-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第984号--2017.12.30------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(37)」「〔なべてはしけく よそほひて〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「〔寅吉山の北のなだらで〕」「〔今日もまたしやうがないな〕」
------------------------------------------------------------

 突然ですが、下の欄で紹介している『屋根の上が好きな兄と私 
宮沢賢治妹・岩田シゲ回想録』という本を送っていただきました。

 監修の栗原敦さんのサイン入りです。薄い本なのですが、当方の
体調不良もあり、まだ読んでいません。

 こういうことをしていると、「役得」というのがあって、今まで
もいろんな方から本を送っていただいています。感謝にたえません。

 さて、今回は1925年1月25日の日付を持つ二篇です。

 「〔寅吉山の北のなだらで〕」は「昇羃銀盤」という題で『銅鑼』
に掲載されています。珍しく雑誌掲載用の原稿が残っているという
ことで、原稿と雑誌の文面とも両方を掲載しています。

 「〔今日もまたしやうがないな〕」も当日の気候の話が主で、こ
の年は気温が低いこともあったのか、こういう霧に閉ざされたよう
な気候の日が多かったようです。

 以下の詩句は賢治が書いたこの気候への解説です。

今日もまたしやうがないな
またへんな
湖みたいな砂漠みたいな低い霧だ
あんなに白くひかるのは
よほどその粒も巨きい
大きなやはらかな雪が降ったあと風がなく
雪にかんかん日がてって
それから少し気温がさがるとできる
雪ぞらばかりつるつるひかって
窓から下はたゞいちめんの
白くひかったのっぺらぼうだ
一日ぐらゐならめづらしいけれども
たびたび起るとばかげてくる

 こういう日が何度も立て続けにあったということで、賢治の詩に
描写されて残っているわけです。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

最新刊 12月20日刊 好評発売中!
兄・宮沢賢治と家族を見つめる妹のまなざし。
http://www1.odn.ne.jp/sokyu/news.html#yane

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

『屋根の上が好きな兄と私
宮沢賢治妹・岩田シゲ回想録』

栗原敦(実践女子大学名誉教授)監修
宮澤明裕(宮沢賢治記念館学芸員)編

A5判78頁 定価900円+税
ISBN978-4-915442-33-9 C0095

 岩田シゲ(1901〜1987)は宮沢賢治の5歳下の妹。本書はシゲが
婚家・岩田家の孫たちのために綴った賢治の思い出他を収めた私家
版冊子を書籍化したものです。貴重な新事実を含みながら、賢治や
彼を包む家族の姿が生き生きと描かれます。

 岩田シゲによるこの回想録は、シゲが七〇歳を過ぎた頃から書き
留めていたものに拠ります。……

 「屋根の上が好きな」兄と妹の心の通わせ方、丈夫で元気な次妹
ならではの位置からの光りが、この回想に一段の輝きを与えている
ことは、お読みいただいた皆さんにそのまま感じ取っていただける
ことと信じます。 (「解説」より)

●主な内容

【本編】賢治兄さんのこと

 兄さんについての記憶の始まり/兄の声/屋根の上が好きな兄と
私/兄の入院/北小屋のこと/兄が母の役にたったこと/母の染め
物/「万福」さんのこと/大内納豆屋さんのこと/母の旅行と兄の
徴兵検査/寒い朝/浮世絵/花巻祭のこと/陰膳/姉の死

【付】岩田家の人びと

【解説】次妹の場所―生き生きと、愛に満ちて 栗原敦

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

賢治妹の回想録出版へ 岩田シゲ執筆、「永訣の朝」逸話も
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/news.cgi?ke=20171206_1

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 花巻市生まれの詩人で童話作家の宮沢賢治(1896〜1933
年)の妹岩田シゲ(1901〜87年)による回想録が近く出版さ
れる。賢治の詩「永訣(えいけつ)の朝」に描かれた上の妹トシ
(1898〜1922年)の最期の様子のほか、幼少期の賢治のエ
ピソードもつづられている。

 回想録は「屋根の上が好きな兄と私」(蒼丘書林)。監修した実
践女子大の栗原敦名誉教授は同書に解説を寄せ、シゲの「繊細かつ
生き生きとした筆致」を指摘。多くの貴重な事実が明らかにされた
意義を強調している。

 回想録はシゲが70歳を過ぎた頃から書きためていた。没後に次
男夫妻が「孫たちへ」と題した冊子にして親族に配った。存在を知
った栗原さんが確認し、監修。15編に構成し、賢治やシゲの略年
譜や家系略図も付けた。

 「永訣の朝」では、病床のトシに「あめゆじゅとてちてけんじゃ
(雨雪を取ってきてください)」と頼まれた賢治が、碗(わん)に
雪をよそってきて食べさせる情景が描かれた。今回収録の「姉の死」
で、シゲはこの日を回想。「賢治兄さんは何か言いながら採ってき
た松を枕元に飾り、お茶碗の雪を少しづつさじですくって食べさせ
てあげましたっけ」と振り返っている。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(037)〕----------------------------------

「〔寅吉山の北のなだらで〕」「〔今日もまたしやうがないな〕」

------------------------------------------------------------
■「〔寅吉山の北のなだらで〕」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

四〇八
     〔寅吉山の北のなだらで〕
                    一九二五、一、二五、

寅吉山の北のなだらで
雪がまばゆいタングステンの盤になり
山稜の樹の昇羃列が
そこに華麗な像をうつし
またふもとでは
枝打ちされた緑褐色の松並が
弧線アークになってうかんでゐる

恍とした佇立のうちに
雲はばしゃばしゃ飛び
風は
中世騎士風の道徳をはこんでゐた

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

四〇八
     昇羃
                    一九二五、一、二五、

寅吉山の北のなだらで
雪がまばゆいタングステンの盤になり
山稜の樹の昇羃列が
そこに藍碧の像をうつし
またふもとでは
枝打ちされた緑褐色の松並が
弧線アークになってうかんでゐる

恍とした佇立のうちに
雲はばしゃばしゃ飛び
風は
中世騎士風の道徳をはこんでゐた

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

四〇八
     昇羃銀盤
                    一九二五、一、二五、

寅吉山の北のなだらで
雪がまばゆい銀盤になり
山稜の樹の昇羃列が
そこに立派な影をうつし
またふもとでは
枝打ちされた緑褐色の松並が
弧線アークになってうかんでゐる

恍とした佇立のうちに
雲はばしゃばしゃ飛び
風は
中世騎士風の道徳をはこんでゐた

------------------------------------------------------------
(下書稿1)
------------------------------------------------------------

四〇八
     昇羃銀盤
                    一九二五、一、二五、

寅吉山の北のなだらで
雪がまばゆい銀盤になり
山稜の藍いろの木の昇羃列が
そこに立派な像をうつし
またふもとでは
枝打ちされた緑褐色の松並が
アークになってうかんでゐる

恍とした佇立のうちに
雲はばしゃばしゃ飛び
風は
中世騎士風の道徳をはこんでゐた

------------------------------------------------------------
(雑誌『銅鑼』掲載用原稿)
------------------------------------------------------------

心象スケッチ
     昇羃銀盤
                      宮沢賢治
寅吉トラキチ山の北のなだらで
雪がまばゆい銀盤になり
山稜の藍いろの木の昇羃列が
そこに立派な像をうつし
またふもとでは
枝打ちされた緑褐色の松並が
アークになってうかんでゐる

恍とした佇立のうちに
雲はばしゃばしゃ飛び
風は
中世騎士風の道徳をはこんでゐた

------------------------------------------------------------
(雑誌『銅鑼』掲載形 1926年1月1日)
------------------------------------------------------------

     昇羃銀盤

寅吉トラキチ山の北のなだらで
雪がまばゆい銀盤になり
山稜の藍いろの木の昇羃列が
そこに立派な像をうつし
またふもとでは
枝打ちされた緑褐色の松並が
弧になつてうかんでゐる
恍とした佇立のうちに
雲はばしやばしや飛び
風は
中世騎士風の道徳をはこんでゐた

------------------------------------------------------------
■「〔今日もまたしやうがないな〕」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

四〇九
     〔今日もまたしやうがないな〕
                    一九二五、一、二五、

今日もまたしやうがないな
青ぞらばかりうるうるで
窓から下はたゞいちめんのひかって白いのっぺらぼう
砂漠みたいな氷原みたいな低い霧だ
雪にかんかん日が照って
あとで気温がさがってくると
かういふことになるんだな
泉沢だの藤原だの
太田へ帰る生徒らが
声だけがやがやすぐ窓下を通ってゐて
帽子も顔もなんにも見えず
たゞまっ白に光る霧が
ぎらぎら澱んでゐるばかり
もっとも向ふのはたけには
つるうめもどきの石藪が
小さな島にうかんでゐるし
正門ぎはのアカシヤ列は
茶いろな莢をたくさんつけて
蜃気楼そっくり
脚をぼんやり生えてゐる
さうだからといって……
なんだい泉沢なんどが
正門の前を通りながら
先生さよならなんといふ
いったい霧の中からは
こっちが見えるわけなのか
さよならなんていはれると
まるでわれわれ職員が
タイタニックの甲板で
Nearer my God か何かうたふ
悲壮な船客まがひである
むしろこの際進度表などなげ出して
寒暖計やテープをもって
霧にじゃぼんと跳びこむことだ
いくら異例の風景でも
立派な自然現象で
活動写真のトリックなどではないのだから
寒暖計も湿度計も……
 ……霧はもちろん飽和だが……
地表面から高さにつれて
ちがった数を出す筈だ

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

四〇九
                    一九二五、一、二五、

今日もまたしやうがないな
青ぞらばかりうるうるで
窓から下はたゞいちめんのひかって白いのっぺらぼう
砂漠みたいな氷原みたいな低い霧だ
雪にかんかん日が照って
あとで気温がさがってくると
かういふことになるらしい
泉沢だの藤原だの
太田へ帰る生徒らは
声だけがやがやすぐ窓下を通ってゐて
帽子も顔もなんにも見えず
たゞまっ白に光る霧が
ぎらぎらよどんでゐるばかり
もっとも向ふのはたけには
つるうめもどきの石藪が
小さな島にうかんでゐるし
正門ぎはのアカシヤ列は
茶いろな莢をたくさんつけて
蜃気楼そっくり
脚をぼんやり生えてゐる
さうだからといって……
なんだい泉沢なんどが
正門の前を通りながら
先生さよならなんといふ
いったい霧の中からは
こっちが見えるわけなのか
とにかくさよならなんていふと
まるでわれわれ職員が
タイタニックの甲板で
Nearer my God か何かうたふ
悲壮な船客まがひである
むしろこの際進度表などなげだして
寒暖計やテープをもって
霧にじゃぼんと跳びこむことだ
いくら異例の風景でも
立派な自然現象で
活動写真のトリックなどではないのだから
寒暖計も湿度計も……
霧はもちろん飽和だが……
きちんと数を出す筈だ

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

四〇九
                    一九二五、一、二五、

今日もまたしやうがないな
(一行不明)
青ぞらばかりうるうるひかって
窓から下はたゞいちめんののっぺらぼう
湖みたいな砂漠みたいな低い霧だ
一日ぐらゐならめづらしいけれども
たびたび起るとばかげてくる
雪にかんかん日が照って
それから気温が下がるとできる
泉沢だの藤原だの
太田の方へ行く連中は
ちゃうどおあつらいといふやうに
昇降口からみんなぼかっと中へ沈んでしまったらしい
声だけがやがやどての向ふへまはって行く
どての向ふのはたけには
にはとこ藪も
つるうめもどきの石藪が
小さな島にうかんでゐるし
正門の横のアカシヤ列は
茶いろな莢をたくさんつけて
蜃気楼そっくり
脚をぼんやり生えてゐる
なんだい泉沢なんどが
正門の前を通りながら
先生さよならなんといふ
先生さよならなんていふと
まるでこっちはタイタニックの甲板で
残った船客みたいな気持
むしろこいつは進度表などなげだして
寒暖計や何かをもって
霧にじゃぼんと跳びこむことだ
立派な物理現象で
幻想などではないのだから
寒暖計も湿度計も……
ははは霧はもちろん飽和だが……
きちんと数を出す筈だ

------------------------------------------------------------
(下書稿1)
------------------------------------------------------------

今日もまたしやうがないな
またへんな
湖みたいな砂漠みたいな低い霧だ
あんなに白くひかるのは
よほどその粒も巨きい
大きなやはらかな雪が降ったあと風がなく
雪にかんかん日がてって
それから少し気温がさがるとできる
雪ぞらばかりつるつるひかって
窓から下はたゞいちめんの
白くひかったのっぺらぼうだ
一日ぐらゐならめづらしいけれども
たびたび起るとばかげてくる
泉沢だの藤原だの
太田の方へ帰る連中は
昇降口からみんなぽかっと中へ沈んでしまったらしい
ちゃうどおあつらひといふやうに
声だけがやがやどてを向ふへまはって行く
どての向ふにはにはとこ藪も
つるうめもどきの石藪も
小さな島にうかんでゐるし
正門の横のアカシヤ列は
茶いろな莢をたくさんつけて
蜃気楼みたいに脚をぼんやり生えてゐる
なんだい泉沢なんどが
正門の前を通りながら
先生さよならなんといふ
先生さよならなんていふと
まるでこっちはタイタニックの甲板に
残った船客みたいな気持
これはむしろ進度表などいゝかげんにして
寒暖計や何かをもって
霧にじゃぼんと飛び込むことだ

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(064)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「〔なべてはしけく よそほひて〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

     〔なべてはしけく よそほひて〕

なべてはしけく  よそほひて
暁惑ふ      改札を
ならび出づると  ふりかへる
人なきホーム   陸の橋

歳に一夜の    旅了へし
をとめうなゐの  ひとむれに
黒きけむりを   空高く
職場は待てり   春の雨

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

フェルトの草履  美しくして
なべての指は   荒みたり
さもいたいけの  をみなごの
オペラバッグを  振れるあり

暁惑ふ      改札を
ならび過ぐると  おのおのに
人なきホーム   陸の橋
まなこさびしく  ふりかへる

--〔後記〕--------------------------------------------------

 今回送っていただいた本の編者である宮澤明裕さんは賢治学会で
いろいろとお世話になった方で、現在は宮沢賢治記念館の学芸員を
されています。私のイメージでは「若い人」のままでしたので、年
齢を見て驚きました。はじめてお目にかかってから、もう15年以
上も経つのです。

 今年も最後の配信となりました。ご講読ありがとうございます。
来年はいよいよ千号到達です。これからもよろしくお願いします。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--984号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/