-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第987号--2018.01.20------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(40)」「釜石よりの帰り」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「〔暮れちかい 吹雪の底の店さきに〕」「奏鳴的説明」
------------------------------------------------------------

 前回に続いて、2月15日の残り二篇です。

 「〔暮れちかい 吹雪の底の店さきに〕」は題名が「魚舗」→
「魚商」→「四聖諦」と変化していって、最後に題名がなくなって
います。

 家鴨や鮫の肉を売っている店を題材にしているので、最初の方の
題名はわかるのですが、「四聖諦」というのはよくわかりません。

 もちろん、仏教用語で、賢治はそれなりの意味を込めて書いたの
だとは思いますが。

 「奏鳴的説明」の方も題名が「図 四一九号」→「映画劇「ベー
リング鉄道」序詞」→「ある幻燈序詞」→「奏鳴的説明」と変わっ
ています。

 何か映像的な試みを考えていたということなのでしょう。

 また、この詩は「盛岡中学校校友会雑誌」に「奏鳴四一九」とい
う題名で掲載されていません。

 他の詩とは違って作品番号が強く意識されていますが、この数字
に何か思うところがあったのかもしれませんね。

 ということで、2月の吹雪の中の小旅行での作品はここまでです。
最後の作品に「ロブノール」が出てくるあたり、なんだか西域にま
で行ってきたかのごとくです。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

■四聖諦(ししょうたい)とは?
http://true-buddhism.com/teachings/fournobletruths/

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 四聖諦の4つの真理とは、苦しみの原因と結果、幸せの原因と結
果の4つの真理です。

 仏教は、「すべての結果には必ず原因がある」という因果の道理
を根幹として説かれています。

 ですから、人生にやってくる色々の苦しみにも原因があります。
そして、幸せになるにも、その原因があるのです。

その4つの真理が、

「苦諦(くたい)」………「人生は苦なり」という真理

「集諦(じゅうたい)」…苦しみの原因を明かされた真理

「滅諦(めったい)」……真の幸福を明かされた真理

「道諦(どうたい)」……真の幸福になる道を明かされた真理

の4つです。

 頭文字をとって「苦集滅道(くじゅうめつどう)」ともいわれま
す。

 病気でいえば、苦しみの結果である「苦諦」は、病気の症状です。
風邪なら熱が出て、意識がもうろうとして、鼻水が出て、咳が出て、
全身の節々が痛みます。

 ではなぜ熱が出たり、もうろうとするのか、という原因がありま
す。それが苦しみの原因を明かされた真理である「集諦」です。

 そして、生まれつき病気だった人には、病気が全快したらどんな
幸せになるのか知りませんので、それも教えなければなりません。

 私たちも、果てしない遠い過去から迷い苦しんでおり、病気が治
った試しがありませんので、病気の完治した世界が教えられていま
す。

 それが「滅諦」です。

 そして最後に、どうすれば病気が治るのかという処方箋がありま
す。

 それが「道諦」です。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

vagabond
https://eow.alc.co.jp/search?q=vagabond

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

vagabond
【自動】
放浪する

【名】
1.放浪者、漂流者、さすらい人
2.ルンペン、乞食、物もらい
3.〈話〉ごろつき、やくざ者、無頼漢

【形】
1.放浪の、さすらいの
2.あてにならない、変わりやすい、予測できない

vagabond life 放浪生活
vagabond outcast 路上生活者
vagabond tribe 遊牧種族
lead a vagabond life 放浪生活を送る

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(040)〕----------------------------------

「〔暮れちかい 吹雪の底の店さきに〕」「奏鳴的説明」

------------------------------------------------------------
■「〔暮れちかい 吹雪の底の店さきに〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿3)
------------------------------------------------------------

四一五
     〔暮れちかい 吹雪の底の店さきに〕
                    一九二五、二、一五、

暮れちかい
吹雪の底の店さきに
萌黄いろしたきれいな頚を
すなほに伸ばして吊り下げられる
小さないちはの家鴨の子
   ……屠者はおもむろに呪し
     鮫の黒肉はわびしく凍る……
風の擦過の向ふでは
にせ巡礼の鈴の音

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

四一五
     四聖諦
                    一九二五、二、一五、

雪を穿った洞の奥
暮れちかい
吹雪の底の半分暮れた店さきに
小さないちはの家鴨の子が
すなほに伸ばして絞められ吊り下げられる
   ……屠者はおもむろに呪し
     鮫の黒肉はわびしく凍る……
粉雪のいく度の擦過のなかから
遍歴公子の巡礼に出た百姓たちの鈴のひびきがきこえてくる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

四一五
     四聖諦
                    一九二五、二、一五、

吹雪フキの底
昏んだ風の店さきで
  萌黄いろしたきれいな頚を
すなほに絞められ吊るされた、いちはの家鴨ツアーメンテである
   ……屠者はおもむろに呪し
     鮫の黒肉は凍る……
粉雪のいく度の擦過のなかから
巡礼たちの鈴のひびきがきこえてくる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

四一五
     魚商
                    一九二五、二、一五、

両手を組んでごちっと鳴らし
店を一ぺん目測し
台のはじから手かぎをとって
あかをと鱈を置き直し
わかめの束を重ねれば

吹雪が飛んで吹雪が飛んで
つるした家鴨はぶらぶらゆれ
土間では鮫の黒肉は凍る

もんぱ帽子の絣の合羽
  ……(帰命頂礼地蔵尊)
鈴を鳴らしたにせ巡礼に
五厘やらうと五厘をさがし
一銭やって追ひ払ひ
やっと火鉢に戻って来れば

吹雪が飛んで吹雪がとんで
つるした家鴨ははげしくうごき
鮫の黒肉もあかをも凍る

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

四一五
     魚舗
                    一九二五、二、一五、

まづは首尾よく家鴨を締めて
萌黄いろしたその頚を
きれいに撫でて軒の釣り
両手を組んでごちっと鳴らし
店を一ぺん目測し
台のはじから手かぎをとって
あかをと鱈を置き直し
わかめの束を重ねれば
吹雪が飛んで吹雪が飛んで
つるした家鴨はぶらぶらゆすれ
土間では鮫の黒肉は凍る
もんぱ帽子の絣の合羽
  ……(帰命頂礼地蔵尊)
鈴を鳴らしたにせ巡礼に
五厘やらうと五厘をさがし
一銭やって追ひ払ひ
やっと火鉢に戻って来れば
吹雪が飛んで吹雪がとんで
つるした家鴨ははげしくうごき
鮫の黒肉もあかをも凍る

------------------------------------------------------------
■「奏鳴的説明」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

四一九
     奏鳴的説明
                     一九二五、二、一五、

雲もぎらぎらにちぢれ
木がげん照のなかから生えたつとき
翻へったり砕けたり或は全い空明を示したり
吹雪はかがやく流沙のごとくに
地平はるかに移り行きます
それはあやしい火にさへなって
ひとびとの視官を眩惑いたします
或は燃えあがるボヘミヤの玻璃
すさまじき光と風との奏鳴者
そも氷片にまた趨光の性あるか
はた天球の極を索むる泳動か
そらのフラスコ、
四万アールの散乱質は
旋る日脚に従って
地平はるかに遷り行きます
その風の脚
まばゆくまぶしい光のなかを
スキップといふかたちをなして
一の黒影こなたへ来れば
いまや日は乱雲に落ち
そのへりは烈しい鏡を示します

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

四一九
     ある幻燈序詞
                     一九二五、二、一五、

これは吹雪がつくりたる
硼砂の嵐 Lap Nor の幻燈でございます
まばゆい流砂の蜃気楼でもございます
この地方には吹雪がこんなに甘くあたたかくて
恋人のやうにみんなの胸を切なくする、半日半日がございます
雲もぎらぎらにちぢれ
木がげん照のなかから生えたつとき
翻へったり砕けたり或は全い空明を示したり
吹雪はかがやく流沙のごとくに
地平はるかに移り行きます
それはあやしい火にさへなって
ひとびとの視官を眩惑いたします
或は燃えあがるボヘミヤの玻璃
すさまじき光と風との奏鳴者
そも氷片にまた趨光の性あるか
はた白金の極を索むる泳動か
そらのフラスコ、
四万アールの散乱質は
旋る日脚に従って
地平はるかに遷り行きます
その風の脚
まばゆくまぶしい光のなかを
スキップといふかたちをなして
一の黒影こなたへ来れば
いまや日は乱雲に落ち
そのへりは烈しい鏡を示します

------------------------------------------------------------
(「盛岡中学校校友会雑誌」発表形 1927年12月21日)
------------------------------------------------------------

     奏鳴四一九

これは吹雪ふぶきうつしたる
硼砂ほうさの嵐 Rap Norラプノール)の幻燈げんたうでございます
まばゆい流沙るさ蜃気楼しんきらうでございます
この地方では吹雪はこんなに甘くあたたかくて
恋人こひびとのやうにみんなの胸をせつなくいたします
雲もぎらぎらにちぢれ
木が幻照げんしやうのなかからえたつとき
ひるがへつたり砕けたり或はまつた空明くうめいを示したり
吹雪はかがやく流沙るさのごとくに
地平ちへいはるかにうつり行きます
それはあやしい火にさへなつて
ひとびとの視官しくわん眩惑げんわくいたします
あるは燃えあがるボヘミヤの玻璃はり
すさまじき光と風との奏鳴者さうめいしや
そも氷片ひやうへんにまた趨光すうくわうせいあるか
はた白金はくきんきよくもとむる泳動えいどう
(そらのフラスコ)四万アールの散乱質さんらんしつ
めぐ日脚ひあしに従つて地平ちへいはるかにうつり行きます
その風の脚
まばゆくまぶしいひかりのなかを
スキツプのかたちをなして一人ひとりの黒い影が来れば
いまや日は乱雲らんうんに落ち
そのへりははげしい鏡を示します

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

四一九
     映画劇「ベーリング鉄道」序詞
                     一九二五、二、一五、

これは吹雪ふぶきが映したる、
硼砂の嵐、
Lap Nor (湖)の幻燈でございます
まばゆい流砂の蜃気楼でございます
この地方では吹雪はこんなに甘くあたたかくて
恋人のやうにみんなの胸を切なくいたします
雲もぎらぎらにちぢれ
木が幻照のなかから生え立つとき
翻へったり砕けたり或は全い空明を示したり
吹雪はかゞやく流沙のごとくに
地平はるかに移り行きます
それはあやしい火にさへなって
ひとびとの視官を眩惑いたします
或は燃えあがるボヘミヤの玻璃
すさまじき光と風との奏鳴者
そも氷片にまた趨光の性あるか
はた白金の極を索むる泳動が、
旋る日脚に従って
(そらのフラスコ)
四万アールの散乱質は
地平はるかに遷り行きます
その風の脚、
まばゆくまぶしい光のなかを、
スキップといふかたちをなして、
一の影こなたへ来れば
いまや日は乱雲に落ち
そのへりは烈しい鏡を示します

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

四一九
     図 四一九号
                     一九二五、二、一五、

これは吹雪ふぶきが映したる
Lap Nor (湖)の幻燈でございます
まばゆい流砂の蜃気楼でございます
この地方では吹雪はこんなに甘くあたたかくて
恋人のやうにみんなの胸を切なくいたします
雲もぎらぎらにちぢれ
木が幻照のなかから生え立つとき
翻へったり砕けたり或は全い空明を示したり
吹雪はかゞやく流沙のごとくに
地平はるかに移り行きます
それはあやしい火にさへなって
ひとびとの視官を眩惑いたします
或は燃えあがるボヘミヤの玻璃
すさまじき光と風との奏鳴者
そも氷片にまた趨光の性あるか
旋る日脚 散乱質は
(数文字不明)に従って
遷り行きます
まばゆくまぶしいひかりの中を
スキップのかたちをなして、
一人の黒い影がこっちへ来れば

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(067)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「釜石よりの帰り」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿4推敲後)
------------------------------------------------------------

     釜石よりの帰り

かぎりなく鳥はすだけど
こゝろこそいとそゞろなれ

竹行李小きをになひ
雲しろき飯場を出でぬ

みちのべにしやが花さけば
かうもりの柄こそわびしき

かすかなる霧雨ふりて
丘はたゞいちめんの青
谷あひの細き棚田に
積まれつゝ厩肥もぬれたり

------------------------------------------------------------
(下書稿4推敲前)
------------------------------------------------------------

     釜石よりの帰り

かぎりなく鳥はすだけど
こゝろこそいとそゞろなれ

竹行り小きをになひ
雲しろき飯場を出でぬ

丘丘にしやが花さきて
かうもりの柄こそわびしき

かすかなる霧雨ふりて
谷あひの細き棚田に
積まれたる厩肥もぬれたり

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

ちいさき竹行李になひて
まだき飯場を立ち出でしに
峠はたゞ雲しろく
盆地に入りて霧雨ふれば
空翠衣を染むるこゝちし
かぎりなく鳥はすだきしかども
行き急ぐ身はそゞろなれ
谷あひのほそき棚田に
つまれつゝ厩肥こえもぬれたり

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

かすかなる霧雨ふりて
丘はたゞいちめんの青

薬の荷やゝにはかなみ
かうもりの柄をさゝげたり

かぎりなく鳥はすだきて
薬負ひいそぐわびしさ

かぎりなく鳥はすだくを
しやがの花ほのに匂へり

谷あひの細き棚田に
積まれつゝ厩肥こえもぬれたり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

いさゝかの霧雨ふりて
丘丘にしやが花さけば
瞳よどむさすらひ人の
かうもりの柄をかなしめる、

うちたゝむ雲のかなたに
町なみのかそけき音や
電信のはしらによりて
人しやがの花軸を噛めり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

かすかなる霧雨ふりて
丘丘にしやが花さけば
瞳よどむさすらひの人
かうもりの柄をかなしめり

うちたゝむ雲のましたに
町なみのやゝ見えくれば
電信のはしらによりて
人しやがの花軸を噛めり

------------------------------------------------------------
(下書稿1’推敲後)
------------------------------------------------------------

     バガボンド

はざまなる小さきまちと
うちたゝむ雲をのぞみて
旅人は電柱に椅り
まづしばしその占をきく

------------------------------------------------------------
(下書稿1’推敲前)
------------------------------------------------------------

     バガボンド

丘添ひの小さきまちに
おりんとてその旅人は
丘の上の電柱に椅り
まづしばしその兆をきく

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

かすかなるきりさめ降りて
丘々にしやがの花咲きて
ぼろ服のその旅人は
かうもりの柄をかなしめり。

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

しやが咲きて
きりさめ降りて
旅人は
かうもりがさの柄をかなしめり。

------------------------------------------------------------

※下書稿1と1'はともに歌稿Bの34葉に書き込まれたもの。両
者を合体させて下書稿2が作られたと考えられる。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 文語詩「釜石よりの帰り」の下書稿に「バガボンド」という題名
がついていたのには驚きました。まるで漫画の題名です。

 年明け最初の抗ガン剤投与で、どうも弱っています。仕事の方も
実質的には終りにして、毎日家にいられるのはよいのですが、本物
の病人のようになってきました。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--987号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/