-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第979号--2017.11.25------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(32)」「Romanzero 開墾」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「郊外」「命令」
------------------------------------------------------------

 今回は1924年10月29日の「郊外」と11月2日の「命令」です。

 「郊外」の方は下書稿1〜4があり、下書稿1の題名は「竜」で、
秋の郊外の風景に竜の姿を見ています。

 「江釣子」という地名が出てきますが、北上市の江釣子ではなく、
花巻の西の郊外にあった「江釣子森」という小さな山のことです。

 賢治の勤めていた花巻農学校は当時花巻の西側にありましたから、
そこから更に西の山を見ていたのでしょう。

 「七庚申の石の塚」も近所にあったのでしょうが、文化財として
登録されているものではないようです。下の情報に出てくる庚申塚
は「北湯口八坂神社」は花巻温泉の近く、「宮野目田力」は花巻空
港の近くです。

 「現代日本詩集」にも掲載されていて、賢治としても自信作だっ
たと思います。

 「命令」の方は賢治の童話に出てくる蟻の軍隊のようで、ちょっ
とユーモラスなものです。

 でも、この「命令」は攻撃命令なんですね。案外好戦的な賢治で
す。

 「空のねむけを噛みながら行け」という詩句が、子供の私には受
けたのを覚えています。そういえば昔の「宮沢賢治詩集」には「郊
外」ではなく「命令」の方が入っていたと記憶しています。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

新指定文化財について
https://www.city.hanamaki.iwate.jp/shisei/401/414/p005981_d/fil/20170423kaiken-8.pdf

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 花巻市有形文化財として、新たに庚申塔2基を指定しました。

 平成27年2月27日に開催された花巻市文化財保護審議会において
諮問し、答申を受け、平成3月25日の教育委員会議で議決されまし
た。花巻市指定文化財としては121番目と122番目になります。

○指定物件と指定理由

(1)北湯口八坂神社青面金剛像庚申塔(寛政元年[1789]建立)

 八坂神社青面金剛庚申塔は、市内に所在する庚申塔896基の内
青面金剛像が彫られた2基の内の1基です。建立年代や建立者が明
確で、貴重な歴史資料と認められます。

(2)宮野目田力青面金剛像七庚申塔(明治 22 年[1889]建立)

 宮野目田力の青面金剛像七庚申塔も青面金剛像を持つ庚申塔の1
基で、北湯口のもの同様に建立年代、建立者が明確である上、明治
期の石工の名工である多田元治の作であることがわかっています。

 また、基本に忠実な作りで、庚申塔の研究上価値が高い資料です。

※庚申信仰とは、60日に一度巡ってくる庚申(かのえさる)の日の
夜に行われた道教の影響を受けた風習で、平安時代の貴族社会にお
いては、この夜を過ごす際、碁・詩歌・管弦の遊びを催す宴を開く
のが貴族の習いであった。江戸時代には民間信仰として広がり、庚
申の夜には近隣の講中の人々が集まり、夜通し宴会を開き、ささや
かな楽しみとした。庚申塔は、この行事を祀る記念碑である。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

江釣子森山
http://www2s.biglobe.ne.jp/~asashi/miyacg/ezuri.htm

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 花巻市街地の西、瀬川と豊沢川の間にある小さな山、江釣子森を
湯口方面から望む。江釣子森は詩「郊外」(春と修羅 第二集に収
録)等にその地名が登場する。また、湯口は隣の湯本とともに童話
「税務署長の冒険」にユグチュユモト村として登場する。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------


-〔春と修羅第二集(032)〕----------------------------------

「郊外」「命令」

------------------------------------------------------------
■「郊外」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

三二四
     郊外
                   一九二四、一〇、二九、

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし
野原は寒くあかるくて
水路もゆらぎ
穂のない粟の塔も消される
    鷹は鱗を片映えさせて
    まひるの雲の下底をよぎり
    ひとはちぎれた海藻を着て
    煮られた塩のさかなをおもふ
西はうづまく風のへり
紅くたゞれた錦の皺を
つぎつぎ伸びたりつまづいたり
乱積雲のわびしい影が
まなこのかぎり南へ滑り
山の向ふの秋田のそらは
かすかに白い雲の髪
    毬をかゞげた二本杉
    七庚申の石の塚
たちまち山の襞いちめんを
霧が火むらに燃えたてば
江釣子森の松むらばかり
黒々として溶け残り
人はむなしい幽霊写真
たゞぼんやりと風を見送る

------------------------------------------------------------
(「現代日本詩集」発表形 1933年4月1日)
------------------------------------------------------------

     郊外

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍つた雨をおとし
野はらは寒くあかるくて
水路もゆらぎ
穂のない粟の塔も消される
 鷹はうろこを片映えさせて
 まひるの雲の下底かていぎり
 ひとはちぎれた海藻を着て
 煮られた塩のさかなをおもふ
西はうづまく風の底
紅くたゞれた錦の皺を
つぎつぎ伸びたりつまづいたり
乱積雲のわびしい影が
まなこのかぎり南へ移り
山の向ふの秋田のそらは
かすかに白い雲の髪
 毬をかゞげた二本杉
 七庚申の石の塚
たちまち山の襞いちめんを
霧がむらに燃えたてば
江釣子森の松むらばかり
黒々として融け残り
人はむなしい幽霊写真
たゞぼんやりと風を見送る

------------------------------------------------------------
(下書稿4推敲後)
------------------------------------------------------------

三二四
                   一九二四、一〇、二九、

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし
野原は寒くあかるくて
水路もゆらぎ
穂のない粟の塔も消される
  鷹は鱗を片映えさせて
  まひるの雲の下底を過ぎり
  ひとり耿々野をよぎり
  ひとはちぎれた海藻を着て
  煮られた塩の魚をおもふ
西はうづまく風の底
紅くたゞれた錦の皺を
つぎつぎ伸びたりつまづいたり
乱積雲のわびしい影が
まなこのかぎり南へ滑り
山の向ふの秋田のそらは
かすかに白い雲の髪
  毬をかゞげた二本杉
  七庚申の石の塚
たちまち山の襞いちめんを
霧が火むらに燃え立てば
江釣子森の松むらばかり
黒々として溶け残り
人はむなしい幽霊写真
たゞぼんやりと風を見送る

------------------------------------------------------------
(下書稿4推敲前)
------------------------------------------------------------

三二四
                   一九二四、一〇、二九、

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし
野原は寒くあかるくて
水路の面もしろくゆれ
穂のない粟の塚も消される
  鷹は鉛の鱗をつけて
  耿々として野をよぎり
  人はちぎれた海藻を着て
  煮られた塩の魚をおもふ
西はうづまく風の底
紅くたゞれた錦の皺を
乱積雲のわびしい影が
つぎつぎのびたりつまづいたり
いくつもいくつも南へ滑り
山の向ふの秋田のそらは
かすかに白い雲の髪
  毬をかゞげた二本杉
  七庚申の石の塚
たちまち山の襞いちめんに
霧の火むらが燃えあがり
江釣子森の松むらばかり
黒々として溶け残る

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

三二四
                   一九二四、一〇、二九、

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし、
野原は寒くあかるくて、
水路の面もしろくゆれ
穂のない粟の塚も消される
  鷹は鉛の鱗をつけて、
  耿々として野をよぎり
  人はちぎれた海藻を着て、
  煮られた塩のさかなをおもふ。
西はうづまく風の底
紅くたゞれた錦の皺を
乱積雲のわびしい影が
つぎつぎのびたりつまづいたり
いくつもいくつも南へ滑り
山の向ふの秋田のそらは
かすかに白い雲の髪
  毬をかゞげた二本杉
  七庚申の石の塚
たちまち山の襞いちめんに
霧の火むらが燃えあがり
江釣子森の松むらばかり
黒々として溶け残る

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

三二四
                   一九二四、一〇、二九、

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし、
野原は寒くあかるくて、
穂のない粟の塚も消される
  人はちぎれた海藻を着て、
  煮られた塩のさかなをおもひ、
  鷹は鉛の鱗をつけて、
  耿々として野をよぎる
西は渦巻く風の底、奥羽竜骨山脈の
紅くたゞれた彫鏤の面を
一つの雲の巨きな影が
つまづきながら南へすべる
  毬をかゞげた二本杉
  七庚申の石の塚
たちまち山の襞いちめんに
氷と霧の火があがり
江釣子森の松むらばかり
黒々として沈んでしまふ

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

三二四
                   一九二四、一〇、二九、

そらいっぱいの卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし、
野原は寒くあかるくて、
穂のない粟の塔も消される
  人はみな海藻を着て
  煮られた塩のさかなをおもひ
  鷹はかゞやく鱗をつけて
  耿々として野をよぎる
西は渦巻く風の下
紅くたゞれた彫鏤の上を
一つの雲のつめたい影が
つまづきながらしづかにすべる
  毬をかゞげた二本杉
  七庚申の石の塚
いきなり西の視野いちめんに
まっ白な氷と霧の火があがり
江釣子森の岩頚ばかり黒々として沈んでしまふ

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

三二四
                   一九二四、一〇、二九、

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし、
野原は寒くあかるくて、
穂のない粟も洗はれる
毬を吊げた二本の杉を
紺のサージのむすめがひとり
森の部落へ急いで帰る
西は渦巻く風の下
紅くたゞれた彫鏤の上を
一つの光鱗魚類の影が
しづかに北へすべっておりる
  毬をかゞげた二本杉
  七庚申の石の塚
  竜や錦や水精や風
いきなり西の視野いちめんに
まっ白な氷と霧の火があがり
江釣子森の岩頚ばかり黒々として沈んでしまふ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三二四
     竜
                   一九二四、一〇、二九、

穹窿そらいっぱいの
卑しく光る乱雲が
ときどき凍った梅を落し
野原は寒くあかるくて、
穂のない粟も洗はれる
西は渦巻く雲の毛の下
水精と錦で刻む山脉を
紅く爛れて燃えた彫鏤の上を
一つの光鱗魚類の陰影が
しづかに北へすべって降りる
  ……さびしく枯れた萱のむら
    毬をかゞげた二本杉……
紺のサージのむすめがひとり
森の部落へ急いで行けば
いきなり西の視野いちめんに
まっしろな氷と霧の火があがり
江釣子森の岩頚が
黒々として沈んでしまふ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三二四
     竜
                   一九二四、一〇、二九、

穹窿そらいっぱいの竜どもが
おもひだしては唾を吐き
その唾凍り
野原は寒くあかるくて、
残りの梨実なしも洗はれる
  ……水晶と錦を使ふ東洋風のこの手法テクニック
西は渦巻く雲の白髪の下に
山脉が紅く爛れて燃え
その一一の彫鏤の上を
一つの竜の黒い陰影が
いきなり北へすべって落ちる
  ……天頂にいま青ぞらの片があらはれ
    東が白い光の棒で飾られる……
こんどは西の視野いちめんに
まっしろな氷と霧の火があがる
  ……おれはまさしく丈け一由旬になってゐる……
江釣子森の岩頚(三字不明)が
黒々として沈んでしまふ

------------------------------------------------------------
■「命令」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

三一三
     命令
                    一九二四、一一、二、

マイナス第一中隊は
午前一時に露営地を出発し
現在の松並木を南方に前進して
向ふの、
あの、
そら、
あの黒い特立樹の尖端から
右方指二本の緑の星、
あすこの泉地を経過して
市街のコロイダーレな照明を攻撃せよ
 第一小隊長
 きさまは途中の行軍中、
 空のねむけを噛みながら行け
それから市街地近傍の、
並木に沿った沼沢には
睡蓮や蓴菜
いろいろな燐光が出没するけれども
すこしもそれにかまってはならない
いいか わかったか
命令 終り

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

三一三
     命令
                    一九二四、一一、二、

おい マイナス第一中隊は
午前一時に露営地を出発し
現在の松並木を南方に前進して
向ふの あの そら
あの黒い特立樹の尖端から
右方指二本の緑の星の東にあたる
小さな泉地を経過して
市街のコロイダーレな照明を襲撃せよ
 第一小隊長
 きさまは空のねむけを噛みながら行け
並木(約二字不明)灰色の沼沢には
睡蓮や蓴菜
いろいろな燐光が出没するけれども
すこしもそれにかまってはならない
いいか わかったか
命令 終り

------------------------------------------------------------
(「銅鑼」発表形 1925年9月8日)
------------------------------------------------------------

     ─命 令─

おい、マイナス第一中隊は
午前一時に露営地を出発し
現在の松並木を南方に前進して
向ふの あの そら
あの黒い特立樹の尖端から
右方指二本の緑の星の東にあたる
小さな泉地を経過して
市街の
コロイダーレな照明を襲撃せよ
………第一小隊長
   きさまは空のねむけを噛みながら行け………
並木道右手の沼沢には
睡蓮や蓴菜
いろいろな燐光が出没するけれども
すこしもそれにかまってはならない
いいか わかったか
命令 終り

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(059)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「Romanzero 開墾」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     Romanzero 開墾

落ちしのばらの芽はひかり
樹液はしづかにかはたれぬ

あゝこの夕つゝましく
きみと祈らばよからんを

きみきたらずばわが成さん
この園つひにむなしけん

西天黄ばみにごれるに
雲の黒(一字不明)の見もあえず

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

落ちしのばらの芽はひかり
樹液はしづかにかはたれぬ

西天黄ばみにごれるを
こひのこゝろのたゞあわたゞし

------------------------------------------------------------
(下書稿1「冬のスケッチ」第一葉 推敲後)
------------------------------------------------------------

   ※

落ちしのばらの芽はひかり
にじむ樹液はあかりせり

   ※

西天黄ばみにごれるを
ひとをおもへばあわたゞし

------------------------------------------------------------
(下書稿1「冬のスケッチ」第一葉 推敲前)
------------------------------------------------------------

   ※

芽は燐光
樹液はまこと月あかり

   ※

薄明穹黄ばみ濁り
こひのこゝろはあわたゞし
こひのこゝろはつめたくかなし

--〔後記〕--------------------------------------------------

 「春と修羅」第二集の詩も、1924年はそろそろ終りです。2017年
もちょうど終りにさしかかってきました。

 今年はガンの手術を受けたりして、いろいろと大変な年になりま
した。いよいよ人生も晩年だな、と思うようになりました。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--979号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/