上田村麻呂の時代
から東北に伝わる毘沙門信仰を描いて、賢治の全作品の中でも特に
優れたものと思っています。

 ずっと文語詩を紹介してきて、やっとここまで来た、という感じ
です。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--988号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/