-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第972号--2017.10.07------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(25)」「四八 黄泉路」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「一九一 風と杉」「一九八 雲」「一九五 塚と風」「一九六 
〔かぜがくれば〕」
------------------------------------------------------------

 今回は1924年9月6日〜10日の日付を持つ四篇を一挙掲載です。

 この四篇に共通して、下書稿や推敲のあとがほとんどなく、また
内容も共通しているようです。

 特に「一九六 〔かぜがくれば〕」は「薤露青」と同じ原稿用紙
に書かれ、同じように消しゴムで消されていたものです。

 また、「一九八 雲」には下書稿は特にないのですが、「銅鑼」
「貌」という詩誌に掲載されたものがあります。

 とはいえ、この間非常に複雑な推敲のあとを追ってきていますの
で、今回の四篇はほとんど本文のみとあっけないものです。

 「一九一 風と杉」の中に「白金の毛あるこのけだもの」とある
のは豚のことでしょうが、花巻市の名産に「白金豚」というのがあ
ります。

 この商品名はもちろん「〔フランドン農学校の豚〕」の一節にあ
る「豚のからだはまあたとへば生きた一つの触媒だ。白金と同じこ
となのだ。」から来ているそうですが、この詩を見ると、賢治自身
が豚と白金の連想を持っていたようです。

 先日、テレビの旅番組で、花巻の温泉をとりあげていて、大沢温
泉の露天風呂に入ったりしていましたが、その日の昼食で「白金豚」
を食べていました。今ではすっかり有名ブランドになったようです。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

「風と杉」(1)
http://blog.livedoor.jp/harutoshura/archives/65452575.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 しばらくブログを休んでいましたが、またまた復活、きょうから
続きの「191 風と杉」を読んでいきます。この作品には「1924、9、
6」の日付があります。きょうは最初の5行です。


杉のいちいちの緑褐の房に
まばゆい白い空がかぶさり
蜂(すがる)は熱いまぶたをうなり
風が吹けば白い建物
  ……一つの汽笛の Cork-screw ……


 「杉」は、日本特産の常緑針葉樹で、ふつう細長く直立し高さ50
mに達するものもあるそうです。中生代に登場した起源の古い植物
群で、天竜杉、屋久杉、立山杉、吉野杉、北山杉、秋田杉、山武杉
など各地に特徴ある杉が自生しています。

 葉は基部が枝に密着して、先は針状に尖り、枝全体としては一面
に上向きに針を並べたようになります。樹皮は褐色で、成長した幹
の樹皮は縦に裂け帯状に剥げ易いのが特徴です。

 屋久島の縄文杉は樹高25.3m、胸高周囲16.4m、推定樹齢は2000年
代〜7200年とされ、大王杉は樹高24.7m、胸高周囲11.1m、推定樹齢
3000年といわれるように、杉は、樹木の中でもっとも長命とされま
す。

 樹皮は外壁や屋根に利用され、葉は乾燥して線香に用いられます。
語源は、真直ぐの木「直木」から来ていると言われる(大和本草)
ほか、本居宣長は古事記伝神代七之巻で、傍らにはびこらず上へ進
み上る木として「進木(ススギ)」によるとしているとか。

 「房」のようにしてうっそうと生い茂る、褐色がかった緑の杉林
が、「まばゆい白い空」に被さるように見えたのでしょうか。

 「すがる」とは、ふつうジガバチのことをさしますが、南部方言
では蜂、土蜂のことを主にいうようです。

 蜂は、腰部が細いのが特色であることから昔からスガルと呼ばれ、
腰の細い容姿のよい女性を形容することばでもあったとか。それが
東北地方の方言として残ったのでしょう。

 「Cork-screw」は、コークスクリュー。コークはコルクの栓、ス
クリューはくるくる回す意で、栓抜きのこと。ここではそれが「汽
笛」の比喩に用いられています。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(025)〕----------------------------------

「一九一 風と杉」「一九八 雲」「一九五 塚と風」「一九六 
〔かぜがくれば〕」

------------------------------------------------------------
■「一九一 風と杉」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿)
------------------------------------------------------------

一九一
     風と杉
                     一九二四、九、六、

杉のいちいちの緑褐の房に
まばゆい白い空がかぶさり
すがるは熱いまぶたをうなり
風が吹けば白い建物
  ……一つの汽笛のCork-screw……
銀や痛みやさびしく口をつぐむひと
  ……それはわたしのやうでもある
    白金の毛あるこのけだもののまばゆい焦点……
半分溶けては雀が通り
思ひ出しては風が吹く
  ……どうもねむられない……
      (そらおかあさんを
       ねむりのなかに入れておあげ……)
杉の葉とまばゆい残像
ぽつんと白い銀の日輪
  ……まぶたは熱くオレンヂいろの火は燃える…
      (せめて地獄の鬼になれ)
  ……わたくしの唇は花のやうに咲く……
もいちどまばゆい白日輪
       :
       :
       :
      (ブレンカア)
      (こいづ葡萄だな)
  ……うす赤や黄金……
      (おい仕事わたせ
       おれの仕事わたせ)
       :
       :
       :
  朱塗のらんかん
      (百姓ならべつの仕事もあるだらう
       君はもうほんとにこゝに
       ひとをばかにして立ってゐるだけだ)
  南に向いた銅いろの上半身
  髪はちゞれて風にみだれる
  印度の力士といふ風だ
  それはその巨きな杉の樹神だらうか
  あるひは風のひとりだらうか

------------------------------------------------------------
■「一九八 雲」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿)
------------------------------------------------------------

一九八
     雲
                      一九二四、九、九、

いっしゃうけんめいやってきたといっても
ねごとみたいな
にごりさけみたいなことだ
  ……ぬれた夜なかの焼きぼっ杭によっかかり……
おい きゃうだい
へんじしてくれ
そのまっくろな雲のなかから

------------------------------------------------------------
(「貌」発表形原稿)
------------------------------------------------------------

     雲(幻聴)

いっしやうけんめいやってきたといっても
ねごとみたいなにごりさけみたいな
              ことだ
  ……ぬれた夜なかの焼きぼっ杭に
             よっかかり……
おい きやうだい
へんじしてくれ
そのまっくろな雲のなかから

------------------------------------------------------------
(「貌」発表形 1925年1月10日)
------------------------------------------------------------

     雲(幻聴)

いつしやうけんめいやつてきたといつても
ねごとみたいな にごりさけみたいなことだ
  ……ぬれた水中の焼きぼつ杭によつかかり……
おい きやうだい
へんじしてくれ
そのまっくろな雲の中から

------------------------------------------------------------
■「一九五 塚と風」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿)
------------------------------------------------------------

一九五
     塚と風
                     一九二四、九、一〇、

      ……わたくしに関して一つの塚とこゝを通過する風とが
        あるときこんなやうな存在であることを示した……
 
この人ぁくすぐらへでぁのだもなす
   たれかゞ右の方で云ふ
   髪を逆立てた印度の力士ふうのものが
   口をゆがめ眼をいからせて
   一生けんめいとられた腕をもぎはなし
   東に走っていかうとする
   その肩や胸には赤い斑点がある
 
   後光もあれば鏡もあり
   青いそらには瓔珞もきらめく
 
   子どもに乳をやる女
   その右乳ぶさあまり大きく角だって
   いちめん赤い痘瘡がある
 
   掌のなかばから切られた指
   これはやっぱりこの塚のだらうか
   わたくしのではない
柳沢さんのでなくてまづ好がった
 
   袴をはいた烏天狗だ
   や、西行、
上……見……る……に……は……及……ば……な……い……
や……っ……ぱ……り……下……見……る……の……だ
   つぶやくやうな水のこぽこぽ鳴るやうな
 
   私の考と阿部孝の考とを
   ちゃうど神楽の剣舞のやうに
   対照的に双方から見せて
そのかっぽれ 学校へ来んかなと云ったのだ
 
   子どもが二人母にだかれてねむってゐる
いぢめてやりたい
いぢめてやりたい
いぢめてやりたい
   誰かゞ泣いて云ひながら行きすぎる

------------------------------------------------------------
■「一九六 〔かぜがくれば〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿)
------------------------------------------------------------

一九六
     〔かぜがくれば〕
                     一九二四、九、一〇、

かぜがくれば
ひとはダイナモになり
  ……白い上着がぷりぷりふるふ……
木はみな青いラムプをつるし
雲は尾をひいてはせちがひ
山はひとつのカメレオンで
藍青やかなしみや
いろいろの色素粒が
そこにせはしく出没する

------------------------------------------------------------

※「薤露青」と同じ原稿用紙の左方余白に書かれ、後に「薤露青」
と同じく消しゴムで消されている。

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(052)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「四八 黄泉路」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

     四八 黄泉路よみぢ
               アリイルスチュアール
                      一九二七

(房中寒くむなしくして
灯は消え月は出でざるに
大なる恐怖クフの声なして
いま起ちたるはそも何ぞ!……
わが知るもののたましひ
何とてなれは来りしや?)
   (君は云へりき わが待たば
    君も必ず来らんと……)
(愛しきされど愚かしき
遥けくなれの死しけるを
亡きと生けるはもろ共に
行き交ふことの許されぬ
いざはやなれはくらやみに
われは愛にぞ行くべかり)
   (ゆふべはまことしかるらん
    今宵はしかくあらぬなり)
(とは云へなれは何をもて
ひととわれとをさまたぐる
そのひとまことそのむかし
がありしごと愛しきに
しかも汝はいま亡きものを!)
   (しかも汝とていまは亡し)

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

     四八 黄泉路よみぢ
               アリイルスチュアール
                      一九二七

(房中寒くむなしくして
灯は消え月は出でざるに
大なる恐怖クフの声なして
いま起ちたるはそも何ぞ!……
わが知るもののたましひ
何とてなれは来りしや?)
   (君は云へりき わが待たば
    君も必ず来らんと……)
(愛しきされど愚かしき
遥けるなれの死しけるを
亡きと生けるはもろ共に
行き交ふことの許されぬ
いざはやなれはくらやみに
われは愛にぞ行くべかり)
   (ゆふべはまことしかるらん
    今宵はしかくあらぬなり)
(とは云へなれは何をもて
ひととわれとをさまたぐる
そのひとまことそのむかし
がありしごと愛しきに
しかも汝はいま亡くて!)
   (しかも汝とていまは亡し)

--〔後記〕--------------------------------------------------

 すっかり秋らしくなってきました。来週は孫の幼稚園の運動会で
す。そのあと、「七五三参り」や姪の結婚式もあり、いろいろと行
事が続きます。今のところ、なんとかみんな参加できそうです。

 賢治の書簡のあて先にある人の名が、自分の曾祖父にあたる、と
いう人から連絡があり、書簡の実物を見ることはできるだろうか?
という相談がありました。宮沢賢治記念館に訊ねてみることを勧め
ましたが、それでよかったのでしょうか?

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--972号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/