-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第974号--2017.10.21------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(27)」「宅地」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「〔しばらくぼうと西日に向ひ〕」「〔南のはてが〕」
------------------------------------------------------------

 今回は1924年9月27日と10月2日の日付を持つ二篇です。

 「〔しばらくぼうと西日に向ひ〕」は下書稿1の題が「穂のない
粟をとりいれる人」ということで、雑穀の不作に眼をつけています。

 意外なんですが、賢治の作品で農家や農業そのものを暑かったも
のは少なくて、この時期以降にようやく出てきます。

 ようやく羅須地人協会の時代が近づいてきたという印象です。

 「〔南のはてが〕」は下書稿1の題が「アルモン黒」という、よ
くわからないものです。

 北上川は北から南に流れます。花巻から南を見るということは、
何か象徴的な意味があるようで、「銀河鉄道の夜」の鉄道が北から
南に向う一方通行らしいことと対応しています。

 こちらは今までの賢治の作品と同じく、幻想的なものなのでしょ
う。

 それにしても「アルモン黒」というのがよくわかりません。

 下のQ&Aのサイトの答に「アルマンダイト」というヒントが出
ていますが、探したところではこれが一番解答らしきものでした。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

アルモン について
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/131641.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■質問

 「アルモン ブラック」ということばについて、何か心当たりの
ある方いらっしゃれば教えて下さい。

 「アルモン」だけでも構いません。

 (ラクロの「危険な関係」という作品に「ヴァルモン」という人
はでてきますが、全く関係がないかも。)

 文学関係ではないかも。演劇か、自然科学か…。抽象的ですいま
せんがどうぞよろしくお願いします。


■回答 No.3

 賢治は「石っこ」だったそうですから、一応、鉱物関連で関係あ
りそうなのを挙げておきましょう。

●アルマンディン(アルマンダイト)
almandine(almandite)

 ざくろ石(ガーネット)の一種で、色は濃赤色〜黒です。日本で
は茨城県山ノ尾が代表的な産地で「二十六方石」と呼ばれていまし
た。鉄礬ざくろ石ともいいます。

 英名の-ine,-ite は「石」を表しますので、日本では「アルマン
ド石」として紹介されたことがあるかもしれません(証拠はない)。
これなら、アーモンドとほぼ対等の条件か?

 まあ、関係無いと思いますが..

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(027)〕----------------------------------

「〔しばらくぼうと西日に向ひ〕」「〔南のはてが〕」

------------------------------------------------------------
■「三〇七 〔しばらくぼうと西日に向ひ〕」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

三〇七
     〔しばらくぼうと西日に向ひ〕
                     一九二四、九、二七、

しばらくぼうと西日に向ひ
またいそがしくからだをまげて
重ねた粟を束ねだす
  こどもらは向ふでわらひ
  女たちも一生けん命
  古金のはたけに出没する
    ……崖はいちめん
      すすきの花のまっ白な火だ……
こんどはいきなり身構へて
繰るやうにたぐるやうに刈って行く
黝んで濁った赤い粟の稈
  《かべ いいいい い
   なら いいいい い》
    ……あんまり萱穂がひかるので
      こどもらまでがさわぎだす……
濁って赤い花青素アントケアンの粟ばたで
ひとはしきりにはたらいてゐる
    ……風にゆすれる蓼の花
      ちぢれて傷む西の雲……
  女たちも一生けん命
  くらい夕陽の流れを泳ぐ
    ……萱にとびこむ百舌の群
      萱にとびたつ百舌の群……
抱くやうにたぐるやうに刈って行く
黝んで赤い粟の稈
    ……はたけのへりでは
      麻の油煙も一れつ燃える……
  《デデッポッポ
   デデッポッポ》
    ……こっちでべつのこどもらが
      みちに板など持ちだして
      とびこえながらうたってゐる……
はたけの方のこどもらは
もう風や夕陽の遠くへ行ってしまった

------------------------------------------------------------
(下書稿3)
------------------------------------------------------------

三〇七
                     一九二四、九、二七、

しばらくぼうと西日に向ひ
またいそがしくからだをまげて
重ねた粟を束ねだす
  こどもらは向ふでわらひ
  女たちも一生けん命
  古金のはたけに出没する
    ……崖はいちめん
      すゝきの花のまっ白な火だ……
こんどはいきなり身構へて、
操るやうにたぐるやうに刈って行く
黝んで濁った赤い粟の稈
  《かべ いいいい い
   なら いいいい い》
    ……あんまり萱穂がひかるので
      こどもらまでがさわぎだす……
濁って赤い花青素アントケアンの粟ばたで
ひとはしきりにはたらいてゐる
    ……風にゆすれる蓼の花
      ちゞれて傷む西の雲……
  女たちも一生けん命
  くらい夕陽の流れを泳ぐ
    ……萱をとびたつ百舌の群
      緑びろうどの山の皺……
抱くやうにたぐるやうに刈ってゆく
黝んで赤い粟の稈
    ……はたけのへりでは
      麻の油煙も一れつ燃える……
  《デデッポッポ
   デデッポッポ》
    ……こっちでべつのこどもらが
      みちに板など持ちだして
      とびこえながらうたってゐる……
はたけの方のこどもらは
もう風や夕陽の遠くへ行ってしまった

------------------------------------------------------------
(下書稿2)
------------------------------------------------------------

(断片1)

三〇七
                     一九二四、九、二七、

しばらくぼうと西日に向ひ
またいそがしくからだをまげて
重ねた粟を束ねだす
  こどもらは向ふでわらひ
  女たちも一生けん命
  古金のはたけに出没する
    ……崖はいちめん
      すすきの花のまっ白な火だ……
こんどはいきなり身構へて
操るやうにたぐるやうに刈って行く
黝んで濁った赤い粟の稈
  《かべ いいいい い
   なら いいいい い》
    ……あんまり萱穂がひかるので
      こどもらまでがさわぎだす……
濁って赤い花青素アントケアンの粟ばたで
ひとはしきりにはたらいてゐる
    ……風にゆすれる蓼の花
      ちぢれて傷む西の雲……

(断片2)

  《デデッポッポ
   デデッポッポ》
    ……こっちでべつのこどもらが
      みちに板など持ちだして
      とびこえながらうたってゐる……

------------------------------------------------------------

※断片1、2とも切り取られて下書稿3に貼り込まれている。

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三〇七
     穂のない粟をとりいれる人
                     一九二四、九、二七、

途方にくれて夕陽の粟のはたけの西日のはたのなかにたち
またしかたなく腰から藁を一二本か抜いて
穂のない粟を束ねだす
  こどもらは向ふでわらひ
  女たちは一生けん命、古金のはたけに出没する
    ……崖はいちめん
      すすきの花のまっ白な火だ……
操るやうにたぐるやうに刈って行く
黝んで濁った赤い粟の稈
 《 かべ いいいい い
   なら いいいい い》
    ……あんまり萱穂がひかるので
      こどもらまでがさわぎだす……
濁って赤い花青素アントケアンの粟ばたけで
ひとはしきりにはたらいてゐる
    ……風にゆすれる蓼の花
      ちゞれて傷む西の雲
      緑びらうどの山の皺……
抱くやうにたぐるやうに刈ってゆく
黝んで赤い粟の稈
東で汽車の笛が鳴り
はたけのへりでは
麻の油緑も夕陽に燃える
  こどもらは啼のなきまねをしながら
  もう風や夕陽の遠くへ行ってしまった

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三〇七
     穂のない粟をとりいれる人
                     一九二四、九、二七、

途方にくれて粟のはたけのなかにたち
またしかたなく藁をいっぽん抜きとって
西日から古めかしくもすかし出される
穂のない粟を束ねだすひと
こどもらは向ふでわらひ
女たちは一生けん命古金のはたけに出いりする
    ……向ふはいちめん
      すすきの花のまっ白な火だ……
操るやうにたぐるやうに刈って行く
黝んで濁った赤い粟の稈
    ……まばむく燃える萱の穂や
      ちゞれて傷む西の雲
      緑びらうどの山の皺……
濁って赤い花青素アントケアンの粟ばたけで
ひとは(四文字不明)はたらいてゐる
 《 かべ いいいい い
   なら いいいい い》
    ……あんまり萱穂がまばゆいので
      こどもらまでがさわぎだす……
かもがやや風にゆすれる蓼の花
はたけのへりでは麻も油緑の夕陽に燃える
    ……女たちは馬のはなしをしてゐるのだ……
  《 デデッポッポ
    デデッポッポ》
    ……こっちでべつのこどもらが
      みちに板など持ちだして遊びながらうたってゐる……
はたけの方のこどもらは
もう風や夕陽の遠くへ行ってしまった

------------------------------------------------------------
■「三〇九 〔南のはてが〕」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

三〇九
     〔南のはてが〕
                    一九二四、一〇、二、

南のはてが
灰いろをしてひかってゐる
ちぎれた雲のあひだから
そらと川とがしばらく闇にえ合ふのだ
そこから岸の林をふくみ
川面いっぱいの液を孕んで
風がいっさん溯ってくる
ああまっ甲におれをうつ
……ちぎれた冬の外套を
  翼手のやうにひるがへす……
    (われ陀羅尼珠を失ふとき
     落魄ひとしく迫り来りぬ)
風がふたゝびのぼってくる
こはれかかったらんかんを
嘲るやうにがたがた鳴らす
……どんなにおまへが潔癖らしい顔をしても
  翼手をもった肖像は
  もう乾板にはいってゐると……
    (人も世間もどうとも云へ
     おれはおまへの行く方角で
     あらたな仕事を見つけるのだ)
  風がまた来れば
一瞬白い水あかり
    (待ておまへはアルモンブラックだな)
乱れた鉛の雲の間に
ひどく痛んで月の死骸があらはれる
それはあるひは風に膨れた大きな白い星だらう
烏が軋り
雨はじめじめ落ちてくる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

三〇九
     アルモンブラック
                    一九二四、一〇、二、

闇の向ふが灰いろをしてひかってゐる
しばらくちぎれた
雲のひまから
南のそらと川が
わづかに映えるのだらう
そこからまっ黒な川面いっぱい
いきなり風が
溯ってきて
ひとのちぎれた外套を
翼手のやうにひるがへし
   ……風ののぼって行く方で
     わびしい仕事をみつけるのだ……
しめった風がまた来れば
一瞬白い水あかり
    (待ておまへはアルモン黒だな)
乱れた鉛の雲の間に
ひどく痛んで月の死骸があらはれる
それはあるひは風に膨れた大きな白い星だらう
烏が軋り
雨はじめじめ落ちてくる
闇いっぱいの湿気をまとって
風がもいちどやってくる
ああまっかうにおれをうつ
   ……あまい郷里きいふものが
     まもなくひとに落ち目を贈り
     そしてしづかにあざわらふ……

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

三〇九
     アルモンブラック
                    一九二四、一〇、二、

夜の息吹きが
川面いっぱい溯ってきて
ひとのちぎれた外套を 翼手のやうにひるがへす
   ……あゝその黒い上衣の飛んだ方角にあのなつかしい山がある……
劫初の風がまた来れば
一瞬白い水あかり
    (待ておまへはアルモン黒だな)
乱れた鉛の雲の間に
ひどく痛んで月の死骸があらはれる
それはあるひは風に膨れた大きな白い星だらう
烏が軋り
雨はじめじめ落ちてくる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

三〇九
     アルモンブラック
                    一九二四、一〇、二、

夜の息吹きがまた来れば
上着は何か翼になってひるがへる
わづかな水の呟きと
びしびし鳴らす宙の電線
劫初の風がまた来れば 一瞬白い水あかり
  (待て、おまへは「アルモン黒」だな)
乱れた鉛の雲の間に
ひどく荒んだ月の死骸があらはれる
それはあるひは風に膨れた大きな白い星だらう
烏が軋り
雨はじめじめ落ちてくる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

三〇九
     アルモンブラック
                    一九二四、一〇、二、

風の息吹きがまた来れば
わたくしの上着は大きな夜の翼になってひるがへる
わづかな水の呟きと
いっそかなしい悔いばかり
劫初の風がまた来れば 一瞬白い月あかり
  (待て、おまへは「アルモン黒」だな)
       Oh, that horrible pink dots!
       Oh, that horrible pink dots!
乱れた鉛の雲の間に
ひどく荒んだ月の死骸があらはれる
それはあるひは風に膨れた大きな白い星なのか
烏が軋り
雨はじめじめ落ちてくる
   あゝ電線はさっきから
   宙でわたしをうらなってゐたのだ

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(054)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「宅地」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

     宅地

白日雲の角に入り
害条桐を辞し堕ちぬ
黒きゐのこは巣を出でて
キャベヂの茎を穿ちたり

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

     宅地

白日黒の島に入り
空柯は桐を辞し堕ちぬ
黒きゐのこは巣を出でて
キャベヂの茎を穿ちたり

------------------------------------------------------------
(先駆形口語詩「一〇三七 宅地」)
------------------------------------------------------------

一〇三七
     宅地
                    一九二七、四、一三、

日が黒雲の、
一つの棘にかくれれば
やけに播かれた石灰窒素の砂利畑に
さびしく桐の枝が落ち
鼻の尖った満州豚は
小屋のなかから ぽくっと斜めに
頭には石灰窒素をくっつけながらはね出して
玉菜の茎をほじくりあるく
家のなかではひとり置かれた赤ん坊が
片っ方の眼をつぶってねむる

--〔後記〕--------------------------------------------------

 いつもは火曜日が通院の日なんですが、今週は金曜日に診察に行
きました。おかげで調子が狂って、土曜日の配信を忘れそうになり、
あわてています。今、土曜日の午前4時半、なんとか間に合いまし
た。

 年内に白内障の手術を受けることになりました。ガンの方は相変
わらずですので、無駄な手術のような気もしますが、今やっておく
と保険の関係で自己負担額はゼロなんですよね…。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--974号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/