-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第986号--2018.01.13------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(39)」「僧園」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「車中」「未来圏からの影」
------------------------------------------------------------

 今回は1925年2月15日の日付を持つ二篇です。この日の詩はこの
あともう二篇ありますが、そちらは次回にまわします。

 この日は吹雪でしたが、日曜日だったため、賢治はどこかへ汽車
に乗って出掛けたようです。

 「車中」はその汽車に乗ったときの作品で、「未来圏からの影」
は吹雪がだんだんひどくなってきたときのものというところです。

 この詩について、こんなことを書いている人がいました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

宮沢賢治「それは氷の未来圏からなげられた…」

 宮沢賢治の作品は、整理が進んでいません。岩波文庫では春と修
羅の3なのに、青空文庫では2になっている。どこかの学者さん、
ちゃんとした定販を出してくれよ。作品番号だけは信頼できるかな?

https://ameblo.jp/yoshiharusato/entry-11140540494.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この方は「岩波文庫版宮沢賢治詩集」が「前世紀の遺物」である
ことを知らないようです。もちろん、最近の全集に依拠したであろ
う青空文庫の方が正しいのです。

 何十年も前に決着している話題が今でも出てくるというのは、ま
ことに岩波の罪は思いです。

 さて、賢治の詩と「未来圏」というと、こんなものがあります。

中等学校生徒諸君
諸君はこの颯爽たる
諸君の未来圏から吹いて来る
透明な清潔な風を感じないのか
それは一つの送られた光線であり
決せられた南の風である

 「生徒諸君によせる」という、完全には賢治の作品とは言い切れ
ない(おそらく高村光太郎が最終的な作者)ものですが、今でも人
気があるようです。

 でも、ここでは「未来圏」が全く違っています。こちらでは明る
く希望に満ちた感じですが、「未来圏からの影」では「戦慄すべき」
ものがやってくる、恐怖に満ちたものです。

 書かれた時期はそれほど違わないと思いますが、実に対照的なの
が興味深いところです。


--〔BookMark〕----------------------------------------------

■吹雪の一日 詩群
http://www.ihatov.cc/series/fuki.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

『春と修羅 第二集』

410 車中 1925.2.15(下書稿)

411 未来圏からの影 1925.2.15(下書稿手入れ)

415 〔暮れちかい 吹雪の底の店さきに〕1925.2.15(下書稿(三))

419 奏明的説明 1925.2.15(下書稿(二)手入れ)


 この一日の経過について、小沢 俊郎 氏は、次のようにまとめて
います。

 この日曜日、汽車に乗ってどこかの町へ出かけ、出先で吹雪とな
り、その吹雪の中で未来圏からの自分の影を見、魚屋の店先で庶民
的な生活の一端に触れた。そのあと、花巻へ帰って、花巻駅前に降
りたとき、吹雪が収まりかけたのを見た感動が、この「映画劇『ベ
ーリング鉄道』序詞」となった。(花巻駅下車時、と推量するのは、
賢治が「ベーリング行」の列車を考えるときは、現実には花巻駅や
東北本線下り列車が意識されているのが常だからである。)・・・

 「車中」では、まだ「しろく澱んだ雪ぞら」程度で、吹雪にはな
っていなかった。汽車を降り立ったどこかの町では吹雪になってい
た。その町の駅近くが「未来圏からの影」の場であろう。知る人も
ないよその町であることが、孤独な未来への予感をより強めたにち
がいない。・・・

 一連の詩群から、この日がひどい吹雪であったことが想像されま
す。なかでも、「四一一 未来圏からの影」における吹雪の描写は、
極度の不安と戦慄を帯びたものです。

 これに対して、小沢氏の文中にも出てくる「四一九 映画劇『ベ
ーリング鉄道』序詞」(「奏明的説明」の前の草稿形態)において
は、「この地方では吹雪はこんなに甘くあたたかくて/恋人のやう
にみんなの胸を切なくいたします」と表現されています。

 同じ日のあいだに、吹雪に対する印象がこれほどまでに変化して
いるのは、興味深いことです。

 この「日帰り」の外出で、いったい何が作者に心境の変化をもた
らしたのでしょうか。

 作品の中では、「恋人のように切ない」のは「みんなの胸」であ
るとされています。しかしこれはじつは、作者自身の外出からの帰
途における気持ちだったのだと思います。

 個人的感情に対して、複数化によるぼかしをかけるというのは、
賢治が時々おこなうことです。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(039)〕----------------------------------

「車中」「未来圏からの影」

------------------------------------------------------------
■「車中」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

四一〇
     車中
                     一九二五、二、一五、

ばしゃばしゃした狸の毛を耳にはめ
黒いしゃっぽもきちんとかぶり
まなこにうつろの影をうかべ
   ……肥った妻と雪の鳥……
凛として
ここらの水底の窓ぎはに腰かけてゐる
ひとりの鉄道工夫である
   ……風が水より稠密で
     水と氷は互に遷る
     稲沼原の二月ころ……
なめらかででこぼこの窓硝子は
しろく澱んだ雪ぞらと
ひょろ長い松とをうつす

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

四一〇
     車中
                     一九二五、二、一五、

ばしゃばしゃした狸の毛皮を耳にはめ
しゃっぽもまっすぐにかぶり
まなこに虚無の影をうかべ
   ……肥った妻と雪の鳥……
凛として
ここらの水底の窓ぎはに腰かけてゐる
ひとりの鉄道工夫である
なめらかででこぼこの窓硝子は
しろく澱んだ雪ぞらと
ひょろ長い松とをうつす

------------------------------------------------------------
■「未来圏からの影」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

四一一
     未来圏からの影
                     一九二五、二、一五、

吹雪フキはひどいし
けふもすさまじい落磐
  ……どうしてあんなにひっきりなし
    凍った汽笛フエを鳴らすのか……
影や恐ろしいけむりのなかから
蒼ざめてひとがよろよろあらはれる
それは氷の未来圏からなげられた
戦慄すべきおれの影だ

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

四一一
     その頃に於ける影
                     一九二五、二、一五、

吹雪フキはひどいし
けふも(数文字不明)落磐だ
  ……どうしてあんなにひっきりなし
    凍った汽笛フエを鳴らすのだ……
影や(四字不明)けむりのなかから
蒼ざめてひとがよろよろあらはれる
それは氷の未来圏からなげられた
戦慄すべきおれの影だ

------------------------------------------------------------
(『銅鑼』掲載形 1925年9月8日)
------------------------------------------------------------

     未来圏からの影

吹雪フキはひどいし
けふもすさまじい落磐だ
………どうしてあんなにひっきりなし
   凍った汽笛フエを鳴らすのか………
かげや恐ろしいけむりのなかから
蒼ざめた人がよろよろあらはれる
それは氷の未来圏から抛げられた
戦慄すべきおれの影だ

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(066)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「僧園」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     僧園

星のけむりの下にして
石組黒くひそめるを
さもあしざまに鳴き棄てつ
かくこう一羽北に過ぎたり

夜のもみぢの木もそびえ
御堂の屋根も沈めるを
さらに一羽の鳥ありて
寒天質アガーチナスの闇に溶けたり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

     僧園

星のけむりの下にして
石組黒くひそめるを
さもあしざまに鳴き棄てつ
かくこう一羽北に過ぎたり

夜のもみぢの木もそびえ
御堂の屋根も沈めるを
さらに一羽の鳥ありて
寒天いろの闇に溶けたり

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

     僧園幻想

星のけむりの下にして
杉むら黒くひそめるに
いとあしざまにうちなきて
かくこう北に截りすぐる

夜のもみぢの木もそびえ
御堂の屋根も沈めるに
あやしく身うちのびたつは
鬼の堺にやわが墮ちし

星のめぐりの下にして
石組怪しくうごめきつ
わが身はいとゞのびたちて
はてはいづちと知らぬらし

更に一羽の鳥ありて
わがまん円のぬかの上
無方のかなたうちけぶる
寒天いろの夜に溶くる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

     僧園幻想

星のけむりの下にして
石組怪しくひそみたり

夜のもみぢの木もそびえ
御堂の屋根も沈めるに
げにあしざまにうち啼きて
かくこうそらを截りすぐる

星のめぐりの下にして
黒くうごめく石の群

更に一羽の鳥ありて
わがまん円のぬかの上
無方のかなたうちけぶる
寒天いろの夜に溶くる

--〔後記〕--------------------------------------------------

 ようやく両眼の手術が終り、かなり視力が回復しました。これで
今年の運転免許更新は問題なくいけそうです。でも、その次は70
歳を越えますので、老人としてのテストを受けなければなりません。
私の場合はそれまで生きていられるかが問題なのですが。

 最近、某経済評論家が十代!の妻に暴力をふるったというニュー
スを聞きました。私は世の中のDV野郎は全部死ねと思っているの
ですが、かつてDVの帝王、井上ひさし氏にイーハトーブ賞を授与
しているのは、宮沢賢治学会の汚点の一つだと考えています。あの
ときは本当に腹が立ちましたが、調べてみると1999年のことで
す。もう20年ほども経つのですね。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--986号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/