-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第985号--2018.01.06------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(38)」「〔雪ふかく 山裳を曳けば〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「冬」「風と反感」
------------------------------------------------------------

 先週は手違いで一日遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

 私はこのメールマガジンと、もう一つ「安心!?食べ物情報」とい
うのをやっているのですが、先週はそちらの方にこのメールマガジ
ンを配信してしまいました。受けとった方は驚いたと思いますが、
翌日に気付いたので、こちらの読者のみなさんには一日遅れてしま
いました。

 今回は1925年2月5日の日付を持つ「冬」と、14日の「風と反
感」です。賢治も20代の終りを迎えています。

 ちょうど今年93歳になる私の母がこのころの生まれで、生誕1
20年を過ぎた賢治は私の祖父くらいの世代となります。

 この頃の書簡(1925年2月19日、森佐一宛て)にこんな言葉が出
てきます。

『しかもいま Misanthropy が氷のやうにわたくしを襲ってゐます』

 「冬」の冒頭、

『そんな嫌人症ミザンスロピーにとっつかまったんだ』

 と同じことを言っていて、実生活での感情の変化があったことを
窺わせます。

 何か壁にぶつかった感じ、周囲からの反感をかっている感じがし
てくるのです。

 農学校退職まであと一年あまり、その予感が出てきたきがします。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

シリーズ「宮澤賢治をもう一度」・・・花巻農学校の賢治先生!
http://hashira.exblog.jp/14539686/

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 稗貫農学校(花巻農学校)時代の賢治の作品はほんとうに素晴ら
しいです。

 賢治も自分が一番やりがいのある時だったと回想しています。お
そらく彼の人生の中で彼が必要とされ受け入れられた貴重な4年間
だったと思います。

 しかし賢治はなぜ4年で辞めてしまったのか、ほんとうのことは
わかりません。ただ「オツベルと象」や「寓話 猫の事務所」や
「ざしき童子」などを読むとその奥に賢治の正義感や収奪される労
働者やまだまだ未熟で暗い村の因習などに対しての社会思想に基づ
いた使命感がまたぞろ顔をもたげてきたかなあーとも思います。

 たった5人の同僚がいるだけのちいさな農学校での人間関係も賢
治にはつらかったのかなあーとも思ったりしますが、この時ほど賢
治がいきいきし生かされ時はなかったと思います。

 賢治の目から見ればそこは矛盾だらけで貧しい農民の子供達の窮
状を通して農民を救済するために自分を役立てたいと思ったかもし
れませんが・・・。

 昨日も書きましたがこの時ほど賢治が受け入れられ救われた時も
なかったろうと思います。

 だからこそ賢治は逆に農民の子を通して農民を救いたいと思った
のでしょうし、かねてからの自分の思想である農民救済を実現でき
ると錯覚してしまったのかもしれません。

 ただ賢治が学校を退職する1年前くらいに自分は今ミザントロピ
ー(人間嫌い)が氷のように襲っている・・・と手紙に書いており、
もしかしたらまた膨張した自己幻想と自分の実像との間で起きる葛
藤に捉らえられていたのかもしれませんね。

 ただ一つ私が気になるのは以下の同僚教師の回想です。

『県下中等校研究会が花巻で開かれ、その時宮澤先生の肥料の授業
が公開されました。そこには県下の実業学校や、中学校女学校の教
員、40人近くもが集まり宮澤先生は硫酸アンモニアの性質、施肥
方法などを2年生に授業していましたが。そのころ中学校、実業学
校でなどで”イオン記号”などを使う授業などは、どこでもしてい
なかったものです。宮澤先生はそれをどんどんつかっているのに驚
かされました。』

 つまり賢治はここでも飛んでいて、先端的なてきな知識にもとづ
いた授業をやってたとしたら、しかしそれが果たしてその生徒らに
とってほんとうに必要なことなのかなーと思います。

 生徒らが理解でき受け入れられることが出来ていたのか・・・な
あ・・という疑問です。

 また、独りよがりなことをやってしまってはいなかったかぁ・・
・・?

 賢治は土地の人たちから桑っこ学校と呼ばれていたちいさな学校
に来ている生徒たちにチャ―ンとその学力や理解力に即した授業を
やっていたのかなあ・・・?

 高い理想に満ちその高みをめざしてしまう人間はともするとそれ
に達していない人間がバカに見えてしまうことがある。

 自分の高みに相手を引き寄せることばかりしかアタマに浮かばず、
相手及び他者の現状や実像に目がいかず、自分と相手との落差を読
み取ることができない。

 つまり、相手(他者)が見えていない!

 ほんとうは廻りの人間となかよく上手く人間関係を結びたいのだ
けれど、どうしても頭でっかちになるから、自分以外の他者とは大
きく乖離してしまい、距離を取ることができないというなかで生き
てしまう。

 あまりにも飛躍して生きてる、裏返せば、現実の泥の中を生きな
いでいられている人間は自分の理想や知識のたかさよりはるかに遅
れている人たちに嫌気がさす場合もあり、もしかしたらそれが賢治
のいうところのミザントロピー(嫌人症)に陥ったのかもしれませ
ん。

 だから今度は自分が中心にの理想的組織を造ろうとして、羅須地
人協会をはじめたのかもなあーとも思います。

 賢治のようにせっかく自分が受けいれられているのにそのことに
気づかず、等身大ではない肥大化し背伸びした自分を他者にみせよ
う認めさせようとすると、いつまでたっても自分の心が満たされる
ということが出来ません。

 それはありのままの未熟な自分でいいよ・・という自分にOKが出
ていない状態で、賢治の場合もあきらかに父親との分離、すなわち
自他の分離ができていないことに原因があります。

 こういう人は先にも書きましたが、理想の自分と現実の自分との
葛藤の中で疲弊してゆき、その疲弊してゆくことを解消するために
更にそれを超えるイメージの理想化した自分を求めてしまうことが
あり、賢治の場合もそこに逃げたかなあーと私は思います。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(038)〕----------------------------------

「冬」「風と反感」

------------------------------------------------------------
■「冬」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

四〇九
     冬
                      一九二五、二、五、

がらにもない商略なんぞたてやうとしたから
そんな嫌人症ミザンスロピーにとっつかまったんだ
  ……とんとん叩いてゐやがるな……
なんだい あんな 二つぽつんと赤い火は
  ……山地はしづかに収斂し
    凍えてくらい月のあかりや雲……
八時の電車がきれいなあかりをいっぱいのせて
防雪林のてまへの橋をわたってくる
  ……あゝあ 風のなかへ消えてしまひたい……
蒼ざめた冬の層積雲が
ひがしへひがしへ畳んで行く
  ……とんとん叩いてゐやがるな……
世紀末風のぼんやり青い氷霧だの
こんもり暗い松山だのか
  ……ベルが鳴ってるよう……
向日葵の花のかはりに
電燈が三つ咲いてみたり
灌漑水みづや肥料の不足な分で
温泉町ができてみたりだ
  ……ムーンディーアサンディーアだい……
巨きな雲の欠刻
  ……いっぱいにあかりを載せて電車がくる……

------------------------------------------------------------
(下書稿2)
------------------------------------------------------------

四〇九
     冬
                      一九二五、二、五、

がらにもない商略なんぞたてやうとしたから
そんな嫌人症ミザンスロピーにとっつかまったんだ
  ……とんとん叩いてゐやがるな……
なんだい あんな 二つぽつんと赤い火は
  ……山地はしづかに収斂し
    凍えてくらい月のあかりや雲……
八時の電車がきれいなあかりをいっぱいのせて
防雪林のてまへの橋をわたってくる
  ……あゝあ 風のなかへ消えてしまひたい……
蒼ざめた冬の層積雲が
ひがしへひがしへ畳んで行く
  ……とんとん叩いてゐやがるな……
世紀末風のぼんやり青い氷霧だの
こんもり暗い松山だのか
  ……ベルが鳴ってるよう……
向日葵の花のかはりに
電燈が三つ咲いてみたり
灌漑水みづや肥料の不足な分で
温泉町ができてみたりだ
  ……ムーンディーア サンディーアだい……
巨きな雲の欠刻
  ……いっぱいにあかりを載せて電車がくる……

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

四〇九
     冬
                      一九二五、二、五、

がらにもない商略なんぞたてやうとしたから
そんな嫌人症ミザンスロピーにとっつかまったんだ
  ……とんとん叩いてゐやがるな……
なんだい、あんな、二つぽつんと赤い火は
  ……山地はしづかに収斂し
    凍えてくらい月のあかりや雲!……
八時の電車がきれいなあかりをいっぱいのせて
防雪林のてまへの橋をわたってくる
  ……あゝあ 風のなかに消えてしまひたい……
蒼ざめた冬の層積雲が
ひがしへひがしへ畳んで行く
  ……とんとん叩いてゐやがるな……
世紀末風のぼんやり青い氷霧だの
こんもり暗い松山だの か
  ……ベルが鳴ってるよう……
向日葵の花のかはりに
電燈が三つ咲いてみたり
青銅の獅子のかはりに
督学官を飾ってみたり
暴動の起るかはりに
農業倉庫ができてみたり
  ……月鹿ムーンディーア 日鹿サンディーアだい……
巨きな雲の欠刻
  ……いっぱいにあかりを載せて電車がくる……

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

四〇九
     冬
                      一九二五、二、五、

がらにもない商略なんぞたてやうとしたから
そんなミザンスロピーにとっつかまったんだ
  ……とんとん叩いてゐやがるな……
なんだい、あんな、二つぽつんと赤い火は
  ……山地はしづかに収斂し
    凍えてくらい月のあかりや雲!……
八時の電車がきれいなあかりをいっぱいのせて
防雪林のてまへの橋をわたってくる
  ……あゝあ 風のなかに消えてしまひたい……
蒼ざめた冬の層積雲が
ひがしへひがしへ畳んで行く
  ……とんとん叩いてゐやがるな……
世紀末風のぼんやり青い氷霧だの
こんもり暗い松山だの か
  ……ベルが鳴ってるよ……
向日葵の花のかはりに
電燈が三つ咲いてみたり
  ……ムーンディーア サンディーアだい……
巨きな雲の欠刻
  ……いっぱいにあかりを載せて電車がくる……

------------------------------------------------------------
(『虚無思想研究』掲載形 1925年12月1日)
------------------------------------------------------------

     冬(幻聴)
                       宮澤賢治

がらにもない商略なんぞたてやうとしたから
そんなミザンスロピーにとつつかまつたんだ
       ……とんとん叩いてゐやがるな……
なんだい あんな 二つぽつんと赤い火は
……山地はしづかに収斂し
       凍えてくらい月のあかりや雲……
八時の電車がきれいなあかりをいつぱいのせて
防雪林のてまへの橋をわたつてくる
   ……あゝあ、風のなかへ消えてしまひたい……
蒼ざめた冬の層積雲が
ひがしへひがしへ畳んで行く
       ……とんとん叩いてゐやがるな……
世紀末風のぼんやり青い氷霧だの
こんもり暗い松山だの か
       ……ベルが鳴つているよ……
向日葵の花のかはりに
電燈が三つ咲いてみたり
       ……ムーンディーアサンディーアだい……
巨きな雲の欠刻
   ……いつぱいにあかりを載せて電車がくる……

------------------------------------------------------------
■「風と反感」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

九〇
     風と反感
                    一九二五、二、一四、

狐の皮なぞのっそり巻いて
そんなおかしな反感だか何だか
真鍮いろの皿みたいなものを
風のなかからちぎって投げてよこしても
ごらんのとほりこっちは雪の松街道を
急いで出掛けて行くのだし
墓地にならんだ赭いひのきも見てゐるのだし
とてもいちいち受けつけてゐるひまがない
ははん
まちのうへのつめたいそらに
くろいけむりがながれるながれる

------------------------------------------------------------
(下書稿2)
------------------------------------------------------------

九〇
     風と反感
                    一九二五、二、一四、

狐の皮なぞのっそり巻いて
そんなおかしな反感だか何だか
真鍮いろの皿みたいなものを
風のなかからちぎって投げてよこしても
ごらんのとほりこっちは雪の松街道を
急いで出掛けて行くのだし
墓地にならんだ赭いひのきも見てゐるのだし
とてもいちいち受けつけてゐるひまがない
ははん
まちのうへのつめたいそらに
くろいけむりがながれるながれる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

九〇
     風と反感
                    一九二五、二、一四、

外套を着てなんぞのっそり立って
そんなおかしな反感だかなんだか
真鍮いろの皿みたいなものを
風のなかからちぎって投げてよこしても
雪の松街道を
急いで出掛けて行くのだし
墓地にならんだ赭いひのきも見てゐるのだし
とてもいちいち受けつけてゐるひまがない
ははん
まちのうへのつめたいそらに
くろいけむりがながれるながれる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

九〇
     風と反感
                    一九二五、二、一四、

そんなおかしな反感だかなんだか
真鍮いろの皿みたいなものを
風のなかからちぎって投げてよこしても
ごらんのとほりこっちは雪の松街道を
急いであるいてゐるのだし
向ふにならんだ赭いひのきも見てゐるのだし
とてもいちいち受けつけてゐるひまがない
まちのうへのつめたいそらに
くろいけむりがながれるながれる

------------------------------------------------------------
(『銅鑼』掲載形 1926年8月1日)
------------------------------------------------------------

     風と反感

そんなおかしな反感だかなんだか
真鍮いろの皿みたいなものを
風のなかからちぎって投げてよこしても
ごらんのとほりこっちは雪の松街道を
急いであるいてゐるのだし
とてもいちいち受けつけてゐるひまがない
まちのうへのつめたいそらに
くろいけむりがながれるながれる

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(065)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「〔雪ふかく 山裳を曳けば〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     〔雪ふかく 山裳を曳けば〕

雪ふかく
山裳を曳けば
きみ遠く去るにかも似ん

丘群に
日射し萌ゆれば
きみ来り訪ふにも似たり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

雪ふかき
山裳を曳けば
きみ遠く去るにも似たり

丘群に
日射し萌ゆれば
きみ来り訪ふにも似たり

栗くぬぎ
青木のむらに
かくこうはをちこちすだき
水置ける
稲田にはいま
耕の馬あえぎ行けるを

------------------------------------------------------------
(下書稿1「孔雀印手帳」107頁〜109頁 推敲後)
------------------------------------------------------------

     ロマンツェロ

車窓のかなた北のはて
雪ふかき山裳をひけば
きみ遠く去るにも似たり

ひわいろなせる丘群に、
こぼれし日射しなまめば
きみきたり訪ふにも似たり
あゝ青木 青木のむらに
かくこうはをちこちすだき
水置ける稲田にはいま
耕の馬あえぎ行けるを

------------------------------------------------------------
(下書稿1「孔雀印手帳」107頁〜109頁 推敲前)
------------------------------------------------------------

     ロマンツェロ

車窓のかなた北のはて
山裳をひけば
きみ遠く去るにも似たり

ひわいろなせる丘群に、
日射しなまめば
きみきたり訪ふにも似たり
あゝ青木 青木のむらを
かくこうはをちこちすだき
水置ける稲田にはいま
耕の馬あえぎ行けるを

--〔後記〕--------------------------------------------------

 2018年最初の配信です。今年もよろしくお願いします。

 このメールマガジンは1998年の創刊ですので、20年目を迎えた
ことになります。まだ少年だった息子たちも今や子育ての真っ最中
です。

 私の方はガンの関係もあり、いつまで続けられるかはわからない
のですが、とりあえず「文語詩未定稿」は最後まで掲載してしまい
たいと思っています。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--985号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/