-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第977号--2017.11.11------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(30)」「〔いざ渡せかし おいぼれめ〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「ローマンス(断片)」「凍雨」「〔野馬がかってにこさえたみち
と〕」
------------------------------------------------------------

 今回は1924年10月12、24、26日の日付を持つ三篇です。

 「ローマンス(断片)」はごく短いもので、おまけの扱いにしま
した。

 「凍雨」は雑誌に「県道」として掲載されたことのある作品で、
雑誌掲載形は最終形に近いものです。「小さな百の組合」を訪れる
というのは、東北砕石工場の仕事のことかと一瞬思いますが、この
ころはまだ農学校勤務中ですから、この間出ていた「産業組合」の
方なのでしょう。

 後の「第三集」の作品に近い雰囲気だと感じます。

 「〔野馬がかってにこさえたみちと〕」は今まで「遠足許可」と
して知られていたものですが、この作品の前身は「母に云ふ」とい
う詩で、内容的には全く違うものです。

 「母に云ふ」の方は遠足に行ったのは作者自身で、小岩井方面で
の「遠足」からほうほうの体で帰って来た作者が、母にその報告を
しています。

 この詩の最後にこんな詩句があります。

わたくしはまったく気の毒になって
汽車賃を引いて残りを三十銭ばかり
お礼にやってしまひました

 いつまでもおぼっちゃん気分の抜けない賢治らしいものですね。

 さて、その詩の原稿がまったく違う状況に書き換えられたのが
「遠足許可」の詩です。

 こちらでは遠足に行くのが生徒で、先生(賢治)はいろいろと心
配して訊ねています。

 自分のやった失敗を子供に対して心配しているのも変な話なんで
すが、先生の行った道を自分たちも歩きたい、とでもいうようなこ
とが、実際にあったのかもしれません。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

■春子谷地は泥炭地
http://www.morioka-times.com/news/2010/1012/18/10121803.htm

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 春子谷地にはこんな伝説がある。

 大昔、鞍掛山の南口に夫婦と娘春子との3人暮らしの炭焼きがい
た。春子は18を迎え、山里には珍しいほど美しい容姿の娘となっ
た。9月の末のある日、春子の姿が見えなくなり両親がいくら探し
まわっても娘は居なかった。夕陽が西山に傾く頃、どこからともな
く春子が帰ってきた。親が「どこに行ったのか」とたずねても娘は
うつむいて溜め息をつくばかりだった。

 その後10日ほどたち、また春子の姿が見えなくなって夕方の七
ツ時(4時)にようやく帰ってくると着物の腰から下が濡れていた。
母親がそのわけをきくと、娘は「逢の沢さ行った」とだけもらした。
その後は変った様子もなかった春子がある夜、突然うなされて「吉
さん、吉さん」と大声で叫んだ。それからはたびたび寝言を繰り返
し、娘は夜中に家をぬけだし逢の沢に行くようになった。吉さんと
は逢の沢の主で、春子はこの主と逢瀬を忍ぶ仲となっていたのだっ
た。

 岩手山に2、3回ほど雪が降り、ある雪混じりの大嵐の夜のこと、
春子は真夜中に吉さんに誘われ家を出て逢の沢に行き、そのまま沼
に身を沈めてしまった。土地の人たちがこの噂を知って娘の悲恋を
傷み、この沼を春子谷地と呼ぶようになったという。

 長い引用となりましたが、現在は湿地の春子谷地も昔は身を沈め
るような沼だったというのです。「今では深くて1メートル位…た
いていは、長靴で歩ける水深だが、昔は4メートルもある沼地もあ
ったと記録されている」と『姥屋敷自治会二十五周年追想記』にあ
るが、「昭和30年頃東北大学の先生が春子谷地で、深さ20セン
チごとに腐植物のサンプルを採取しているところに出会った。7メ
ートルの深さまでも器具をさし込みサンプルを取っていたが、まだ
まだ深くまで腐植物がある」と、湿地の生態調査の記録を述べ、伝
説にある深い沼地説を裏付けています。

(略)
 
 また、次の3篇の作品は春子谷地を沼森平の泥炭地と同根の湿地
とみなし、固有名詞ではなく「泥炭地」の比喩をもって春子谷地を
暗示するものです。ひとつは「春と修羅 第2集」の〔野馬がかっ
てにこさえたみちと〕で次の詩章にその特性をみる。作品は柳沢か
ら鞍掛山麓の高原を横断し小岩井農場へと向かう道程の寸景として
描かれている。
 
 泥炭層の伏流が
 どういふものか承知か?
 
 また、その先駆稿である「母に言ふ」に「陰気な泥炭地をかけ抜
けたり」とか、「遠足許可」に「泥炭地の伏流をご承知かね?」と
あるのも同じ情景で、これら3篇は「泥炭地」という比喩をもって
春子谷地が暗示されているものとみられます。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(030)〕----------------------------------

「ローマンス(断片)」「凍雨」「〔野馬がかってにこさえたみち
と〕」

------------------------------------------------------------
■「ローマンス(断片)」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

三二〇
     ローマンス(断片)
                   一九二四、一〇、一二、

ぼくはもいちど見て来ますから
あなたはここで
月のあかりの汞から
咽喉だの胸を犯されないやう
よく気を付けて待っててください

あの綿火薬のけむりのことなぞ
もうお考へくださいますな

   最后にひとつの積乱雲が
   ひどくちぢれて砕けてしまふ

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

三二〇
     (数文字不明)Fantasia
                   一九二四、一〇、一二、

ぼくはもいちど見て来ますから
あなたはここで
月のあかりの汞から
咽喉だの胸を害されないやう
よく気を付けて待っててください

あの綿火薬のけむりのことなぞ
もうお考へくださいますな

   最后にひとつの積乱雲が
   ひどくちぢれて砕けてしまふ

------------------------------------------------------------
■「凍雨」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

三三一
     凍雨
                    一九二四、一〇、二四、

つめたい雨も木の葉も降り
町へでかけた用タシたちも
背蓑ケラをぬらして帰ってくる
  ……凍らす風によみがへり
    かなしい雲にわらふもの……
牆林ヤグネは黝く
上根子堰の水もせゝらぎ
風のあかりやおぼろな雲に洗はれながら
きゃらの樹が塔のかたちにつくられたり
崖いっぱいの萱の根株が
妖しいべにをくゆらしたり
  ……さゝやく風に目を瞑り
    みぞれの雲にあえぐもの……
北は鍋倉円満寺
南は太田飯豊笹間
小さな百の組合を
凍ってめぐる白の天涯

------------------------------------------------------------
(「現代日本詩集」発表形)
------------------------------------------------------------

     県道

つめたい雨も木の葉も降り
町へでかけた用タシたちも
半蓑ケラをぬらして帰つてくる
  ……凍らす風によみがへり
     かなしい雲にわらふもの……
牆林ヤグネは黝く
上根子堰かみねこぜきの水もせせらぎ
風のあかりやおぼろな雲に洗はれながら
きやらの木が塔のかたちに刈りつまれたり
崖いつぱいの萱の根株が
あやしいべにをくゆらしたり
  ……さゝやく風に目をつむり
    みぞれの雲に喘ぐもの……
北は鍋倉なべくら円満寺
南は太田飯豊いひどよ
小さな百の組合を
凍つてめぐる白の天涯

------------------------------------------------------------
(下書稿3)
------------------------------------------------------------

三三一
     凍雨
                    一九二四、一〇、二四、

つめたい雨も木の葉も降り
町へでかけた用タシたちも、けらをぬらして帰ってくる
  ……凍らす風によみがへり
    かなしい雲にわらふもの……
牆林ヤグネは黝く
上根子堰の
風のあかりやおぼろな雲に洗はれながら
きゃらの樹が塔のかたちにつくられたり
崖いっぱいの萱の根株が、妖しい紅にけむったり
  ……さゝやく風に目を瞑り
    みぞれの雲にあえぐもの……
北は鍋倉円満寺、南は太田飯豊の
小さな百の組合を
凍ってめぐる白の天涯

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

三三一
     凍雨
                    一九二四、一〇、二四、

つめたい雨も木の葉もふり
みんなはけらの肩をすぼめてぬれた郡道を帰ってくる
  ……凍らす風によみがへり
    かなしい雲にわらふもの……
家ぐねは黝く
上根子堰の水もひからず
風のあかりやおぼろな雲に洗はれながら
きゃらの樹が塔のかたちにつくられたり
厩舎うまやのまへでトマトが青く腐ったりする
凍らす風に目を瞑り
みぞれの雲にあえぐもの
北は鍋倉円満寺
南は太田飯豊笹間
小さな百の組合を
凍ってめぐる天涯と
妖しいべにをくゆらせる
萱の根かぶの花青素のむら

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

三三一
     凍雨
                    一九二四、一〇、二四、

つめたい雨も木の葉もふり
みんなはけらを着て急ぐ
  ……凍らす風によみがへり
    かなしい雲にわらふもの……
林は黝く
上根子堰の水もひからず
風のあかりやおぼろな雲に洗はれながら
きゃらの樹が塔のかたちにつくられたり
厩舎うまやのまへでトマトが青く腐ったりする
   北は鍋倉円満寺
     南は太田飯豊笹間
小さな百の組合を
凍ってめぐる天涯と
妖しいべにをくゆらせる
萱の根かぶの花青素のむら
   ……雲にすれすれ一むれの鳥……

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三三一
     凍雨
                    一九二四、一〇、二四、

つめたい雨も木の葉もふり
みんなはけらで行き急ぐ
  ……凍らす風によみがへり
    縮れた雲にわらふもの……
林は黝くすゝきのまはらな穂もひらかず
風のあかりやおぼろな雨にあらはれながら
きゃらの木が塔のかたちにつくられたり
うまやのまへでトマトが青く腐ったりする
北は鍋倉円満寺
南は太田飯豊笹間

渡りのむくのひと群が
雨やエレキに溶かされて
きれいな白い骨ばかり

雲にすれすれその天末の氷の環に翔けて行く

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三三一
     凍雨
                    一九二四、一〇、二四、

つめたい雨も木の葉もふり
みんなはけらを着て急ぐ
  ……凍らす風によみがへり
    かなしい雲にわらふもの……
樹林は黄ばみ
すゝきのまばらな穂もひらかず
雨やおぼろな雲にあらはれながら
いちゐの木で塔のかたちがつくられたり
梢の上でトマトが赤く熟したりする

陰湿なこゝらの風象の底に
あやしいげんげの花簇をひろげ
春のピンクをけぶらすものは
萱の根かぶの花青素です

------------------------------------------------------------
■「〔野馬がかってにこさえたみちと〕」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

三二九
     〔野馬がかってにこさえたみちと〕
                    一九二四、一〇、二六、

野馬がかってにこさえたみちと
ほんとのみちとわかるかね?

なるほどおほばこセンホイン
その実物もたしかかね?

おんなじ型の黄いろな丘を
ずんずん数へて来れるかね?

その地図にある防火線とさ
あとからできた防火線とがどうしてわかる?

泥炭層の伏流が
どういふものか承知かね?

それで結局迷ってしまふ
そのとき磁石の方角だけで
まっ赤に枯れた柏のなかや
うつぎやばらの大きな藪を
どんどん走って来れるかね?

そしてたうたう日が暮れて
みぞれが降るかもしれないが
どうだそれでもでかけるか?

はあ さうか

------------------------------------------------------------
(下書稿4)
------------------------------------------------------------

三二九
     遠足許可
                    一九二四、一〇、二六、

野馬がかってにこさえたみちと
ほんとのみちとわかるかね?

なるほどおほばこセンホイン
その実物もたしかかね?

おんなじ型の黄いろな丘を
ずんずん数へて来れるかね?

その地図にある防火線とさ
あとからできた防火線とがどうしてわかる?

泥炭層の伏流が
どういふものか承知かね?

それで結局迷ってしまふ
そのとき磁石の方角だけで
まっ赤に枯れた柏のなかや
うつぎやばらの大きな藪を
どんどん走って来れるかね?

そしてたうたう日が暮れて
みぞれが降るかもしれないが
どうだそれでもでかけるか?

はあ さうか

------------------------------------------------------------
(下書稿3)
------------------------------------------------------------

三二九
     遠足許可
                    一九二四、一〇、二六、

野馬がかってにこさえたみちと
ほんとのみちがどうしてわかる?

では おほばことセンホイン
その実物がわかるかね?

おんなじ型の黄いろな丘を
ずんずん数へて来れるかね?

その地図にある防火線とさ
あとからできた防火線とがどうしてわかる?

泥炭層の伏流に
いきなりどんとおっこちる
さういふこともいのかね?

みちがだんだんおかしな方へまはったら
方角だけで
まっ赤に枯れた柏のなかや
うつぎやばらの大きな藪を
どんどん走って来れるかね?

そして結局日が暮れて
みぞれが降るかもしれないが
どうだ それでも でかけるか。
 
はあさうか。

------------------------------------------------------------
(「文芸プランニング」発表形 1930年11月1日)
------------------------------------------------------------

     遠足許可

ぜんたいきみは
野馬がかってにこさえたみちと
ほんとのみちが分かるかね?
おほばこと
センホインといふ草を知ってゐるかね?
おんなじ型の黄いろな丘
ずんずん数へて来れるかね?
地図にある防火線とさ
あとからできた防火線とがどうしてわかる?
泥炭層の伏流をご承知かね?
しまひは磁石の方角だけで
まっ赤に枯れた柏のなかや
うつぎやばらの大きな藪を
どんどん走って来れるかね?
そしてたうとう日が暮れて
みぞれが降るかもしれないが
さういふことも覚悟の前か?
はあ さうか

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

三二九
     遠足許可
                    一九二四、一〇、二六、

ぜんたいきみがリーダーなんて
野馬がかってにこさえたみちと
ほんとのみちがどうしてわかる?
なるほどおほばこセンホインその実物を知ってるか
そんならきみはほんとのみちがぼんやり消えてしまったとき
あとをどうしてやってくる
あすこらへんのおんなじ型の黄いろな丘を
どこで見分けるかんがへだ
その地図にある防火線とさ
あとからできた防火線とがどうしてわかる
泥炭層の伏流をご承知かね
しまひはきっと磁石もなげだして
まっ赤に枯れた柏の中や
うつぎやばらの大きな藪を
血相かへて走ってくる
なるほど悲壮な決心だ
そしてたうたう日が暮れて
みぞれが降って倒れてしまふ
どうだそれでもでかけるか
ははあなるほどいゝだらう
次の日ぼくが救援隊できみらをみつけたとき
合はせる顔はいったいどういふ顔だとおもふ
ははあなるほど
まあその顔のつゞきだな
けれどもどうだ
きみらの方が救援隊にまはったら
仕事がもっと片づいたら
ぼくが第一でかけるから
ははあきみらもついて行く
ではまをひとつさうしやう
そんならあしたはやめたまへ
解散

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

三二九
     遠足許可
                    一九二四、一〇、二六、

ぜんたいきみは
野馬がかってにこさえたみちと
ほんとのみちを見分かるかね
おほばことセンホインといふ草を知ってゐるかね
おんなじ型の黄いろな丘を
ずんずん数へて来れるかね
地図にある防火線とさ
あとからできた防火線とがどうしてわかる
泥炭層の伏流をご承知かね
みちがだんだんおかしな方へ廻ったら
方角だけで
まっ赤に枯れた柏の中や
うつぎやばらの大きな藪を
どんどん走って来れるかね?
そしてたうたう日が暮れて
みぞれが降るかもしれないが、そのとききみはどうするね
はあ さうか

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三二九
     遠足許可
                    一九二四、一〇、二六、

柳沢から小岩井へ出る?
そんならきみは馬のあるいたみちと
ひとのあるいたみちの見分けをつけられるかね
おほばことセンホインといふ草を知ってゐるかね
おんなじ型の黄いろな丘をずんずん数へて来れるかね
地図にある防火線とない防火線が見分かるかね
まっ赤に枯れた柏の中や
わらびの葉だのすゞらんの実だの
どんどん走って来れるかね
泥炭地の伏流を承知かね
岩手山の雲をかぶったまばゆい雪から
風をもらって帽子をふるだけ余裕をもってゐれるかね
いよいよわけがわからなくなって
大やけくそに小岩井はどっちだと叫んで
いきなりそこらの林から
縄などもってまっ黒な人が飛びだしたとき
きみはどぎまぎしないかね
はあさうか

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三二九
     母に云ふ
                    一九二四、一〇、二六、

馬のあるいたみちだの
ひとのあるいたみちだの
センホインといふ草だの
方角を見やうといくつも丘にのぼったり
まちがって防火線をまはったり
がさがさがさがさ
まっ赤に枯れた柏の下や
わらびの葉だのすゞらんの実だの
陰気な泥炭地をかけ抜けたり
岩手山の雲をかぶったまばゆい雪から
風をもらって帽子をふったり
しまひにはもう
まるでからだをなげつけるやうにして走って
やっとのことで
南の雲の縮れた白い火の下に
小岩井の耕耘部の小さく光る屋根を見ました
萱のなかからばっと走って出ましたら
そこの日なたで七つぐらゐのこどもがふたり
雪ばかまをはきけらを着て
栗をひろってゐましたが
たいへんびっくりしたやうなので
わたくしもおどろいて立ちどまり
わざと狼森はどれかとたづね
ごくていねいにお礼を云ってまたかけました
それからこんどは燧堀山へ迷って出て
さっぱり見当がつかないので
もうやけくそに停車場はいったいどっちだと叫びますと
栗の木ばやしの日陽しのなかから
若い牧夫がたいへんあわてゝ飛んで来て
わたくしをつれて落葉松の林をまはり
向ふのみだれた白い雲や
さわやかな草地の縞を指さしながら
詳しく教へてくれました
わたくしはまったく気の毒になって
汽車賃を引いて残りを三十銭ばかり
お礼にやってしまひました
それからも一度走って走って
やうやく汽車に間に合ひました
そして昼めしをまだたべません
どうか味噌づけをだしてごはんをたべさしてください

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(057)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「〔いざ渡せかし おいぼれめ〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

     〔いざ渡せかし おいぼれめ〕

「いざ渡せかし おいぼれめ
いつもこゝにて日を暮らす」
すぱとたばこを吸ひやめて

何を云ふともこの飯の
煮たたぬうちに 立つべしや
芋の子頭白髪して
おきなは榾を加へたり

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

(1)

(この枠内には次の一行があり、文語詩を書いた太い鉛筆でメモが
記してある。)

鍋の下ではとろとろ赤く火が燃える

   渡し小屋、
   ガラス窓、けむり、
     二人

(2)

「いざ渡せかし おいぼれめ
脚夫は
いつもこゝにて日を暮らす」
すぱとたばこを吸ひやめて

(3)

何を云ふともこの飯の
煮たたぬうちに 立つべしや
芋の子頭白髪して
おきなは榾を加へたり

(4)

(この枠内には、次の口語詩詩句が囲い込まれているが、文語詩化
の手入れはない。)

おもてでは植えたばかりの茄子苗や
芽をだしかけた胡瓜の畑に
陽がしんしんと降ってゐて
下の川では 川上のまだまっ白な岩手山へ 南の風がまっかうに吹

はりがねもピチピチ鳴れば
せきれいもちろちろ泣いてゐるやうだけれども

------------------------------------------------------------

※口語詩「〔爺さんの眼はすかんぽのやうに赤く〕」の原稿を文語
詩化しようとしたもの。

下部余白に書かれた口語詩の追加一行を囲って(1)とし、(2)
(3)の文語詩を書き、口語詩の一部を囲って(4)としている。

(2)(3)の連を本文とする

------------------------------------------------------------
(先駆形口語詩「〔爺さんの眼はすかんぽのやうに赤く〕」)
------------------------------------------------------------

     〔爺さんの眼はすかんぽのやうに赤く〕

爺さんの眼はすかんぽのやうに赤く
何かぷりぷり怒ってゐる
白髪はぢょきぢょき鋏でつんだ
いはゆるこゝらの芋の子頭
  ……そんならビタミンのX
    あるひはムチンのY号で
    この赤い眼が療らないか
    それは必ず治ってしまふ……
鍋の下ではとろとろ赤く火が燃える
おもてでは植えたばかりの茄子苗や
芽をだしかけた胡瓜の畑に
陽がしんしんと降ってゐて
下の川では
川上のまだまっ白な岩手山へ
南の風がまっかうに吹き
はりがねもピチピチ鳴れば
せきれいもちろちろ泣いてゐるやうだけれども
条件の悪いことならば
いまよりもっと烈しいときがいくらもあった
この数月はたしかにどこかからだが悪い
  ……そんならビタミンのX
    あるひは乳酸石灰が
    この数月の傾向を
    療治するかと云ふのに
    こっちはそれを呑みたくない……
飯はぶうぶう湯気をふき
白髪の芋の子頭を下げて
ぢいさんは木を引いてゐる

--〔後記〕--------------------------------------------------

 水曜日に荒俣宏氏が和歌山に来て、南方熊楠の話をするというの
で行ってきました。熊楠の話はあまりなくて、熊楠の愛読書だった
という中里介山「大菩薩峠」の話になり、そこから宮沢賢治の話を
していました。

 賢治の作った「大菩薩峠の歌」が紹介されたりして、なかなか興
味深かったです。「大菩薩峠」の机龍之介の歩いた修羅の道が、賢
治の「春と修羅」につながっている、ということで、この世の「修
羅」として熊楠、介山、賢治を並べるのです。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--977号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/