-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第980号--2017.12.02------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(33)」「〔館は台地のはななれば〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「〔その洋傘だけでどうかなあ〕」「孤独と風童」
------------------------------------------------------------

 今回で1924年の詩は終了です。

「〔その洋傘だけでどうかなあ〕」は元の題が「客を停める」で、
誰か来客があったようですが、年譜にも誰が来たのかは載っていま
せん。月曜日のことなので、自宅ではなく、学校の方への来客だっ
たのでしょう。

 この詩は後に『詩人時代』に掲載されています。

 次の「孤独と風童」も『貌』に掲載されていて、このあたりの詩
は後に雑誌に掲載されたものが多いです。

 それもそのはずで、『春と修羅』の詩は改めて雑誌に載せること
はしていませんし、後の文語詩は一般向けの雑誌はともかく、詩誌
に載せるのは編集者の方でいやがったはずです。

 要するに読者が読みたいのは『春と修羅』の続編にあたる詩なの
で、それも当然といったところです。

 またこの詩の下書稿の最後にこんな詩句があります。

こんどの童話はおまへのだよ

 詩の題名からしても、「こんどの童話」は「風の又三郎」のよう
に思えますね。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

虹の不思議
https://www.bioweather.net/column/weather/contents/mame064.htm

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 (写真1)のように虹が2本出ることがあります。

 左の虹と右の虹で色の並びが逆になっています。また、右の虹と
左の虹では明るさが違っています。

 専門的には左の虹(下側)を「主虹」と言い、右の虹(上側)を
「副虹」と言います。

 主虹と副虹は(図1)のように水滴に出入りする光の入射角がち
がいます。このため、副虹は色の並びが主虹の反対となってしまい
ます。また、副虹は水滴内で2回反射するため主虹よりも暗くなっ
てしまいます。普通よく見る虹は1本ですね。これは主虹が見えて
いるので、内側が紫で外側が赤となっています。

 太陽光線はいろいろな角度から入ってくるのではなく、平行光線
となっています。虹を見た人と太陽を結ぶ線(図1の中では虹を見
ている女の子と太陽を結ぶ緑色の線)に対して、太陽と反対方向
で約42度付近の位置に主虹ができます。副虹は約51度付近です。

 (写真1)で主虹と副虹の間の空が暗いことに気がついたでしょ
うか。これも主虹と副虹が現れたときの大きな特徴です。ちなみに、
主虹の下側(写真では左側)が最も明るく、副虹の外側(写真1で
は右側)がやや暗くなり、主虹と副虹の間が最も暗くなります。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(033)〕----------------------------------

「〔その洋傘だけでどうかなあ〕」「孤独と風童」

------------------------------------------------------------
■「〔その洋傘だけでどうかなあ〕」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

三〇五
     〔その洋傘かさだけでどうかなあ〕
                    一九二四、一一、一〇、

その洋傘かさだけでどうかなあ
虹の背后うしろが青く暗くておかしいし
そのまた下があんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
日にだまされてでかけて行くと
シャツの底まで凍ってしまふ
  ……建物中の玻璃ガラスの窓が
    みんないちどにがたがた鳴って
    林はまるで津波のやう……
ああもう向ふで降ってゐる
へんにはげしく光ってゐる
どうも雨ではないらしい
  ……もうそこらへもやってくる
    まっ赤な山もだんだんかくれ
    木の葉はまるで鼠のやうに
    ぐらぐら東へ流される……
それに上には副虹だ
あの副虹のでるときが
いちばん胸にわるいんだ
  ……ロンドンパープルやパリスグリン
    あらゆる毒剤のにほひを盛って
    青いアーク虚空そらいっぱいに張りわたす……
まあ掛けたまへ
ぢきにきれいな天気になるし
なにか仕度もさがすから
  ……たれも行かないひるまの野原
    天気の猫の目のなかを
    防水服や白い木綿の手袋は
    まづロビンソンクルーソー……
ちょっとかはった葉巻を巻いた
フェアスモークといふもんさ
それもいっしょにもってくる

------------------------------------------------------------
(「詩人時代」発表形 1932年11月1日)
------------------------------------------------------------

     客を停める
                         宮沢賢治

その洋傘かさだけでどうかなあ
虹の背後うしろが青く暗くておかしいし
そのまた下があんなにまつ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもつた岩の鐘……
日にだまされてでかけて行くと
上着もなにも凍つてしまふ
  ……建物中のガラスの窓が
    みんないちどにがたがた鳴つて
    林はまるで津波のやう……
ああもう向ふで降つてゐる
へんにはげしく光つてゐる
どうも雨ではないらしい
  ……もうそこらへもやつてくる
    まつ赤な山もだんだんかくれ
    木の葉はみんな鼠になつて
    ぐらぐら東へ流亡ながされる……
それに上には副虹だ
あの副虹のでるときが
いちばん咽喉にわるいんだ
  ……ロンドンパープルやパリスグリン
    あらゆる毒剤のにほひを盛つて
    青いアーク虚空そらいつぱいに張り亙す……
向ふの宿やどはだいじやうぶ
たゞあすこらは続いたひでりのあとなので
学童こどもがみんな暗くてね
王女や花ではだめらしい
まあ掛けたまへ
ぢきにきれいな天気になるし
なにか仕度もさがすから
  ……たれも行かないひるまの野原
    天気の猫の目のなかを
    防水服や白い木綿の手袋は
    まづロビンソンクルーソー……
ちよつと変つた葉巻を巻いた
フエアスモークといふもんさ
それもいつしよにもつてくる

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

三〇五
     客を停める
                    一九二四、一一、一〇、

その洋傘かさだけでどうかなあ
虹の背后うしろが青く暗くておかしいし
そのまた下があんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
日にだまされてでかけて行くと
上着もなにも凍ってしまふ
  ……建物中の玻璃ガラスの窓が
    みんないちどにがたがた鳴って
    林はまるで海嘯つなみのやう……
ああもう向ふで降ってゐる
へんにはげしく光ってゐる
どうも雨ではないらしい
  ……もうそこらへもやってくる
    まっ赤な山もだんだんかくれ
    木の葉はみんな鼠になって
    ぐらぐら東へ流亡ながされる……
それに上には副虹だ
あの副虹のでるときが
いちばん咽喉にわるいんだ
  ……ロンドンパープルやパリスグリン
    あらゆる毒剤のにほひを盛って
    青いアーク虚空そらいっぱいに張りわたす……
まあ掛けたまへ
向ふの宿やどはだいじやうぶ、
たゞあすこらは
四年ひでりのあとなので、
学童こどもがみんな暗くてね、
王子や花ではだめらしい
ぢきにきれいな天気になるし
なにか仕度をさがすから
ちょっとかはった葉巻をまいた
それもいっしょにもってくる

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

三〇五
                    一九二四、一一、一〇、

その洋傘かさだけでどうかなあ
虹のうしろの空のいろが
あんまりおかしな鼠いろだし
そのまた下があんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
凍った風を吸ってると、ただの一里も行かないうちに、
すっかり咽喉をいためてしまふ
  ……学校中のガラスの窓が
    みんないちどにがたがた鳴って
    林はまるでつなみだ……
ああもう向ふで降ってゐる
ひかってゐるな
どうも雨ではないらしい
  ……もうこっちまでやってくる
    まっ赤な山も視えなくなったし
    木の葉は魔法の(一字不明)を
    ぐらぐら東へながされる……
それに上には副虹だ
あの副虹のでるときが
いちばん咽喉にわるいんだ
  ……ロンドンパープルやパリスグリン
    あらゆる毒剤のにほひを盛って
    青い挟をそらいっぱいに張りわたす……
まあ掛けたまへ
ぢきにきれいな天気になるし
なにか仕度をさがすから
  ……いまの天気は猫の目だ
    照ったら降るといへばいゝ
    降ったら照るといへばいゝ……
厚朴ほうの木の葉で葉巻をまいた
それもいっしょにもってくる
なかにはちゃんと仕掛けがある
どうだ一本齧ったら

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

その洋傘だけでどうかなぁ
虹のうしろの雲のいろが
あんまりおかしな鼠いろだし
そのまた下があんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
凍った風を吸ってるうちに
うっかりのどをやられてしまふ
……学校中のガラスの窓が
  みんないちどにがたがた鳴って
  林はまるでつなみのやう……
ああもう向ふでやってゐる、ひかってゐるな、
どうも雨ではないらしい
  ……もうこっちまでやってくる
    まっ赤な山も見えなくなったし
    木の葉はまるで鼠のやうに
    ぐらぐら東へ流される……
それに上には副虹だ
あの副虹の出るときが
いちばん胸にうまくない
  ……ロンドンパープルやパリスグリーン
    あらゆる毒剤のにほひを盛って
    青いアークをそらいっぱいに張り亘す……
まあ掛けたまへ
なにか仕度もさがすから
  ……いまの天気は猫の目だ
    照ったら降るといへばいゝ
    ふったら照るといへばいゝ……
ぢきにきれいな天気になるし
電車の方がまちがひない
ほうの木の葉で葉巻を巻いた
それもいっしょにもってくる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

虹がきれいなので
あるいて行くといふんだらうが
その洋傘だけでどうかなぁ
虹のうしろの雲のいろが
あんまりおかしな鼠いろだし
そのまた下があんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
凍った風を吸ってるうちに
気管をすっかりやられるぜ
  ……学校中のガラスの窓が
    みんないちどにがたがた鳴って
    林はまるでつなみのやう……
ああもう向ふでやってゐる
まあ落ちついて掛けたまへ
どうも雨ではないらしい
それとも凍った雨かなぁ
もう向ふではぎらぎらひかってやってゐる
  ……木の葉はまるでのぼせたやうに
    地べたを東へ走ってゐる……
それに見たまへ 虹には立派な副虹がある
あの副虹の出るときは
いちばん胸によくないやうだ
きれいと云へばきれいだが
ロンドンパープルやパリスグリーン
あらゆる毒剤のにほひを盛って
青いアークをそらいっぱいに張ってゐる
  ……もうこっちまでやってくる
    野原はまるでにはかに霧がかかったやう
    まっ赤な山も見えなくなった……
まあ仕方ない 掛けたまへ
ぢきにきれいな天気になるし
電車の方がまちがひない
ほうの木の葉の葉巻をひとつやらうぢゃないか

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三〇五
     客を停める
                    一九二四、一一、五、

それでは なんて帰るのか
まあ 待ちたまへ
あすこの虹の門をくぐって、
凍った風をひといき吸へば
あとはもうあんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
どこから雨が落ちかぶさるかわからない
電信ばしらも林の稜も
つなみみたいに一度に鳴って
虹はあらゆる毒剤よりも鮮らしく
青いアークをそらいっぱいに張りわたす
まあ掛けたまへ 掛けたまへったら
雨どこぢゃない氷だよ
どこでそいつが落ちかぶさるかわかったもんか
  ……麦のはたけのまだうららかな緑の上を
    木の葉はまるで鼠のやうに
    ぐらぐら東へ流される……
まあもうすこし掛けたまへ
ぢきにきれいな天気になるよ
シガアを一つあげるから
キャベヂで巻いたシガアをさ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三〇五
     客を停める辞令
                    一九二四、一一、五、

ではまあ なんて帰るつもりか
まあ 待ちたまへ
あすこの虹の門をくぐって
凍った風をひとくち吸へば
あとはもうあんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
どこから雨が落ちかぶさるかわからない
おまけに見給へ虹には立派な副虹がある
たとへをとれば鬼にも耳が二っつあるといふものだ
こっちがしばらく行かないでると
虹がじぶんでやってくる
そらそら
電信ばしらも林の稜も
つなみみたいに一度に鳴って
虹はあらゆる毒剤よりも鮮らしく
あんな虚像をそらいっぱいに張りわたす
まあ掛けたまへ 掛けたまへったら
雨どこぢゃない氷だよ
麦のはたけのまだうららかな緑の上を
木の葉はまるでエレキのやうに
ぐらぐら東へ流される
さあやってくる
もうぎらぎらにかゞやきながら
氷雨の束がやってくる
まあもうすこし掛けたまへ
キャベヂで巻いた
シガアをひとつやらうぢゃないか

------------------------------------------------------------
■「孤独と風童」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

三三一
     孤独と風童
                    一九二四、一一、二三、

シグナルの
赤いあかりもともったし
そこらの雲もちらけてしまふ
プラットフォームは
Yの字をした柱だの
犬の毛皮を着た農夫だの
けふもすっかり酸えてしまった

東へ行くの?
白いみかげの胃の方かい
さう
では おいで
行きがけにねえ
向ふの
あの
ぼんやりとした葡萄いろのそらを通って
大荒沢やあっちはひどい雪ですと
ぼくが云ったと云っとくれ
では
さようなら

------------------------------------------------------------
(下書稿2)
------------------------------------------------------------

三三一
     孤独と風童
                    一九二四、一一、二三、

シグナルの
赤いあかりもともったし
そこらの雲もちらけてしまふ
プラットフォームは
Yの字をした柱だの
犬の毛皮を着た農夫だの
けふもすっかり酸えてしまった

東へ行くの?
白いみかげの胃の方へかい
さう
では おいで
行きがけにねえ
向ふの
あの
ぼんやりとした葡萄いろのそらを通って
大荒沢やあっちはひどい雪ですと
ぼくが云ったと云っとくれ
では
さようなら

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三三一
     孤独と風童
                    一九二四、一一、二三、

シグナルの、赤いあかりもともったし、
プラットフォームは
Yの字をしたはしらだの
犬の毛皮を着た農夫だの
けふもすっかり酸えてしまった
東へ行くの?
白いみかげの胃の方へかい
さう では おいで
行きがけにねえ
向ふの
あの、ぼんやりとした葡萄いろのそらを通って
大荒沢やあっちはひどい雪ですと
ぼくが云ったと云っとくれ
ぢゃさようなら

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三三一
     孤独と風童
                    一九二四、一一、二三、

シグナルの赤いあかりもともったし
そこらの雲もちらけてしまふ
プラットフォームは
Yの字をしたはしらだの
犬の毛皮を着た農夫だの
けふもすっかり酸えてしまった
東へ行くの
白いみかげの胃の方へかい
さう では おいで
行きがけにねえ
向ふの
あのぼんやりとした葡萄いろのそらを通って
大荒沢や向ふはひどい雪ですと
ぼくが云ったと云っとくれ
ぢゃさようなら
樺の林の芽が噴くころにまたおいで
こんどの童話はおまへのだよ

------------------------------------------------------------
(「貌」発表形 1926年1月10日)
------------------------------------------------------------

     孤独と風童

シグナルの赤いあかりもともつたし
そこらの雲もちらけてしまふ
 プラットホームは
Yの字をしたはしらだの
犬の毛皮を着た農夫だの
けふもすつかり酸えてしまつた
東へ行くの
白いみかげの胃の方へかい
 さう ではおいで
行きがけにねえ
向ふのあの
ぼんやりとした葡萄色の空を通つて
大荒沢や向ふはひどい雪ですと
ぼくが云つたと云つてくれ
ぢやさようなら
樺の林の芽が噴くころにまたおいで
こんどの童話はおまへのだから

------------------------------------------------------------
(「貌」発表形 原稿)
------------------------------------------------------------

心象スケッチ
     孤独と風童

シグナルの赤いあかりもともったし
そこらの雲もちらけてしまふ
プラットフォームは
Yの字をしたはしらだの
犬の毛皮を着た農夫だの
けふもすっかり酸えてしまった
東へ行くの
白いみかげの胃の方へかい
 さう ではおいで
行きがけにねえ
向ふの あの
ぼんやりとした葡萄いろの空を通って
大荒沢や向ふはひどい雪ですと
ぼくがいったといっとくれ
ぢゃ さようなら
樺の林の芽が噴くころにまたおいで
こんどの童話はおまへのだから

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(060)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「〔館は台地のはななれば〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     〔館は台地のはななれば〕

館は台地のはななれば
鳥は岬の火とも見つ
香魚釣る人は藪と瀬を
低くすかしてわきまへぬ

鳥をまがへる赤き蛾は
鱗粉きらとうちながし
緑の蝦を僣しつゝ
浮塵子うんかあかりをめぐりけり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

館は台地のはななれば
釣師は川のしるべとし
鳥は岬の火とも見つ
香魚釣る人は瀬と藪と
低くすかしてわきまへぬ

鳥をまがへる赤き蛾は
鱗粉きらとうちながし
緑の蝦を僣しつゝ
浮塵子あかりをめぐりけり

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

館は台地のはななれば
鳥には岬の火とも見え
沖積面の一里には
誘蛾燈ともはたらきぬ
はた体重の一オンス
鳥をまがへる赤き蛾の
鱗粉きらとおとすあり
浮塵子緑の蝦を僣して
燈のめぐりをはねたるや

秋風吹けば
喧嘩納まり
ひとびとともに談らひて
乳熟なせる稲の穂を
ひともと持ちて来るなり

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

館は台地のはななれば
鳥には岬の火とも見え
沖積面の一里には
誘蛾燈ともはたらきぬ
体重一オンスありて
鳥のごとき赤き蛾の
きららかに鱗粉をおとせり
くわがたむしピーンと来り
はたちいさなる浮塵子むし
緑の蝦を僣しつゝ
燈のめぐりをはねあるく

秋風吹けば
喧嘩納まり
ひとびとともに談らひて
乳熟なせる稲の穂を
ひともと持ちて来るなり

------------------------------------------------------------
(先駆形口語詩「来訪」)
------------------------------------------------------------

     来訪

水いろの穂などをもって
三人づれで出てきたな
さきに二階へ行きたまへ
ぼくはあかりを消してゆく
つけっぱなしにして置くと
下台ぢゅうの羽虫がみんな寄ってくる
  ……くわがたむしがビーンと来たり、
    一オンスもあって
    まるで鳥みたいな赤い蛾が
    ぴかぴか鱗粉を落したりだ……
ちゃうど台地のとっぱななので
ここのあかりは鳥には燈台の役目もつとめ
はたけの方へは誘蛾燈にもはたらくらしい
三十分もうっかりすると
家がそっくり昆虫館に変ってしまふ
  ……もうやってきた ちいさな浮塵子うんか
    ぼくは緑の蝦なんですといふやうに
    ピチピチ電燈デンキをはねてゐる……
それでは消すよ
はしごの上のところにね
小さな段がもひとつあるぜ
  ……どこかに月があるらしい
    林の松がでこぼこそらへ浮き出てゐるし
    川には霧がしろくひかってよどんでゐる……
いやこんばんは
  ……喧嘩の方もおさまったので
    まだ乳熟の稲の穂などを
    だいじにもってでてきたのだ……

--〔後記〕--------------------------------------------------

 このところ淡々とすすんできて、今回で980号になりました。
いよいよ1000号が見えてきました。

 今年は久しぶりに寒い冬になりそうです。私のところは寒いとい
っても知れているのですが、北の方では大変でしょうね。そういう
ときはぜひパンダを見に和歌山においでください。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--980号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/