-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第982号--2017.12.16------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(35)」「百合を掘る」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「〔水平線と夕陽を浴びた雲〕(断片)」「発動機船(断片)」
「旅程幻想」「峠」
------------------------------------------------------------

 「異途への出発」の旅の詩はいくつも三陸海岸の駅などで詩碑と
なっています。でも、「第二集」に収録されているのは前回の2篇
と今回の断片を含む4篇のみです。

 断片の2篇は詩作品として完成しているとは言い難いものですが、
「作品番号と日付」を持っているので、第二集に入っているようで
す。この断片には推敲などの跡もありません。

 そのあとは8日の日付を持つ「旅程幻想」、9日の「峠」です。
9日は花巻に帰っていますが、釜石から遠野までの間にある「仙人
峠」を越えたときのものでしょう。

 花巻と釜石の間には現在、釜石線が通っていますが、その前身の
岩手軽便鉄道はこの仙人峠を越えることができませんでした。

 賢治の時代には峠を徒歩で越えていたのです。峠からは釜石湾が
一望できます。

 最近、この区間にも立派な自動車道路ができて、遠野から釜石ま
でが近くなりました。仙人峠を人は徒歩、荷物はケーブルで運んで
いた時代からはまさに隔世の感があります。

 ところで、下の引用にもあるように、この旅は「1924年11
月に種市まで延長したばかりの八戸線」に乗ることも目的の一つだ
ったようです。近くに新線ができたら乗らずにはいられないあたり、
賢治の鉄道ファンぶりがうかがえます。

 仙人峠を鉄道で越える日を、賢治は待ち望んでいたと思います。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

三陸と「賢治の碑」
https://www.j-cast.com/2015/01/06224677.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 岩手県花巻市出身の宮沢賢治の作品にちなんだ碑が三陸沿岸に9
基あり、震災で4基が流失したり、傷ついたりしました。明治三陸
津波の年に生まれ、昭和三陸津波の年に37歳で亡くなった賢治。そ
の文学の碑は、震災の試練に耐えながら、「平成三陸津波」を後世
に伝える役割を担うことになりました。

 碑は、詩碑が6基、歌碑が1基、童話などの文章を刻んだ碑が2
基あり、宮城県塩釜市から岩手県普代村までの間に点在していまし
た。

 宮城県石巻市の「われらひとしく丘に立ち」詩碑、宮城県気仙沼
市の「雨ニモマケズ」詩碑、岩手県田野畑村の「発動機船 三」詩
碑はそれぞれ高台にあって無事で、岩手県宮古市の「寂光のはま」
歌碑、岩手県普代村の「敗れし少年の歌へる」詩碑は、それぞれ津
波に襲われながら残りました。

 その一方で、岩手県陸前高田市にあった「農民芸術概論綱要」の
一節を刻んだ銅板の碑面は、流出して行方不明になりました。また、
岩手県田野畑村の「発動機船 一」詩碑は流され、約3か月後に発
見されました。宮城県塩釜市の「ポラーノの広場」碑と岩手県田野
畑村の「発動機船 第二」詩碑は、傷ついて残りました。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

三陸への旅
http://cc9.easymyweb.jp/member/michia/?c_id=101199

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 先に記したように、1924年は凶作でした。賢治は、農学校の
生徒を通じて伝わる凶作の惨状には心を痛め、教師という立場の無
力感、そしてこれから先への不安は大きいものでした。

1924年12月に、初めての童話集『注文の多い料理店』を盛
岡の光原社から出版します。童話集への抱負は、序文、広告文に綴
られる読者への熱い想いや、出版社に語った、社名には〈光〉を入
れること、装丁の色、青にこだわったことなど、強いものが感じら
れます。

しかし童話集は売れず、児童文学雑誌『赤い鳥』には広告文を載
せることができますが、主催者鈴木三重吉には賢治の真意を理解し
てもらうことができませんでした。

 重なる絶望や不安のなか、賢治は1925年1月5日から9日ま
で、三陸海岸の旅に出ています。1924(大正13)年11月に種
市まで延長したばかりの八戸線に乗って種市まで行きました。そこ
には賢治が鉄道好きで、新しく開通した路線に好んで乗っていたと
いう事実もうかがえます。

木村東吉氏によれば1月5日東北本線下り21時59分発の夜行
列車で、積雪の花巻を発ち、1月6日未明八戸で八戸線に乗り換え、
6時5分に種市につき、乗合自動車か徒歩で久慈に向かったとみら
れます。さらに海岸線を徒歩で辿り、また貨客船に乗ったりしなが
ら釜石まで行き、釜石線で花巻に帰っています。

 この旅では「旅程幻想詩群」と呼ばれる詩7篇、断片2篇、そこ
から発展した文語詩二篇を残しました。

 「異途への出発」は、その第一日、発想されます。暗く冷たい風
景は、賢治の心そのままのようです。

 6日の6時5分に種市に到着し、南下する途中の海岸で詠まれた
のが「三四三曉穹への嫉妬」(一九二五、一、〔六〕)です。

 近くの普代村で産出される薔薇輝石を詠み込み、明け方の空の星
々に溶け込むように賢治の心は研ぎ澄まされています。これは、後
に文語詩「敗れし少年の歌へる」に発展します。

 7日、貨客船の船上からで発想された、「発動機船 一」(「口
語詩稿」)では〈冴え冴えとしてわらひながら/こもごも白い割木
をしょって/発動機船の甲板につむ/頬のあかるいむすめたち〉と、
明るい海と働く娘たちに心を和ませながら、やはり、〈……あの恐
ろしいひでりのために/みのらなかった高原は/いま一抹のけむり
のやうに/ この人たちのうしろにかゝる……〉と、逃げるように
出て来た内陸部の凶作のことにまた向き合うようになります。

 この旅を反映した童話に「ポラーノの広場」があります。

 主人公キューストは〈海産鳥類の卵採集の為〉、イーハトーヴオ
海岸地方に28日間の出張を命ぜられます。

 イーハトーヴォ海岸の一番北のサーモの町に立ちました。その六
十里の海岸を町から町へ、岬から岬へ、岩礁から岩礁へ、海藻を押
葉にしたり、岩石の標本をとったり古い洞穴や模型的な地形を写真
やスケッチにとったりそしてそれを次々に荷造りして役所へ送りな
がら二十幾日の間にだんだん南へ移って行きました。

さらにキューストは船で〈隣の県のシオーモ(塩釜)〉の港まで
行き、さらにセンダ―ド(仙台)の大学まで行きます。盛岡から汽
車でいける海岸で〈サーモ〉は八戸の鮫(さめ)港で、そこから六
十里はほぼ八戸から牡鹿半島までに相当します。キューストは海岸
の人達の温かい歓迎を受け、〈わたくしは何べんも強く頭をふって、
さあ、われわれはやらなければならないぞ、しっかりやるんだぞ〉
と心に誓います。 この海岸が賢治にとってどんなに美しく、また
温かく豊かな想いを満たしてくれたか分かります。
 
9日の「三五八 峠 」(一九二五、一、九、)では、釜石湾は
〈一つぶ華奢なエメラルド〉と表現され、叔父と子どもたちの健や
かな姿を思う作者がいます。風も、〈白樺を海の光へ伸ば〉す力と
して描かれ、〈二十世紀の太平洋を指している〉、という前向きな
心情を表現します。さらに終行で〈あたらしい風が翔ければ/白樺
の木は鋼のやうにりんりん鳴らす〉となり、未来に向けての風が描
かれ、〈りんりん〉というラ行音の擬音語も、その心情を暗喩する
ように澄んでいます。

三陸への旅の詩群は、賢治の深い絶望から立ち直りまでを描きま
す。そこには賢治の心に寄り添うように、多様な風がありました。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------


-〔春と修羅第二集(035)〕----------------------------------

「〔水平線と夕陽を浴びた雲〕(断片)」「発動機船(断片)」
「旅程幻想」「峠」

------------------------------------------------------------
■「〔水平線と夕陽を浴びた雲〕(断片)」
------------------------------------------------------------

三四八
     〔水平線と夕陽を浴びた雲〕(断片)
                     一九二五、一、七、

水平線と夕陽を浴びた雲
波が       なり
そ      ひろくふなべりをとってある
さっきの
もう  ながらほって
      がけ
いきなりはげしく
さっきのいちばんきれいなむすめが投げたのだ
   ……   に のさっき
     まっしろな珪 の   いふ
その斑岩の海岸は
あすこにも           のは
今日のそ
いちこ
   ……春  もとるそのむすめたち……

------------------------------------------------------------
■「発動機船(断片)」
------------------------------------------------------------

三五一
     発動機船(断片)
                     一九二五、一、八、

水底の岩層も見え
藻の群落も手にとるやうな
アンデルセンの月夜の海を
船は真鍮のラッパを吹いて(以下空白)

------------------------------------------------------------
■「旅程幻想」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

三五六
     旅程幻想
                     一九二五、一、八、

さびしい不漁と旱害のあとを
海に沿ふ
いくつもの峠を越えたり
萱の野原を通ったりして
ひとりここまで来たのだけれども
いまこの荒れた河原の砂の、
うす陽のなかにまどろめば、
肩またせなのうら寒く
何か不安なこの感じは
たしかしまひの硅板岩の峠の上で
放牧用の木柵の
楢の扉を開けたまゝ
みちを急いだためらしく
そこの光ってつめたいそらや
やどり木のある栗の木なども眼にうかぶ
その川上の幾重の雲と
つめたい日射しの格子のなかで
何か知らない巨きな鳥が
かすかにごろごろ鳴いてゐる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

三五六
     旅程幻想
                     一九二五、一、八、

海岸に沿ひ
いくつもの峠を越えて
ひとりここまで来たのだけれども
いまこの荒れた河原の砂にまどろめば、
たしかしまひの硅板岩の峠の上で
ひのきづくりの白い
閉じなかったのか或ひはわざと横をまはって来たらしく
そこの光ってつめたいそらや
やどり木のある栗の木なども眼にうかぶ
いま川上の黒雲と
つめたい日射しの格子のなかで
かすかに雷が鳴ってゐて
みちは南の地平まで
はてない割木の柵をつらねる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三五六
     旅程幻想
                     一九二五、一、八、

海岸に沿ひ
いくつもの峠を越えて
ひとりここまで来たのだけれども
いまこの白い河原の砂でまどろみながら
恍惚として考へ出すと
どうも最后のひのきづくりの白い
閉じなかったのか
あるひはわざと
横をまはってきたらしく
そこの光ってつめたいそらや
やどり木のある栗の木などが眼にうかび
何かゞひどくわたくしを責める
川上は雪
みちに沿ふ枯木の柵は
地平線までつゞいてゐる
もうわたくしははやく帰らう

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三五六
     旅程幻想
                     一九二五、一、八、

海触された山地の縁に沿ひ
いくつもの白い岩の峠を越えて
ここまで来たのだけれども
いまこの草地の銀のなかからかんがへて見ると
どうもしまひひのきづくりの白い
閉めなかったのか
あるひは通らなかったかららしい
そこのちいさなつめたいそらや
やどり木のある五本の栗の木も見える
雪雲はめぐり
みちに沿ふ枯木の柵は
みなまっ黒な影を落して
地平線まで続いてゐる

------------------------------------------------------------
■「峠」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

三五八
     峠
                     一九二五、一、九、

あんまり眩ゆく山がまはりをうねるので
ここらはまるで何か光機の焦点のやう
蒼穹あおぞらばかり、
いよいよ暗く陥ち込んでゐる、
  (鉄鉱床のダイナマイトだ
   いまのあやしい呟きは!)
冷たい風が、
せはしく西から襲ふので
白樺はみな、
ねぢれた枝を東のそらの海の光へ伸ばし
雪と露岩のけはしい二色の起伏のはてで
二十世紀の太平洋が、
青くなまめきけむってゐる
黒い岬のこっちには
釜石湾の一つぶ豪奢なエメラルド
   ……そこでは叔父のこどもらが
     みんなすくすく育ってゐた……
あたらしい風が翔ければ
白樺の木は鋼のやうにりんりん鳴らす

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

三五八
     峠
                     一九二五、一、九、

あんまり光って山がまはりをうねるので
ここらはまるで焦点のやう
蒼穹あおぞらばかりいよいよ暗く陥ち込んでゐる、
寒冷なトランペットがせはしく西から襲ってくると
白樺はみなねぢれた枝を海のラルゴのはうへ伸ばし
雪や露岩のけはしい二色の起伏の向ふの方で
海はなまめかしくけむってゐる
セピヤ岬のこっちには
一つぶ釜石湾の豪奢なエメラルドも飾られる
   ……あすこではこどもらが
     みんなりんごのやうに育ってゐた……
あたらしい水精のかけらが翔けて
白樺の木はにりんりんと鳴る

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(062)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「百合を掘る」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

     百合を掘る

百合を掘ると  唐鍬トガをかたぎつ
ひと恋ひて   林に行けば
濁り田に    白き日輪
くるほしく   うつりゆれたる

友らみな    大都のなかに
入学の     試験するらん
われはしも   身はうち疾みて
こゝろはも   恋に疲れぬ

森のはて    いづくにかあれ
子ら云へる   声ほのかにて
はるかなる   地平のあたり
汽車の音    行きわぶごとし

このまひる   鳩のまねして、
松森の     うす日のなかに、
いとちさき   百合のうろこを、
索めたる    われぞさびしき

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

     百合を掘る

百合を掘ると  唐鍬トガをかたぎつ
ひと恋ひつ   林に行けば
濁り田に    白き日輪
くるほしく   うつりてゆるゝ

友らみな    大都のなかに
入学の     試験するらん
われはしも   身はうち疾みて
こゝろはも   恋に疲れぬ

森のはて    いづこにもあれ
子ら云へる   声ほのかにて
はるかなる   地平のあたり
汽車の音    行きわぶごとし

このまひる   鳩のまねして
松森の     うす日のなかに
いとちさき   百合のうろこを
らびしくも   われは索めたる

------------------------------------------------------------
(先駆形短歌)
------------------------------------------------------------

     ※

144  濁り田に
   白き日輪うつるなり
   百合を掘らんと
   林めぐれば

     ※

145  友だちの
   入学試験ちかからん
   林は百合の
   嫩芽萌えつゝ

     ※

146  またひとり
   はやしに来て鳩のなきまねし
   かなしきちさき
   百合の根を掘る。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 14日に左眼の手術をして、15日に眼帯がとれました。非常に
よく見えるようになりましたが、右眼と視力が違いすぎ、メガネも
あわないので、案外不便なものです。1月に右眼の手術をするまで
の我慢です。

 夜の間は保護しておくように、ということなので、現在はせっか
くよく見えるようになった左眼に眼帯をして、視力の落ちた右目だ
けで書いています。誤字などありましたらご容赦を。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--982号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/