-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第964号--2017.08.12------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(17)」「〔月光の鉛のなかに〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「馬」「牛」
------------------------------------------------------------

 今回も前回に引続き、北海道修学旅行のときの作品です。「馬」
「牛」ともに苫小牧から日高方面の畜産の盛んなところを訪れたと
きの作品と思われます。

 二つの作品は同じ日付ですし、題材も似ているので、こうして並
んでいると、同じような作品という印象がありますが、下書稿を見
ると、少し事情が異なるようです。

 「牛」の方の下書稿1は「海鳴り」という題がついていて、夜の
海と月の印象を語っています。もちろん「エーシャ牛」も登場しま
すが、一つの点景という感じのものです。

 それが後の改作で、牛を主役にした詩として再構成されたという
ところです。

 いずれにせよ、賢治の農業改革に対する意見には、「畜産」が大
きな要素になっています。

 その後「牛」は酪農の主役となり、「馬」は競走馬の場産地とし
て、いずれも北海道の畜産の大きな柱となりました。

 岩手県でも、戦時中は軍馬の生産地となり、また酪農もある程度
振興されて、賢治の構想は部分的には実現した形になっています。

 ちなみに、詩の中に登場する「エーシャ牛」は乳牛の品種で、ホ
ルスタイン種が普及するまでは多く飼われていた牛だそうです。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

宮沢賢治の詩碑が完成、苫小牧で詠んだ「牛」刻む
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2017/05/23/20170523m_08.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 「1ぴきのエーシャ牛が草と地靄(もや)に角をこすって遊んで
いる…」で始まる、詩人・童話作家の宮沢賢治(1896〜193
3年)が苫小牧で詠んだとされる詩「牛」(春と修羅第2集)の詩
碑が21日、同市旭町に建てられた。市民有志の建設委員会(市町
峰行委員長)が準備を進めていたもので、約120人のメンバーや
市民らが賢治の生誕120年と新たなシンボルの完成を祝った。

 「牛」は賢治が花巻農学校の教師だった1924年(大正13年)
5月21日、修学旅行として同市を訪れた際に、駅前の旅館から前
浜までの1・5キロを一人で散歩したときの情景を詠んだ。当時は
前浜一帯で乳牛を飼育する酪農が盛んだった。

 賢治は苫小牧でのことを「牛」の下書き稿となる「海鳴り」(未
発表)に書いたとされる。発表された「牛」の中でパルプ工場につ
いて「火照りが夜なかの雲を焦がしている」と表現。最後は「牛は
やっぱり機嫌がよく角で柵を叩いて遊んでいる」と締めくくられて
いる。

 同委員会では生誕120周年を記念して、賢治が訪れた苫小牧で
の足跡を後世に残すため、詩碑の建立を計画、賛同者に寄付を募っ
てきた。これまでに約500人から約260万円が集まった。目標
は300万円としており、現在も受け付けている。

 除幕式で市町委員長は「苫小牧の文化・観光のシンボルとして詩
碑を守っていきたい」とあいさつ。関係者が除幕を行い、完成を祝
った。

 来賓で出席した賢治の実弟・宮沢清六さんの孫で林風舎代表取締
役の宮沢和樹さん(52)も参加。前日に賢治がたどった駅前から
前浜までを歩いた宮沢さんは「賢治と同じような時間を過ごせたと
思う。何とも言えない気持ちです。また、苫小牧を訪れる理由がで
きた」と、感慨深げに詩碑を見つめていた。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

エアシャー種(Ayrshire)
http://zookan.lin.gr.jp/kototen/rakuno/r422_5.htm

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 エアシャー種は、イギリススコットランド西部エア州原産の乳用
種で、貧しい草地と厳しい気候条件の原産地で育てられたため、体
質は強健です。体格は中型で、毛色は白地に赤褐色の斑紋のものが
多いのですが、黒色に近いチョコレート色の斑紋のものもあります。
角は琴状の独特な曲線を持っています。

 乳量は年間約4500kg、乳脂肪率は約3.9%と平均的ですが、タン
パク質の含量が約3.4%と高いので、チーズ原料乳として最適です。

 耐寒性に優れ、粗放な飼養管理にもよく耐えるため、高緯度の地
域で比較的多く飼われています。

 日本には明治11年に札幌農学校へ導入されたのを最初に、明治の
末まで政府の奨励品種として活躍しましたが、ホルスタイン種より
も乳量が少ないため、その後、徐々に、乳用牛はホルスタイン種に
置き換えられていきました。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(017)〕----------------------------------

「馬」「牛」

------------------------------------------------------------
■「馬」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

一二三
     馬
                     一九二四、五、二二、

いちにちいっぱいよもぎのなかにはたらいて
馬鈴薯のやうにくさりかけた馬は
あかるくそそぐ夕陽の汁を
食塩の結晶したばさばさの頭に感じながら
はたけのへりの熊笹を
ぼりぼりぼりぼり食ってゐた
それから青い晩が来て
やうやく厩に帰った馬は
高圧線にかかったやうに
にはかにばたばた云ひだした
馬は次の日冷たくなった
みんなは松の林の裏へ
巨いな穴をこしらえて
馬の四つの脚をまげ
そこへそろそろおしてやった
がっくり垂れた頭の上へ
ぼろぼろ土を落してやって
みんなもぼろぼろ泣いてゐた

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

一二三
     馬
                     一九二四、五、二二、

いちにちいっぱいよもぎのなかにはたらいて
馬鈴薯のやうにくさりかけた馬は
あかるくそそぐ夕陽の汁を
食塩の結晶したばさばさの頭に感じながら
はたけのへりの熊笹を
こっそり一枚だけ食べた

------------------------------------------------------------
■「牛」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿3)
------------------------------------------------------------

一二六
    牛
                     一九二四、五、二二、

一ぴきのエーシャ牛が
草と地霞に角をこすってあそんでゐる
うしろではパルプ工場の火照りが
夜なかの雲を焦がしてゐるし
低い砂丘の向ふでは
海がどんどん叩いてゐる
しかもじつに掬っても呑めさうな
黄銅いろの月あかりなので
牛はやっぱり機嫌よく
こんどは角で棚を叩いてあそんでゐる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

一二六
    牛
                     一九二四、五、二二、

一ぴきのエーシャ牛が
草や地霞に角をこすってあそんでゐる
うしろではパルプ工場の火照りが
淀んだ雲を焦がしてゐるし
低い砂丘の向ふでは
海がどんどん叩いてゐる
しかもじつに掬っても呑めさうな
黄銅いろの月あかりなので
牛はやっぱり機嫌よく
こんどは角で棚を叩いてあそんでゐる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

一二六
    牛
                     一九二四、五、二二、

一ぴきのエーシャ牛が
草や地霞に角をこすってあそんでゐる
うしろではパルプ工場の火照りが
夜なかの雲を焦がしてゐるし
低い砂丘の向ふでは
海がどんどん叩いてゐる
しかもじつに掬っても呑めさうな
黄銅いろの月あかりなので
牛はからだいちめん
すっかりアマルガムになってく
こんどは角で棚を叩いてあそんでゐる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

一二六
    海鳴り
                     一九二四、五、二二、

あんなに強くすさまじく
この月の夜を鳴ってゐるのは
たしかに黒い巨きな水が
ぢきそこらまで来てゐるのだ
  ……うしろではパルプ工場の火照りが
    けむりや雲を焦がしてゐる……
砂丘の遠く見えるのは
そんな起伏のなだらかさと
ほとんど掬っても呑めさうな
黄銅いろの月あかりのためで
じつはもう
その青じろい夜の地霞を過ぎるなら
にわかな渦の音といっしょに
巨きな海がたちまち前にひらくのだ
  ……弱い輻射のにぶの中で
    鳥の羽根を焼くにほひがする……
砂丘の裾でぼんやり白くうごくもの
黒い丈夫な木柵もある
  ……あんなに強く雄々しく海は鳴ってゐる……
それは一ぴきのエーシャ牛で
草とけむりに角を擦ってあそんでゐる
  ……月の歪形 月の歪形……
草穂と蔓と、みちはほのかに傾斜をのぼり
はやくもここの鈍い砂丘をふるはせて
海がごうごう湧いてゐる
じつに向ふにいま遠のいてかかるのは
まさしくさっきの黄いろな下弦の月だけれども
そこから展く白い平らな斑縞は
湧き立ち湧き立ち炎のやうにくだけてゐる
その恐ろしい迷ひのいろの海なのだ
はるかにうねるその水銀を沸騰し
しばらく異形なその天体の黄金を消せ
ただよふ銅のアマルガムを燃しつくし
青いイオンに雲を染め
はるかな過去の渚まで
真空バキアムの鼓をとどろかせ
そのまっくろなしぶきをあげて
わたくしの胸をおどろかし
わたくしの上着をずたずたに裂き
すべてのはかないのぞみを洗ひ
それら巨大な波の壁や
沸き立つ瀝青と鉛のなかに
やりどころないさびしさをとれ

いまあたらしく咆哮し
そのうつくしい潮騒えと
雲のいぶし銀や巨きなのろし
阿僧祇の修陀羅をつつみ
億千の灯を波にかかげて
海は魚族の青い夢をまもる

伝教大師叡山の砂つちを掘れるとき

  ……砂丘のなつかしさとやはらかさ
    まるでそれはひとりの処女のやうだ……

はるかなはるかな汀線のはてに
二点のたうごまの花のやうな赤い火もともり
二きれひかる介のかけら
雲はみだれ
月は黄金の虹彩をはなつ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

一二六
    海鳴り
                     一九二四、五、二二、

あんなに強くすさまじく
この月の夜を鳴ってゐるのは
たしかに黒い巨きな水が
ぢきそこらまで来てゐるのだ
  ……うしろではパルプ工場の火照りが
    けむりや雲を焦がしてゐる……
砂丘の遠く見えるのは
そんな起伏のなだらかさと
黄銅いろの月あかりのためで
  ……わたくしはそれを掬って呑まうと思ふ
じつはもう(約七字不明)
その青じろい夜の地霞を過ぎるなら(二字不明)の音といっしょに
たちまち海がひらくのだ
  ……弱い輻射のにぶの中で
    鳥の羽根を焼くにほひがする……
砂丘の裾でぼんやり白くうごくもの
黒い丈夫な木柵もある
  ……あんなに強く雄々しく海は鳴ってゐる……
それは一ぴきのエーシャ牛で
草とけむりに角を擦ってあそんでゐる
  ……月の歪形 月の歪形……

草穂と蔓と砂丘はのぼり
はやくもわたくしの足もとをふるはせて
海がごうごう湧いてゐる
じつに向ふにいま遠のいてかかるものは
まさしくさっきの黄いろな下弦の月だけれども
そこから展く白い平らな斑縞は
湧きあがり炎のやうにくだけてゐる
そんな恐ろしい迷ひのいろの海なのだ
沖には水銀を沸騰させ
異形の天体の黄金を(三字不明)し
あらゆる暗い情炎を消して
真空バキアムの鑵鼓を鳴(約三字不明)とどろかす
(約十五字不明)そのあさましい迷ひのいろの海の海よ海よ
そのまっくろなしぶきをあげて
わたくしの胸をとどろかせ
わたくしの上着をずたずたに裂け
すべてのはかないねがひを洗へ
それら巨大な波の壁や
沸き立つ瀝青と鉛のなかに
やりどころないさびしさをとれ
更にもあたらしく咆哮し
そのうつくしい潮騒えと
雲のいぶし銀や巨きなのろし
海よしづかに青い魚族の夢をまもれ
  ……砂丘のなつかしさとやはらかさ
    まるでそれはひとりの処女のやうだ……
はるかなはるかな汀線のはてに
二点のたうごまの花のやうな赤い火もともり
二きれひかる介のかけら
雲はみだれ
月は黄金の虹彩をはなつ

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(044)〕----------------------------------
-----------------------------------------------------------
■「〔月光の鉛のなかに〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     〔月光の鉛のなかに〕

月光の鉛のなかに
みどりなる犀は落ち臥し

松の影これを覆へり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

月光の鉛のなかに
みどりなる犀は落ちたり

松の影これを覆へり

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

みぞれに落ちし松枝は
をちこち犀のごとくなり

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

鉛のいろの月しろに
緑の犀をまがへるは
冬の終りのみぞれより
欽き落されし松

------------------------------------------------------------
(先駆形口語詩「〔鉛いろした月光のなかに〕」)
------------------------------------------------------------

     〔鉛いろした月光のなかに〕

鉛いろした月光のなかに
みどりの巨きな犀ともまがふ
こんな巨きな松の枝が
そこにもここにも落ちてゐるのは
このごろのみぞれのために
上の大きな梢から
どしゃどしゃ欠いて落されたのだ
その松なみの巨きな影と
草地を覆ふ月しろの網
あすこの凍った河原の上へ
はだかのまゝの赤児が捨ててあったので
この崖上の部落から
嫌疑で連れて行かれたり
みんなで陳情したりした
それもはるか昔のやう
それからちゃうど一月たって
凍った二月の末の晩
誰か女が烈しく泣いて
何か名前を呼びながら
あの崖下を走って行ったのだった
赤児にひかれたその母が
川へ走って行くのだらうと
はね起きて戸をあけたとき
誰か男が追ひついて
なだめて帰るけはひがした
女はしゃくりあげながら
凍った桑の畑のなかを
こっちへ帰って来るやうすから
あとはけはひも聞えなかった
それさへもっと昔のやうだ
いまもう雪はいちめん消えて
川水はそらと同じ鼠いろに
音なく南へ滑って行けば
その東では五輪峠のちゞれた風や
泣きだしさうな甘ったるい雲が
へりはぼんやりちゞれてかゝる
そのこっちでは暗い川面を
千鳥が啼いて遡ってゐる
何べん生れて
何べん凍えて死んだよと
鳥が歌ってゐるやうだ
川かみは蝋のやうなまっ白なもやで
山山のかたちも見えず
ぼんやり赤い町の火照りの下から
あわたゞしく鳴く犬の声と
ふたゝびつめたい跛調にかはり
松をざあざあ云はせる風と

--〔後記〕--------------------------------------------------

 まだなじみがないですが、11日は「山の日」でした。昨年から
登場したこの祝日は、お盆休みの拡大に貢献しそうですね。私の息
子も11日から16日までお盆休みなんだとか。

 体調もだいぶ戻ってきて、孫と遊ぶのを楽しみにしているのです
が、15日はまた抗ガン剤投与の日なので、ちょっと残念です。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--964号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/